メインメニューを開く

和珥氏(わにうじ)は、「和珥」をの名とする氏族5世紀から6世紀にかけて奈良盆地北部に勢力を持った古代日本の中央豪族である。和珥は和邇丸邇とも書く。一説には海人族でもあったという[1]

和珥氏
氏姓 和珥
氏祖 天足彦国押人命
孝昭天皇の第1皇子
種別 皇別
本貫 大和国添上郡和邇
凡例 / Category:氏

目次

本拠地編集

出自については2世紀頃、日本海側から畿内に進出した日の御子信仰[2]または太陽信仰をもつ朝鮮系鍛冶集団とする説がある[3]

本拠地は大和国添上郡和邇(現天理市和爾町櫟本町付近)と添下郡で、後漢中平年間(184 - 189)の紀年銘をもつ鉄刀を出土した東大寺山古墳を含む櫟本古墳群はこの一族の墓所と推定されている[4]。6世紀頃に春日山山麓に移住し、春日和珥臣となったとされていたが、近年では一部はそのまま和邇の地に留まって和邇部や小野氏、柿本氏、高市氏を構成したとする説がある。和邇一族見解ではあるが、聖地である和邇赤坂の上(現在でも和邇赤坂毘古神社の元社とされ、地元民地元にゆかりのある民だけが秋祭りに神輿と共にその場所へ参る)ことから、和邇一族は一度として和邇の地から離れられない。なお、ヤマト豪族としてのこの一族の本業は、赤土の文字からも連想されるように、朱色つまりの生産であったとされている。この朱を採掘し尽くしたことが一族の移住につながった。[要出典]

系図編集

  • 『和邇氏系図』より。一部修正。
                孝昭天皇
                  ┃
               天足彦国押人命
                  ┃
               和邇日子押人命
                  ┣━━━━━━━┓
                彦国姥津命    姥津媛(開化天皇妃)
    ┏━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━┳━━━━━━┓
  伊富都久命          彦国葺命   小篠命    乙国葺命
   ┏━━━━━━┳━━━━━━━┫   【丈部氏祖】 【吉田氏祖】
 彦忍人命   建耶須禰命    大口納命        【飯高氏祖】
(武社国造)    ┃       ┣━━━━━━━┳━━━━━━━┓
        八千宿禰命  難波根子武振熊命   彦汝命     真侶古命
       (吉備穴国造)  【和邇氏祖】  【葦占氏祖】  (額田国造)
       【安那氏祖】  【春日氏祖】  【猪甘氏祖】
               【真野氏祖】
               【壬生氏祖】

主な枝氏編集

記紀の伝承編集

部曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 坂本太郎『続日本古代史論集』第1巻 吉川弘文館 1972年、p.99
  2. ^ 山尾 1983, pp. 107.
  3. ^ 山尾 1983, p. 133.
  4. ^ 岸俊男『日本古代政治史研究』塙書房 1966年、p.76
  5. ^ 一云 磯城縣主葉江女渟名城津媛 一云 倭國豊秋狭太媛女大井媛也(孝昭紀29年)
  6. ^ 応神紀2年。ただし先代旧事本紀菟道稚郎子の母を物部多遅麻連の女山無媛ともする

参考文献編集

  • 山尾幸久 『日本古代王権形成史論』 岩波書店、1983年4月。 NCID BN00350369