天領日田資料館(てんりょうひたしりょうかん)は、大分県日田市豆田御幸通り草野本家隣にある歴史資料館である。豆田地区町並み保存運動の拠点として設立された。主に日田の江戸期民俗文化及び天領に関する展示をおこなっている。1988年(昭和63年)7月2日開館。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 天領日田資料館
Hitatenryo-Shiryokan.JPG
天領日田資料館
施設情報
正式名称 天領日田資料館[1]
来館者数 7,774人(2011年)[2]
事業主体 日田市
管理運営 一般社団法人日田市観光協会(指定管理者[3]
所在地 大分県日田市隈2丁目7-10
位置 北緯33度18分55.8秒 東経130度55分53秒 / 北緯33.315500度 東経130.93139度 / 33.315500; 130.93139座標: 北緯33度18分55.8秒 東経130度55分53秒 / 北緯33.315500度 東経130.93139度 / 33.315500; 130.93139
外部リンク https://www.oidehita.com/349.html
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

展示物編集

広瀬淡窓や平野五岳などの文人詩人の書画、古文書、古地図、日田陣屋絵図などが展示されている。また、日田市内のダンワラ古墳から出土したとされる重要文化財金銀錯嵌珠龍紋鉄鏡」の復元レプリカも展示されている[4]

特別展編集

2009年11月7日-23日に、日田市出身の筑紫哲也の遺品等を展示する「筑紫哲也が遺したもの展」が開催された。

脚注編集

外部リンク編集