メインメニューを開く

天神川

日本の鳥取県の中部を流れる一級水系の本流である河川

天神川(てんじんがわ)は、鳥取県の中部を流れる一級水系の本流。

天神川
Tenjin river Tottori Japan.JPG
北栄町江北付近
水系 一級水系 天神川
種別 一級河川
延長 32 km
平均の流量 19.5 m³/s
(小田観測所 2000年)
流域面積 490 km²
水源 津黒山(鳥取県東伯郡三朝町
水源の標高 1,118 m
河口・合流先 日本海
流域 日本の旗 日本 鳥取県
テンプレートを表示

地理編集

鳥取県東伯郡三朝町津黒山を源流とし、倉吉市を経て、東伯郡湯梨浜町及び北栄町日本海に注ぐ一級河川である。2006年(平成18年)4月に、河川法に新たに定めらて河川整備の百年の計となる国家計画である「河川整備基本方針」が策定された。国土交通省等により天神川流域の改修が続けられている。

中流には倉吉盆地があり、下流には北条平野羽合平野がある。これらをまとめて倉吉平野とも呼ぶ。海岸線には北条砂丘がある。これらはいずれも天神川による沖積作用によって形成された平野・砂丘である。

語源編集

かつては「竹田川」と呼ばれた。橋津川へ流れていた下流は、元文年間に北栄町(旧北条町)江北にある天神山北野天満宮が鎮座する)から東方に続く岩盤の掘削工事によって、橋津で直接日本海へ流れるようになった[1][2]から、天神山にちなんで「天神川」と呼ばれるようになった[3]

主な支流編集

主な橋編集

下西谷橋 - 県道116号線

  • 森脇橋
  • 新穴鴨橋 - 国道179号線
  • 大渡橋
  • 安水橋
  • 曹源寺橋
  • 久原橋
  • 大鳥橋
  • 恩地橋
  • 赤松橋
  • 湯谷橋
  • 河戸橋 - 県道205号線
  • 大原橋
  • 竹田橋 - 県道21号線
  • 倉吉大橋 - 国道179号線
  • 天神川橋梁 (山陰本線)
  • 小田橋 - 県道210号線
  • 新田橋 - 県道249号線
  • 大塚橋
  • 天神橋 - 県道320号線
  • 新天神橋 - 国道9号線

かつて存在した橋編集

平行する交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 天神川水系の流域及び河川の概要 (案)”. 国土交通省 河川局. p. 30 (平成18-03-27). 2019年9月7日閲覧。
  2. ^ 第61号 歴史から学ぶ明日の中部”. 広報 ふるさと広域連合. ふるさと広域連合. p. 3 (平成27-03-01). 2019年9月7日閲覧。
  3. ^ 日本の川 - 中国 - 天神川 - 国土交通省水管理・国土保全局”. www.mlit.go.jp. 2019年9月7日閲覧。
  4. ^ 宮脇俊三 『鉄道廃線跡を歩くIV』 JTB、1997年、142頁。ISBN 4533028578 

外部リンク編集