奥嶋桂子

奥嶋 桂子(おくしま けいこ、現姓・河村、1957年7月12日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。

奥嶋 桂子
Keiko Okushima
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1957-07-12) 1957年7月12日(60歳)
出身地 山口県防府市
ラテン文字 Keiko Okushima
身長 171cm
体重 71kg
血液型 O型
選手情報
愛称 シマ
ポジション エース
指高 221cm
利き手
スパイク 281cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

山口県防府市出身。中学1年よりバレーボールを始める。三田尻女子高校(現・誠英高校)を経て、1976年に日本リーグの鐘紡(当時)に入部。

1979年、エースとしてカネボウのリーグ優勝に大きく貢献し、ベスト6賞を獲得した。カネボウ監督の上野康夫は、「幅広い攻撃力と馬力は天下一品。うまみも加わり速攻もこなす。コートマナーがよい」と評している。1980年、モスクワオリンピック出場メンバーに選出されたが、西側諸国のボイコットによりオリンピック出場は幻となった。

Vプレミアリーグトヨタ車体クインシーズ所属の河村聖子は実娘(次女)である。

エピソード編集

両親ともに競輪の元選手、姉は鐘紡防府のバレーボール選手というスポーツ一家に育つ。奥嶋もバレーボールを始めたが、陸上競技でも才能を発揮し、全国ジュニア陸上砲丸投げで2位入賞を果たしている。中国地方のバレーボール高校合宿でブロッカーを脱臼させたことがあるほど、その右腕から繰り出されるアタックは強烈であった[1]

球歴編集

  • 所属チーム履歴
市立小野中三田尻女子高校鐘紡/カネボウ(1976-1982年 )
  • 全日本代表 - 1980年
  • 受賞歴
    • 1979年 - 第12回 日本リーグ ベスト6

脚注編集

  1. ^ 月刊バレーボール 1975年6月号 65-66ページ

参考文献編集

  • 月刊バレーボール1980年1月号臨時増刊 '80チームの顔 58ページ(日本文化出版刊)
  • 月刊バレーボール1981年1月号臨時増刊 '81チームの顔 86ページ(日本文化出版刊)

関連事項編集

外部リンク編集