奥山 直司(おくやま なおじ、1956年6月19日[1]- )は、日本の仏教学者、高野山大学教授。専攻は、インドチベット仏教文化、密教図像学、日本近代仏教史。

略歴編集

山形市生まれ。1979年東北大学文学部印度学仏教史専攻卒業、85年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学、東北大学文学部助手ののち、1989年一関工業高等専門学校専任講師、91年助教授、1994年高野山大学文学部助教授、2003年教授となる[2]

著書編集

共編編集

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ 奥山直司”. 高野山大学. 2019年4月16日閲覧。

外部リンク編集