この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

太玄経』(たいげんきょう)または『太玄』は、前漢末の揚雄の撰述による『易経』に似た書物。易が陰陽の二を6つ重ねた六十四卦によるのに対し、天地人の三才を4つ重ねた八十一首から構成される。

目次

成立編集

漢書』揚雄伝下に引く揚雄『解嘲』の序によれば、『太玄経』は哀帝の時代に作られた[1]

構成編集

ひとつの首を構成する4画は、上から下へと呼ばれる。それぞれの首には6つの爻辞のかわりに「初一」「次二」「次三」「次四」「次五」「次六」「次七」「次八」「上九」の9つのがある。賛の総数は729になる。最後に踦賛・嬴賛の2つが附属する。賛のそれぞれにという注釈(『易』の象伝に相当)が加えられている。

八十一首それぞれについて述べた後に、「玄衝」「玄錯」「玄攡(り)」「玄瑩(えい)」「玄数」「玄文」「玄棿(げい)」「玄図」「玄告」の諸篇が附属しており、『易』の十翼に相当する。これらの諸篇では太玄を五行十二支十二律・天文・暦などに結びつけている。なお、具体的な占い方については玄数篇に述べられている。

三才

 

 

 

八十一首

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

𤕠[2]

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

評価編集

同時代人は、揚雄が聖人でもないのに経書を作ったといって批判した[3]。大した官位についているわけでもないのに『太玄経』を作ったという批判に対して、揚雄は『解嘲』の中で答えている。また、文章が難しすぎるという批判には『解難』を作って答えている(いずれも『漢書』揚雄伝下に見える。『解嘲』は『文選』巻45にも収める)。また『法言』では、『論語』に「述べて作らず」とあるのになぜ『太玄経』を作ったかと問う人に対して、揚雄は「聖人の義理は述べている。書物を作っただけだ」と答えた[4]

揚雄のよき理解者であった劉歆は、生前に揚雄に向かって「今の学者は『易』でさえ理解できていないのに、『太玄経』を理解しようとする人がいるだろうか。誰にも読まれずに醬(ソース)を入れるの蓋になってしまうのではないか」と心配したという[5]。その心配どおり、揚雄の没後、『法言』の人気は高まったが、『太玄経』には人々は関心を持たなかった[6]。いっぽう後漢張衡は『太玄経』を高く評価した[7]

西晋王長文は『太玄経』にならって『通玄経』を作った[8]

武内義雄は、揚雄が『太玄』『法言』によって董仲舒以来の前漢の経学が讖緯説に陥った弊害を救おうとしたと考えた。武内によれば『太玄』は老子の哲学を取り入れて『易』を改作したものであり、讖諱家や神仙説を排斥して孔子の道に帰させようとしたものであるといい、桓譚王充と続く迷信打破の説の筆頭であるとしている[9]

注釈編集

後漢末から三国時代にかけて宋衷陸績が注を書き、の范望が両者をまとめた。

北宋司馬光は『集注太玄経』を書いて、宋衷以来の諸説を比較検討している。

日本語訳編集

  • 鈴木由次郎 『太玄経』 明徳出版社〈中国古典新書〉、1972年

関連文献編集

その他編集

  • 『太玄経』と関係のある揚雄の作品として『太玄賦』が伝わっているが[10]、古い文献には見えず、揚雄の作品かどうか明らかでない。
  • 金庸の小説『侠客行』には「太玄経」という名の武功が登場する。

Unicode編集

太玄経記号
Tai Xuan Jing Symbols
範囲 U+1D300..U+1D35F
(96 個の符号位置)
追加多言語面
用字英語版 Common
記号集合 太玄経
割当済 87 個の符号位置
未使用 9 個の保留
Unicodeのバージョン履歴
4.0 87 (+87)
備考: [11][12]
テンプレートを表示

太玄経の記号のためのブロックUnicode 4.0(2003年)で追加多言語面(SMP) U+1D300 … U+1D35F に定義された。

太玄経記号[13]
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+1D30x 𝌀 𝌁 𝌂 𝌃 𝌄 𝌅 𝌆 𝌇 𝌈 𝌉 𝌊 𝌋 𝌌 𝌍 𝌎 𝌏
U+1D31x 𝌐 𝌑 𝌒 𝌓 𝌔 𝌕 𝌖 𝌗 𝌘 𝌙 𝌚 𝌛 𝌜 𝌝 𝌞 𝌟
U+1D32x 𝌠 𝌡 𝌢 𝌣 𝌤 𝌥 𝌦 𝌧 𝌨 𝌩 𝌪 𝌫 𝌬 𝌭 𝌮 𝌯
U+1D33x 𝌰 𝌱 𝌲 𝌳 𝌴 𝌵 𝌶 𝌷 𝌸 𝌹 𝌺 𝌻 𝌼 𝌽 𝌾 𝌿
U+1D34x 𝍀 𝍁 𝍂 𝍃 𝍄 𝍅 𝍆 𝍇 𝍈 𝍉 𝍊 𝍋 𝍌 𝍍 𝍎 𝍏
U+1D35x 𝍐 𝍑 𝍒 𝍓 𝍔 𝍕 𝍖

脚注編集

  1. ^ 『解嘲』「哀帝時、丁傅董賢用事、諸附離之者或起家至二千石。時雄方草創『太玄』、有以自守、泊如也。」
  2. ^ 爻偏に守
  3. ^ 『漢書』揚雄伝賛「諸儒或譏以為雄非聖人而作経、猶春秋呉楚之君僭号称王。蓋誅絶之罪也。」
  4. ^ 『法言』問神「或曰:述而不作、『玄』何以作?曰:其事則述、其書則作。」
  5. ^ 『漢書』揚雄伝賛「劉歆亦嘗観之、謂雄曰「空自苦。今学者有禄利、然尚不能明『易』、又如『玄』何?吾恐後人用覆醬瓿也。」雄笑而不応。」
  6. ^ 『漢書』揚雄伝賛「自雄之没、至今四十余年。其『法言』大行、而『玄』終不顕。然篇籍具存。」
  7. ^ 『後漢書』張衡列伝「衡善機巧、尤致思於天文・陰陽・歴算。常耽好玄経、謂崔瑗曰:吾観太玄、方知子雲妙極道数、乃与五経相擬、非徒伝記之属、使人難論陰陽之事、漢家得天下二百歳之書也(後略)」
  8. ^ 『晋書』王長文列伝
  9. ^ 武内義雄 『中国思想史』 岩波書店1957年(原著1936年)、154-156頁。
  10. ^ 太玄賦
  11. ^ Unicode character database”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  12. ^ Enumerated Versions of The Unicode Standard”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  13. ^ Tai Xuan Jing Symbols, Unicode Consortium, http://www.unicode.org/charts/PDF/U1D300.pdf 

外部リンク編集