天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典

天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典(てんのうへいかごそくいじゅうねんをおいわいするこくみんさいてん)は、1999年平成11年)11月12日皇居前広場で開催された、第125代天皇明仁即位10周年の祝典行事である。 主催は、天皇陛下御即位十年奉祝委員会(会長・稲葉興作)と天皇陛下御即位十年奉祝国会議員連盟(会長・森喜朗)。

出席者編集

芸能界編集

森繁久彌北島三郎森進一橋幸夫布施明谷村新司西城秀樹松崎しげる藤岡弘、高知東生中西圭三GLAY(TAKUROJIROが出席)、黒木瞳竹下景子宝塚歌劇団星組斉藤慶子高島礼子安室奈美恵SPEEDYOSHIKI草野仁(司会進行を担当)

狂言師編集

和泉元彌

漫画家編集

加藤芳郎松本零士小林よしのり

バレリーナ編集

草刈民代

野球編集

王貞治長嶋茂雄星野仙一野茂英雄松坂大輔

サッカー編集

ラモス瑠偉中山雅史井原正巳川口能活城彰二

テニス編集

松岡修造伊達公子沢松奈生子

柔道編集

吉田秀彦田村亮子

スケート編集

清水宏保岡崎朋美

格闘技編集

武蔵アンディ・フグ

奉祝曲の演奏編集

式典ではピアノ協奏曲形式の奉祝曲「Anniversary」(作曲:YOSHIKI)が指揮・川本統脩、ピアノ・YOSHIKIによって御前演奏された[1]。奉祝曲は制作当初20分以上の長さであったが、天皇と皇后が起立した状態で聴くと知らされ、8分弱に短縮したという[2]。メロディには「決していいことばかりじゃなかった10年間、悲しい事もあり、苦しい事もあり、楽しい事もあり、暗い事があっても明るくなって、最後は明るい未来に向かっていく」という思いを込めたという。YOSHIKIは翌2000年4月27日の『春の園遊会』に招かれ、母親と共に出席した[2]

式典への反対・疑義編集

小森陽一石田英敬代田智明高橋哲哉X JAPANのYOSHIKIが奉祝曲を式典で演奏することに対し、「YOSHIKIへの公開質問状」を出した(本人は受け取りを拒否)。また、石田英敬は『世界』(2000年1月号)に「〈失われた十年〉の祭り天皇在位十年「国民祭典」を観て」を寄稿し、疑義を表した[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典”. 奉祝委員会. 2019年9月13日閲覧。
  2. ^ a b 『ヴォーグ・ジャパン』(2012年5月号)コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン
  3. ^ 上野俊哉毛利嘉孝は、著書『実践カルチュラル・スタディーズ』の中で、上記「<東大教授人>」らの質問状を、「(自分らのアイデンティティは保持した上で、差出人らへの同化を要請するだけの)傲慢な書き方だった」として、反発している。

参考文献編集

関連項目編集