メインメニューを開く

天足彦国押人命

日本の皇族

天足彦国押人命(あめたらしひこくにおしひとのみこと、生没年不詳)は、記紀等に伝わる古代日本皇族

日本書紀』では「天足彦国押人命」、『古事記』では「天押帯日子命(あめおしたらしひこのみこと[1])」、他文献では「天足彦国忍人命」とも表記される。『日本書紀』『古事記』とも、事績に関する記載はない。

第5代孝昭天皇皇子で、第6代孝安天皇の同母兄、第7代孝霊天皇の外祖父である[1]和珥氏(和邇氏/丸邇氏)・春日氏小野氏ら諸氏族の祖とされる。

目次

系譜編集

(名称は『日本書紀』を第一とし、括弧内に『古事記』ほかを記載)

日本書紀』『古事記』によれば、第5代孝昭天皇と、世襲足媛(よそたらしひめ、余曽多本毘売命)との間に生まれた第一皇子である。同母弟には日本足彦国押人天皇(大倭帯日子国押人命、第6代孝安天皇)がいる。

子に関して、『日本書紀』では娘の押媛が孝安天皇の皇后となり、孝霊天皇(第7代)を産んだとする。また『和邇系図』では、和邇日子押人命(稚押彦命)の名を挙げる。

後裔氏族編集

『日本書紀』では天足彦国押人命について、和珥臣(和珥氏)の祖とする[1]

また『古事記』では、春日臣・大宅臣・粟田臣・小野臣・柿本臣・壱比韋臣・大坂臣・阿那臣・多紀臣・羽栗臣・知多臣・牟邪臣・都怒山臣・伊勢飯高君・壱師君・近淡海国造ら諸氏族の祖としている[1]

そのほか『新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている。

  • 左京皇別 - 大春日朝臣・吉田連・丈部
  • 右京皇別 - 栗田朝臣・山上朝臣・真野臣・和邇部・安那公・野中
  • 山城国皇別 - 小野朝臣・粟田朝臣・小野臣・和邇部・大宅・村公・度守首
  • 大和国皇別 - 柿下朝臣・布留宿禰・久米臣
  • 摂津国皇別 - 和邇部・羽束首
  • 河内国皇別 - 大宅臣・壬生臣・物部
  • 和泉国皇別 - 葦占臣・物部・網部物部・根連・櫛代造
  • 右京未定雑姓 - 中臣臣
  • 和泉国未定雑姓 - 猪甘首

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集