井原正巳

日本のサッカー選手

井原 正巳(いはら まさみ、1967年9月18日 - )は、滋賀県甲賀郡水口町(現甲賀市)出身[3]。の元サッカー選手サッカー指導者。1990年代のJリーグを代表するディフェンダー(センターバック)で「アジアの壁」と呼ばれ[4]、キャプテンとして1998 FIFAワールドカップに出場した。サッカー日本代表のA代表CAP数122は遠藤保仁に抜かれるまで歴代1位であった[5]

井原 正巳 Football pictogram.svg
名前
愛称 アジアの壁
カタカナ イハラ マサミ
ラテン文字 IHARA Masami
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-09-18) 1967年9月18日(52歳)[1]
出身地 滋賀県甲賀市[1]
身長 182cm[1]
体重 74kg[1]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1983-1985 滋賀県立守山高校
1986-1989 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1992 日産自動車 44 (2)
1993-1999 横浜マリノス / 横浜F・マリノス 271 (3)
2000 ジュビロ磐田 23 (1)
2001-2002 浦和レッドダイヤモンズ 73 (1)
代表歴2
1988-1999[2] 日本の旗 日本 122 (5)
監督歴
2009, 2013 柏レイソル (代行)
2015-2018 アビスパ福岡
1. 国内リーグ戦に限る。2003年1月1日現在。
2. 1999年7月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

プロ入り前から現役引退まで編集

水口町立貴生川小学校(現:甲賀市立貴生川小学校)でサッカーを始め、滋賀県立守山高等学校時代はフォワードであった。高校卒業後は筑波大学へ進学して蹴球部に所属。大学1年時に当時のユース代表監督であった松本育夫の勧めでディフェンダーに転向した。高校時代の経験が、後の「日本のリベロ」の下地を作ったといわれる。筑波大学2年時に日本代表に選出され[3]、1988年1月27日のアラブ首長国連邦との親善試合でAマッチ初出場を果たした[6][7]

筑波大学時代、当時ディフェンダーだった中山雅史とセンターバックでコンビを組んでいた。二人はユース代表でもセンターバックを務め[8]、アルバイトも同じ所でするなど公私共に仲が良かった[8]

大学卒業後は日産自動車サッカー部(現:横浜F・マリノス)に入部、一時はボランチも経験したが、ディフェンダーとしてプレーした。1993年Jリーグ開幕節 (5月15日) のヴェルディ川崎戦に出場、同年5月29日のジェフユナイテッド市原戦ではJリーグのオウンゴール第1号を記録した[9]。1994年5月4日のヴェルディ川崎戦でJリーグ初ゴール[10]、1995年のチャンピオンシップ、ヴェルディ川崎戦の2ndレグではダイビングヘッドによる決勝ゴールを決め、マリノス初のJリーグ年間優勝に大きく寄与した[11]

1990 FIFAワールドカップ・アジア予選では1次予選で朝鮮民主主義人民共和国に競り負け2位となり、最終予選にも進めなかった。AFCアジアカップ1992では準決勝を進出をかけて行われた、グループリーグ最終戦のイラン戦で三浦知良の決勝ゴールをアシストするなど[12]、優勝に貢献、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選では全試合に先発フル出場したが、あと一歩のところでW杯出場権を逃す「ドーハの悲劇」を経験。1998 FIFAワールドカップ・アジア予選最終予選、アウェイのウズベキスタン戦では0-1とリードを許すが、試合終了間際にロングフィードで呂比須ワグナーの同点ゴールをアシストし[13]、勝ち点1の獲得に貢献した。カザフスタン戦で代表最後のゴールとなるゴールを決め[14][7]、第3代表決定戦進出に貢献した、イラン代表との第3代表決定戦を制し、日本のW杯初出場へ導いた。1998 FIFAワールドカップでは、大会直前に負傷したが[15]、キャプテンとして[3]全試合に先発フル出場した。以降もキャプテンを務め、コパアメリカ1999ではグループリーグの2試合に出場したが、以降はフィリップ・トルシエの構想を外れ、代表から遠ざかった。代表最後の出場となったボリビア戦で[7]後半83分にこの試合で2度目の警告を受けて退場処分になった[16][17]

前身の日産時代から10シーズンをマリノスでプレーし「ミスターマリノス」とまで言われたが、松田直樹との世代交代策によるマリノスからのコーチ就任要請を蹴って、2000年にジュビロ磐田へ移籍。更に2001年からは日本代表で指導を受けたハンス・オフト監督に誘われ、浦和レッドダイヤモンズにも移籍した。5月19日のガンバ大阪戦での移籍後初ゴールは[18]、現役最後のゴールとなった。同年行われた2002年W杯1次リーグの組み合わせ抽選会ではアジア代表としてドロワーを務めた。

2002年のJリーグ最終節、古巣横浜F・マリノス戦で戦で先発フル出場をしたのを最後に[19]、チームメイトの福田正博と共に現役を引退した。Jリーグ通算297試合、5得点。2004年1月4日、国立競技場で引退試合が開催され、この時ゴールを決めた[20]

引退後編集

引退後はNHKサッカー解説、TBSラジオ番組『スポーツBOMBER!』パーソナリティー(2003年度から下半期・木曜日担当)、日本サッカー協会認定のJFAアンバサダーびわこ成蹊スポーツ大学客員教授、公共広告機構(現:ACジャパン)・骨髄バンクCMなど各方面で活躍するかたわら、S級ライセンスを取得し指導者の道を歩んでいる。日本各地の少年サッカー教室に参加するなどサッカーの普及にも力を注いでいる。2005年には洪明甫と共に日韓親善大使に選ばれた。2006年4月にJFA 公認S級コーチのライセンスを取得した[1]

これにより、日本代表及びJリーグ監督に就任出来る事になった。 2009年2月、柏レイソルのヘッドコーチに就任[1]。同年7月、監督の高橋真一郎が解任され、後任監督が決定するまでの代行監督を務めた。2013年にはシーズン中に監督の辞意を表明したネルシーニョに代わって天皇杯の1試合指揮をとった(その後ネルシーニョは辞意を撤回)。2014年限りで柏との契約を満了し退任。

2015年よりアビスパ福岡の監督に就任[21]。 最終的には2位磐田と並ぶ勝ち点82の成績を収めたが、得失点差により順位は3位となりJ1自動昇格は叶わず、J1昇格プレーオフに回ることとなった。 そのプレーオフの決勝戦において、4位のセレッソ大阪と1-1で引き分けたが、年間順位で上回った為チームを5年ぶりのJ1の舞台に導いた。

2016年シーズンは5年ぶりとなるJ1の舞台で指揮を執ったが、J11stステージで2勝5分10敗、2ndステージで2勝2分13敗と苦しみ、1年でJ2降格となった。

2017年シーズンは21勝11分10敗で4位となり、J1昇格プレーオフに進出。決勝戦で名古屋グランパスと1年でのJ1復帰を賭けて対戦。試合は0-0の引き分けで終了し、レギュレーションによりJ2残留となった。

2018年11月17日、J2第42節・FC岐阜戦終了後の会見で、J1昇格を逃したことに対する責任を取り、辞任を表明[22][23]。 11月19日、アビスパ福岡の公式サイト上で2018シーズンをもって退任することが発表された[24]

2018年12月13日、柏レイソルのヘッドコーチに復帰した[25]

プレースタイルと評価編集

その鉄壁の守備から「アジアの壁」といわれ、冷静な判断と鋭い読み、向かってくる相手選手からボールを奪う上手さ、体をぶつけられても倒れない強さなど、ディフェンダーとしての要素を全て備えていた[26]、警告を受けることは余り無かったが、激しい当たりなど、肉弾戦も繰り広げた[27]永島昭浩は、総合的に判断すると歴代最高のDFであったと評価した[28]。また洪明甫か井原か、どちらがアジア最高のリベロか、という比較が日本、韓国メディアで盛んに行われていた[29]

2020年にサッカーダイジェストが企画した、これまでのJリーグ歴代ベストイレブンを選ぶ企画では、様々な人物からJリーグ歴代のベストイレブンに選出された[30][28][31][32][33][34][35][36][37]。また阿部勇樹は幼少の頃だ好きった選手として名前を挙げた[38]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 日産 4 JSL1部 22 2 4 0
1991-92 22 0 3 0
1992 横浜M - J - 8 0 5 0 13 0
1993 - 32 0 0 0 1 0 33 0
1994 - 41 1 2 0 4 0 47 1
1995 - 47 1 - 2 0 49 1
1996 - 29 1 13 0 1 0 43 1
1997 4 22 0 0 0 2 0 24 0
1998 27 0 0 0 1 0 28 0
1999 横浜FM J1 25 0 6 0 3 0 34 0
2000 磐田 20 1 3 0 0 0 23 1
2001 浦和 3 26 1 6 0 4 0 36 1
2002 28 0 9 1 0 0 37 1
通算 日本 J1 297 5 47 1 23 0 367 6
日本 JSL1部 44 2 7 0 10 2 61 4
総通算 341 7 54 1 33 2 428 10

その他の公式戦

背番号編集

個人タイトル編集

代表歴編集

出場大会など編集

   イングランド代表戦(アンブロカップ)

試合数編集

  • 国際Aマッチ 122試合(全試合先発出場) 5得点(1988年 - 1999年)[2]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1988 5 0
1989 11 0
1990 6 0
1991 2 0
1992 11 0
1993 15 2
1994 9 1
1995 16 1
1996 13 0
1997 21 1
1998 10 0
1999 3 0
通算 122 5

得点数編集

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1993年5月5日 アラブ首長国連邦ドバイ   スリランカ 6-0 勝利 1994 FIFAワールドカップ・アジア予選
2
3 1994年10月11日 日本広島市   韓国 2-3 敗戦 アジア競技大会
4 1995年6月3日 イングランドロンドン   イングランド 1-2 敗戦 アンブロ・カップ
5 1997年11月8日 日本、東京   カザフスタン 5-1 勝利 1998 FIFAワールドカップ・アジア予選

指導歴編集

監督成績編集

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2009 J1 - 1 2 0 1 1 - -
2015 福岡 J2 3位 82 42 24 10 8 - 3回戦敗退
2016 J1・1st 18位 18位 11 17 2 5 10 ベスト8 2回戦敗退
J1・2nd 18位 8 17 2 2 13
2017 J2 4位 74 42 21 11 10 3回戦敗退
2018 J2 7位 70 42 19 13 10 3回戦敗退
  • 2009年は代行。

出演編集

CM編集

テレビ番組編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k PROFILE”. 井原正巳オフィシャルサイト. 2014年11月2日閲覧。
  2. ^ a b 井原 正巳”. サッカー日本代表データベース. 2014年8月26日閲覧。
  3. ^ a b c “井原正巳杯”. iharamasamicup.com. http://iharamasamicup.com/index.html 2020年5月3日閲覧。 
  4. ^ 『2015年 J1&J2&J3選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、214頁。ISBN 978-4-905411-24-6
  5. ^ 個人記録”. サッカー日本代表データベース. 2014年8月26日閲覧。
  6. ^ “アラブ首長国連邦代表 vs 日本 1988年1月27日”. samuraiblue.jpl. http://samuraiblue.jp/timeline/19880127/ 2020年4月17日閲覧。 
  7. ^ a b c “井原正巳”. jfootball. http://www.jfootball-db.com/players_a/masami_ihara.html 2020年4月17日閲覧。 
  8. ^ a b Number 2013年10月17日号 no.839 p.22-26
  9. ^ No.112 オウンゴールは不名誉ではない”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1995年8月1日). 2014年8月26日閲覧。
  10. ^ “井原 正巳”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=157 2020年4月17日閲覧。 
  11. ^ “95Jリーグサントリーチャンピオンシップ 第2節”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=1558 2020年4月17日閲覧。 
  12. ^ “日本サッカーの未来が懸かった一戦。 窮地を救ったカズの魂の右足”. news.yahoo.co.jp. https://news.yahoo.co.jp/articles/309150658dbc8503431a47a8a3bf0b01fae7b2f0?page=2 2020年6月3日閲覧。 
  13. ^ 呂比須 小学館、1998年 ISBN 9784093794824 p.168
  14. ^ “日本 vs カザフスタン 1997年11月8日”. samuraiblue.jpl. http://samuraiblue.jp/timeline/19971108/ 2020年4月17日閲覧。 
  15. ^ “カズ落選、アトランタ世代の台頭…井原正巳はW杯初出場チームをどうまとめ上げたのか?”. https://news.livedoor.com/article/detail/18248017/?p=2 2020年5月12日閲覧。 
  16. ^ “日本 vs ボリビア 1999年7月5日”. samuraiblue.jpl. http://samuraiblue.jp/timeline/19990705/ 2020年4月17日閲覧。 
  17. ^ “日本 vs ボリビア 1999年7月5日”. jfootball. http://www.jfootball-db.com/1999/0705.html 2020年4月17日閲覧。 
  18. ^ “2001Jリーグ ディビジョン1 1stステージ 第10節”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=5776 2020年4月17日閲覧。 
  19. ^ “2002Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第15節”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=6590 2020年4月17日閲覧。 
  20. ^ “井原正巳引退試合”. www.urawa-reds.co.jp. http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/井原正巳引退試合/ 2020年4月17日閲覧。 
  21. ^ “井原 正巳 氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2014年12月15日), オリジナルの2015年12月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151219084223/http://www.avispa.co.jp/index_box/release/release_2014_339.html 2015年1月13日閲覧。 
  22. ^ 福岡井原監督がJ1逃し辞任表明「すべて私の責任」”. 日刊スポーツ (2018年11月17日). 2018年11月17日閲覧。
  23. ^ 福岡・井原監督が辞任を表明 最終戦ドローでPO圏外7位転落「結果が出なかったのは私の責任”. Sponichi Annex (2018年11月17日). 2018年11月17日閲覧。
  24. ^ “井原正巳 監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2018年11月19日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21411 2018年11月19日閲覧。 
  25. ^ “井原 正巳ヘッドコーチ 就任のお知らせ” (プレスリリース), 柏レイソル, (2018年12月13日), https://www.reysol.co.jp/news/topteam/001521.html 2018年12月17日閲覧。 
  26. ^ 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、123ページ、ISBN 4-591-09115-5
  27. ^ “井原正巳の献身とジョホールバル 1998W杯予選”. number.bunshun.jp. https://number.bunshun.jp/articles/-/843212?page=3 2020年5月3日閲覧。 
  28. ^ a b “永島昭浩が選ぶJ歴代ベスト11”. www.soccerdigestweb.com. https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=73491 2020年5月20日閲覧。 
  29. ^ DEAR KAZU 僕を育てた55通の手紙 p.161-164ページ
  30. ^ “英国の熟練記者が選ぶJ歴代ベスト11”. headlines.yahoo.co.jp. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200504-00010004-sdigestw-socc&p=3 2020年5月3日閲覧。 
  31. ^ “平畠啓史が選ぶJ歴代ベスト11”. headlines.yahoo.co.jp. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200504-00072695-sdigestw-socc 2020年5月3日閲覧。 
  32. ^ “早野宏史が選ぶJ歴代ベスト11”. headlines.yahoo.co.jp. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200505-00072478-sdigestw-socc 2020年5月3日閲覧。 
  33. ^ “福田正博が選ぶJ歴代ベスト11”. headlines.yahoo.co.jp. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00072545-sdigestw-socc 2020年5月3日閲覧。 
  34. ^ “清水秀彦が選ぶJ歴代ベスト11”. headlines.yahoo.co.jp. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200504-00072671-sdigestw-socc 2020年5月3日閲覧。 
  35. ^ “小島伸幸が選ぶJ歴代ベスト11”. headlines.yahoo.co.jp. https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200506-00010001-sdigestw-socc 2020年5月3日閲覧。 
  36. ^ “仲川輝人が選ぶJ歴代ベスト11”. www.soccerdigestweb.com. https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=72286 2020年5月3日閲覧。 
  37. ^ “ぺこぱのシュウペイが選ぶJ歴代ベスト11”. www.soccerdigestweb.com. https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=72378 2020年5月3日閲覧。 
  38. ^ “阿部勇樹 理想への階段”. number.bunshun.jp. https://number.bunshun.jp/articles/-/12193 2020年5月3日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集