メインメニューを開く

川村 邦光(かわむら くにみつ、1950年5月27日[1] - )は、日本文化学者、大阪大学名誉教授。専門は宗教、民族、性の歴史。

目次

来歴編集

福島県生まれ。

1975年東北大学文学部宗教史学科卒。学生時代は学生運動で活動。

1978年同大学院宗教学修士課程修了、1984年実践哲学博士課程単位取得満期退学。

1989年天理大学おおやさと研究所助教授、1991年同文学部助教授、1996年教授、1997年大阪大学文学部(日本学)教授。

2016年定年退任、名誉教授。

近代における性の民俗などを研究。2017年6月18日放送のテレビ番組『chouchou』(テレビ朝日系)では、「食文化史 研究家」としてスタジオ出演した。

著書編集

  • 『幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶』青弓社 1990
  • 『巫女の民俗学—「女の力」の近代』青弓社 1991
  • 『オトメの祈り 近代女性イメージの誕生』紀伊國屋書店 1993
  • 『オトメの身体 女の近代とセクシュアリティ』紀伊國屋書店 1994
  • 『民俗空間の近代 若者・戦争・災厄・他界のフォークロア』情況出版 1996
  • 『セクシュアリティの近代』講談社選書メチエ 1996
  • 『憑依の視座 巫女の民俗学2』青弓社 1997
  • 『地獄めぐり』ちくま新書 2000
  • 『すぐわかる日本の宗教 縄文時代~現代まで』東京美術 2000
  • 『「民俗の知」の系譜 近代日本の民俗文化』昭和堂 2000
  • 『オトメの行方 近代女性の表象と闘い』紀伊國屋書店 2003
  • 『ヒミコの系譜と祭祀 日本シャーマニズムの古代』学生社 2005
  • 『聖戦のイコノグラフィ 天皇と兵士・戦死者の図像・表象』青弓社 2007
  • 『写真で読むニッポンの光景100』青弓社 2010
  • 『弔い論』青弓社 2013
  • 『弔いの文化史 日本人の鎮魂の形』中公新書 2015
  • 出口なお王仁三郎 世界を水晶の世に致すぞよ』ミネルヴァ書房日本評伝選〉 2017 
  • 『日本民俗文化講義 民衆の近代とは』河出書房新社、2018

共編著編集

  • 『聖と俗のはざま』対馬路人中牧弘允共著 東方出版 1996
  • 『“性の民俗"研究をめぐって 生殖器崇拝教の話 性の崇拝』上田恭輔、クリフォード・ハワード共著 勉誠出版(性の民俗叢書 1)1998
  • 『民俗宗教を学ぶ人のために』山折哲雄共編 世界思想社 1999
  • 『戦死者のゆくえ 語りと表象から』青弓社 2003
  • 『私にとってオウムとは何だったのか』早川紀代秀共著 ポプラ社 2005
  • 『憑依の近代とポリティクス』編著 青弓社 2007
  • 『セクシュアリティの表象と身体』臨川書店 ビジュアル文化シリーズ 2009
  • 『宗教の事典』山折哲雄監修 市川裕大塚和夫奥山直司山中弘共編集 朝倉書店 2012

翻訳編集

  • ハンティントン・メトカーフ『死の儀礼 葬送習俗の人類学的研究』池上良正共訳 未來社 1985
  • モルデカイ・ローテンバーグ『逸脱のアルケオロジー プロテスタンティズムの倫理と「失敗」の精神』平凡社選書 1986
  • エレミール・ゾラ『アンドロギュヌスの神話』平凡社 1988
  • スタニスラフ・グロフ『死者の書 生死の手引』平凡社(イメージの博物誌)1995

論文編集

番組出演編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.311

外部リンク編集