奉仙観(ほうせんかん)は、中華人民共和国河南省済源市北海街道荊梁北街にある道教寺院(道観[1]

奉仙観
Jiyuan Fengxian Guan 2018.12.19 10-16-17.jpg
奉仙観
奉仙観の位置(河南省内)
奉仙観
河南省における位置
奉仙観の位置(中華人民共和国内)
奉仙観
奉仙観 (中華人民共和国)
基本情報
所在地 中華人民共和国の旗 中国 河南省済源市北海街道荊梁北街
座標 北緯35度06分01秒 東経112度34分25秒 / 北緯35.10028度 東経112.57361度 / 35.10028; 112.57361座標: 北緯35度06分01秒 東経112度34分25秒 / 北緯35.10028度 東経112.57361度 / 35.10028; 112.57361
宗教 道教
建設
様式 中国建築
創設 685
資材 木、石、煉瓦
テンプレートを表示
奉仙観

歴史編集

奉仙観は、垂拱元年(685年)創建で、当時は奉先観と称した[1]。魯希言・魯和光はここで修行した[1]

北宋の時、賀蘭栖真はここで修行した[1]真宗に召され、勅で「宗真大師」と封じられた[1]

大定24年(1184年)は三清大殿を重修した[1]

の初年、住職の崇寧葆光はを玉皇殿・三官殿修復する[1]

正統10年(1445年)、住職の韓嵩岩はを講堂重修した[1]

乾隆17年(1752年)は三官殿・山門・廂房を重修した[1]

2001年6月25日中華人民共和国国務院は奉仙観を全国重点文物保護単位に認定した。

建築物編集

  • 山門、玉皇殿、三清大殿、廂房、配殿

重要文化財編集

  • 唐の『太上老君石像碑』
  • 宋の『章聖皇帝御制詩並記』
  • 元の『衛公道行之碑』
  • 明の石棺材

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f g h i “踏尋中原古刹之——済源奉仙観” (中国語). 済源市人民政府. (2014年5月6日). http://wwj.jiyuan.gov.cn/wwly/wwlyzn/201405/t20140506_150119.html 2021年1月20日閲覧。