筑紫 哲也(ちくし てつや、1935年昭和10年)6月23日 - 2008年平成20年)11月7日)は、日本ジャーナリストニュースキャスター

筑紫 哲也
Tetsuya Chikushi.png
ホワイトハウスのルーズベルトルームで
筑紫哲也 NEWS23』収録時の筑紫哲也。
(1998年10月19日)
生誕1935年6月23日
日本の旗 日本大分県日田市
死没 (2008-11-07) 2008年11月7日(73歳没)
日本の旗 日本東京都
出身校早稲田大学政治経済学部経済学科
職業ジャーナリスト
ニュースキャスター
活動期間1959年 - 2008年
肩書き朝日新聞記者(1959年 - 1984年)
朝日ジャーナル」編集長(1984年 - 1987年)
朝日新聞編集委員(ニューヨーク駐在、1987年 - 1989年)
TBSテレビ筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター(1989年 - 2008年)
立命館大学客員教授
週刊金曜日」編集委員 など
配偶者筑紫房子
子供筑紫拓也(長男)
筑紫ゆうな(次女)
受賞日本記者クラブ賞(2008年)

朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長、TBSテレビ筑紫哲也 NEWS23』メインキャスターを務めた。

来歴編集

生い立ちと朝日新聞社時代編集

1935年昭和10年)、大分県日田市で筑紫和臣の長男として生まれた[1]静岡県立沼津東高等学校および東京都立小山台高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。

1959年に朝日新聞社に入社。1968年アメリカ統治下の沖縄に特派員として赴任。1971年から1974年までワシントン特派員。1978年から1982年までテレビ朝日「日曜夕刊!こちらデスク」メインキャスター。1984年から1987年まで「朝日ジャーナル」編集長。

ニューヨーク勤務の1989年(平成元年)夏、TBSからの打診を受け朝日新聞社を退社。同年10月に『筑紫哲也 NEWS23』を開始することとなる[2]

『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスターとして編集

彼のジャーナリストとしての社会的な発言には、毀誉褒貶・賛否両論あったが、ニュースキャスターとしての手腕はこの番組で確実となり、以降は『ニュースステーション』のメインキャスター・久米宏と並び民放ニュースキャスターの顔として広く認知された。久米宏とは平日夜のニュース番組の視聴率を激しく争ったが「広島東洋カープのファン」という共通点があったため、日刊スポーツの企画で1991年(平成3年)の西武ライオンズとの日本シリーズを仲良く観戦している[3]。久米は「筑紫さんは戦争の歴史を刻んだ沖縄と広島に心を寄せ、地方球団、市民球団のカープを愛していました。筑紫さんは、"反中央"、"反権力"という自分の性格をカープに重ねたのではないか」と述べている[3]

1993年(平成5年)、『筑紫哲也 NEWS23』のメインキャスターとしての業績に対して、第30回ギャラクシー賞・テレビ部門個人賞を受賞[4]

国会議員年金未納問題を批判していたが、2004年(平成16年)5月13日放送分の『NEWS23』で、自身の年金未納が発覚(1989年から1992年6月までの2年11か月)を謝罪し、翌日から一時期番組の出演を見合わせた[5]

晩年編集

2007年5月14日放送の『NEWS23』で初期の肺癌であることを告白。2008年(平成20年)に「テレビ報道の社会的役割の向上に貢献した」として、日本記者クラブ賞を受賞[6][7]。同年11月7日午後、肺癌のため東京都内の病院で死去した。享年74(満73歳没)。真裏の報道番組同士のライバル関係にあった久米宏古舘伊知郎らが自らの番組でその死を悼んだ[8][リンク切れ][9][リンク切れ]

没後編集

筑紫の遺族が、筑紫の遺産について7000万円の申告漏れを東京国税局から指摘された。そのうちの海外口座の4000万円については、資産を意図的に申告から除外したとして遺産隠しと認定され、重加算税を含む約1700万円の追徴課税となった。

2013年1月、BS-TBSにおいて、ドキュメンタリー『筑紫哲也 明日への伝言〜「残日録」をたどる旅』が放映されることとなった[10]

スタンス・評価編集

リベラル派文化人の代表的存在だが、報道姿勢について賛否が分かれることも多かった。その一方で野村秋介と親交があり、それを阿川佐和子に驚かれたことがあるように、保守的姿勢の人物に対しても許容している側面があり、これ以外にも筑紫と親交の深かった保守系の政治家やジャーナリストも多く、筑紫の葬儀には保守派の大物議員や有名ジャーナリストの参列も見られた。元内閣総理大臣小泉純一郎はイラク戦争でアメリカを支持していたので対極の立場にあったが、上杉隆によれば、プライベートでは首相官邸に小泉を訪ね、オペラ談義に花を咲かせることもあったのだという[11]。また、後述のように過去の行き過ぎた言動や報道姿勢を反省する側面もみられていた[12]

肯定的評価 編集

  • 『NEWS23』でサブキャスターを務めた草野満代は「テレビの世界では、ドキュメンタリー番組をコンスタントに作り続けることが難しい状況が続いています。でも『NEWS23』ではよく、20分くらいのドキュメンタリーを入れこみました。ほかのニュースをカットしてでも、ドキュメンタリーを伝える場を守り続けたのが筑紫さんです」と評している[13]
  • 井上陽水は「日曜夕刊!こちらデスク」で自身の楽曲「傘がない」の歌詞の「テレビではわが国の将来の問題を 誰かが深刻な顔をしてしゃべってる」を取り上げた回を視聴し「ジャーナリズムに身を置きながら、ジャーナリズムを突き放して見ることができる。ある意味で、ユーモアがわかる人なんだ」と感じたことを話している。それもあって同番組の最終回に出演し、「傘がない」を含んだ3曲を歌唱した。その後も井上は「NEWS23」に楽曲提供をしたり、筑紫と麻雀をするなど、親交を深めていった。なお、筑紫と井上には政治や家庭などの立ち入った話はしないという暗黙の了解があった。井上は「筑紫さんの功績のひとつは、ユーモアの大切さを意識されていたことだと思います。この真面目な国では、深刻そうに語ることが求められて、ちょっとした笑いや諧謔も『不真面目だ』とか言って、許されないところがありますから。ユーモアを口にしたり受け止めたりするには、余裕がないとできません。番組では、『なかなか面白い冗談を言うな』という感じではかならずしもなかったのですが、ユーモアがもつ可能性に注目していた、という意味で特別だったと思います」「政治家なんかにしてもね、筑紫さんならということで出演した方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。鷹揚で優しいからなのか、どんなものでもまずは肯定しようとするスタンスがあったようにも思います」「筑紫さんは『観察者』だったと思います。へたに才能があると『演者』になろうとして、観察者にはなれない。自分が演じるのではなく、演じている誰かを見たり、世の中に紹介したりするという意味で、観察者のプロだったといえるのかもしれません」と評している[14]

否定的評価編集

  • 保守派論壇からは筑紫が出演した番組の報道姿勢と合わせて特攻隊[15]北朝鮮による日本人拉致問題に関する言動などで[16]強い批判を受けることが多かった。
  • 吉本隆明は、テレビキャスターの筑紫や久米宏は、自分を棚上げにして、キレイごとやカッコいいことをいって、そのうえ他人にはキツイことばかり要求しているとし、「民衆の味方です」みたいな顔して発言をしているが、果たして筑紫や久米が普通の民衆なのかあるいは民主主義が身についているかといえば、そうではないと批判している[17]
  • 上杉隆等は筑紫の打ち立てた功績は揺るぎないものであるとしながらも、ジャーナリストの頂点まで上り詰めた晩年の筑紫に関しては、議論で追い詰められても反論しようとしなかったり、思想信条による議論よりも友情を優先するようになっていたことに対して批判的にとらえている[11]
  • 田中康夫とは『朝日ジャーナル』時代に「若者たちの神々」最終回で対談し、これがきっかけとなり「ファディッシュ考現学」の連載を依頼した。筑紫の「現場主義」に田中は影響を受けたものの、その後は距離が開くようになり特に田中が厳しい評価を下していた細川護熙内閣に対して、筑紫が無批判であったことに関して「筑紫哲也朽ちたり」と評した。その後筑紫からの取材に関しての直接の返答はなく[18]、「どう曲がって伝わったのか、私が当人の制止をふり切って撮影を強行したと非難するコラムを書いた作家がいた。おそらく放送は観ていなかったのだろうが、粘着気質なことで知られるこの作家は以来、未だにそのことにこだわっていろいろ書き続けているらしい(私は読んでいないが)。」と著書内で記すのみであった[19]。その後田中は何度か筑紫と対面する機会があったことが日記から分かるものの、筑紫が亡くなった前後の「ペログリ日記」にも筑紫死去に関しての言及はなかった[20]。一方で筑紫が『NEWS23』内などでその後も田中を応援し続けていたことや、2人に引き続き親交が存在したことを記す人物もいる[21]
  • 元首相の森喜朗は、月刊誌『Will』にて自らの内閣がマスコミに叩かれた背景として、自身の所属していた福田派の敵対派閥と懇意にしている官邸記者達が多かったことを一因に挙げ、続けて筑紫がある結婚式で「今日は、森前総理も見えていますが、森政権時代、我々も『森を潰せ』という戦略で少しやりすぎだったと思っています。一国の総理とメディアの間には、ある程度の緊張感が必要で、ある程度の批判はする。しかし、森さんについてはやりすぎたという反省がある」と述べ、森は「何をいまさら」という気分だったと述べている[12]
  • 筑紫の「沖縄=戦争と基地の悲劇の島」という沖縄観はステレオタイプという批判がある。日本経済新聞社元那覇支局長大久保潤篠原章の共著『沖縄の不都合な真実』(新潮新書2015年、142-143p)「第6章本土がつくったオキナワイメージ」では、琉球史研究の第一人者で副知事だった高良倉吉が、「いつのまにか、沖縄人は大江健三郎と筑紫哲也が言う被害者沖縄のイメージ通りに振る舞うクセが付いてしまった」と発言して、筑紫の沖縄観が沖縄県内で定着した結果、戦争基地も被害者の視点だけで語り、自立に向けた議論を阻み、「日本はなんとかしろ」という依存体質や陳情文化が一般人にも蔓延したことを解説したこと、「沖縄が自立できないのは筑紫哲也のせいだ」という言葉を、戦後60年の取材中に地元の複数人から聞いたことが触れられている。沖縄に家系を持つ与那原恵は、『迷惑な沖縄愛』という小論を別冊宝島Real『筑紫哲也「妄言」の研究』に寄稿し、News23でも何度も特集された95年の米兵による少女暴行事件の抗議集会は自発的に集まった人が多数を占めたが、沖縄人に強く訴えかけた大きな理由は、被害者が「少女」』だったこと、沖縄のこの種の集会は、中学生高校生の少女が作文を読み上げるが、この集会でも普天間高校女子高生が作文を読み、彼女は数年間にわたってNews23に取材されることになったが、筑紫に仮託された「沖縄の少女」というイメージに縛られるのはいやだろうな、と述べている。また、筑紫が沖縄を愛するのは、自分は無知な少年だったから軍国少年に染め上げられてしまったのだという戦争を止められなかった大人への恨みを重ねることができるのは、沖縄を象徴する「少女」であり、無垢で清らかな自分と日本と米国の大国の論理で振り回されてしまう被害者としての沖縄という感覚を共有できると思っているからだが、沖縄戦の実相は複雑であり、また沖縄は複雑な感情や打算がうずまく島でもあり、人間の暮らしとはそういうものであり、沖縄ではかつての左翼的言説に人々がなびかなくなっており、左翼が沖縄に仮託して、自分たちの言いたいことを言っているに過ぎないことに気づいてしまったこと、そして、この先も沖縄に関心を持ち報道していくなら、沖縄の現実や複雑な思いや変化を正確に見て、筑紫が沖縄人に好かれていないという事実も直視すべき、と述べている。

その他編集

NPO活動中の辻元清美に政界入りを勧めたことでも知られる。彼女の政治団体に夫人名義で寄付を行っていた(平成13年9月14日付官報・号外196)。

縁戚編集

瀧廉太郎との縁編集

瀧廉太郎は大伯父(滝の妹・トミが筑紫の母方の祖母)[22][23]。筑紫自身はかつて「私には音楽の才能がないので、私が『瀧廉太郎の親戚』であるということを非常に戸惑っていた」と述懐している。筑紫は1993年から、竹田市にある瀧廉太郎念館の名誉館長を務めていた。

人物編集

ヘビースモーカー編集

ハイライトマルボロの赤を1日3箱吸っていたヘビースモーカーだった。肺癌になって禁煙した後も「一服できないと面白くない」「百害あって一利なしと言うけど、文化は悪徳が高い分、深い。(たばこ喫煙は)人類が発明した偉大な文化であり、たばこの代わりはありませんよ。これを知らずに人生を終わる人を思うと、何とものっぺらぼうで、気の毒な気がしますね」「癌の原因はストレスで、たばこはきっかけにすぎない」と語った[24]

出演編集

NEWS23』以後、TBSと専属契約を結んでおり、基本的にテレビ出演はTBS系列の放送局に絞っていた。ただし、フジテレビトリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』にVTR出演したり、年に1回テレビ朝日の特番にゲスト出演していた。

テレビ編集

ラジオ編集

映画編集

著書編集

筑紫を批判する文献編集

関連項目・人物編集

  • 筑紫哲也 NEWS23
  • 忌野清志郎
  • 和田アキ子 - 生前親交が深く、筑紫のことを『てっちゃん』という愛称で呼んでいた。
  • 野村秋介 - 思想的には正反対だが友人として交流があった。
  • 久米宏 - 「筑紫哲也 NEWS23」のライバル番組「ニュースステーション」のメインキャスター。平日最終版のニュースの概念を大変革させた人物。

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『潮』第4-6号、潮出版社, 1993、p240
  2. ^ 『ニュースキャスター』(筑紫哲也著、集英社新書2002年)、『無名記者の挽歌』(中島清成著、中央公論新社2009年
  3. ^ a b 中国新聞 日刊 2016年10月9日28面『V7 私の鯉心(6) 久米宏さん』
  4. ^ ギャラクシー賞 第30回(1992年度)”. 放送批評懇談会. 2020年7月26日閲覧。
  5. ^ 「筑紫哲也氏も2年11ヵ月 番組で陳謝」『毎日新聞』2004年5月14日
  6. ^ “筑紫哲也キャスターに日本記者クラブ賞”. 日刊スポーツ. (2008年4月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080424-352040.html 2020年7月26日閲覧。 
  7. ^ “筑紫哲也氏が08年度日本記者クラブ賞受賞”. 日刊スポーツ. (2008年5月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080524-363763.html 2020年7月26日閲覧。 
  8. ^ “久米宏氏「後ろに筑紫さんがいたから安心」”. スポーツニッポン. (2008年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/11/09/01.html 
  9. ^ 古舘、TV番組で“先輩”筑紫さん偲ぶ SANSPO.COM
  10. ^ 筑紫哲也 明日への伝言〜「残日録」をたどる旅
  11. ^ a b 筑紫哲也氏は本当に賞賛すべきジャーナリストだったのか」『週刊上杉隆』ダイヤモンド社HP 2008年11月13日
  12. ^ a b 森喜朗(聞き手大下英治)「「失言問題」、朝日新聞を叱る」『WiLL』2007年9月P51-52
  13. ^ 女神(2)草野満代さん オンエア3秒前まで雑談していた”. asahi.com. 朝日新聞デジタル (2010年11月5日). 2010年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  14. ^ 井上陽水さん(1)筑紫さんの一言から生まれた「最後のニュース」”. asahi.com. 朝日新聞デジタル (2010年11月5日). 2010年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  15. ^ 「特攻隊を「自爆テロリスト」呼ばわりした「筑紫哲也」」『週刊新潮』2004年10月14日号、新潮社、 145-146頁。
  16. ^ 西村幸祐「拉致家族と『朝日新聞』&筑紫哲也氏の深すぎる溝」(『反日の構造』 ISBN 4569639968 所収)など。
  17. ^ 吉本隆明『私の「戦争論」』ぶんか社、1999年8月。ISBN 978-482110684475頁
  18. ^ 田中康夫「ゲンチャリにまたがって」『神戸震災日記』所収、新潮社、文庫版181ページ ISBN 978-4101434087
  19. ^ 筑紫哲也『ニュースキャスター』、集英社新書版200-202ページ ISBN 978-4087201451
  20. ^ 2008年11月5日から11日までのペログリ日記
  21. ^ 及川健二のパリ修行日記 2009年10月1日
  22. ^ 瀧廉太郎 一般社団法人ひじ町ツーリズム協会
  23. ^ 瀧廉太郎について 日出ロータリー週報、第1591回例会平成29年11月07日(火)例会記録No.15
  24. ^ “特集ワイド:がんと闘う筑紫哲也さんに聞く”. 毎日jp (毎日新聞). (2007年11月27日). オリジナルの2007年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071129202011/http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20071127/ 2015年3月9日閲覧。