奪命金』(原題: 奪命金、英題: Life Without Principle)は、ジョニー・トー監督・製作による2011年の香港のクライムドラマ映画英語版である[1]。出演はラウ・チンワンリッチー・レンデニス・ホー。2011年9月9日に第68回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映された[2][3]

奪命金
タイトル表記
繁体字 奪命金
簡体字 夺命金
ピン音 Duó Mìng Jīn
注音符号 Dyut6 Ming1 Gam1
英題 Life Without Principle
各種情報
監督 ジョニー・トー
脚本 ヤウ・ナイホイ
イップ・ティンシン英語版
ベン・ウォン
ジェフ・チェン
オー・キンイー
製作 ジョニー・トー
製作総指揮 ジョン・チョン
出演者 ラウ・チンワン
リッチー・レン
デニス・ホー
撮影 チェン・チュウキョン英語版
トー・フンモ
編集 デヴィッド・M・リチャードソン中国語版
製作会社 メディア・アジア・フィルムズ英語版
ミルキーウェイ・イメージ英語版
配給 香港の旗 メディア・アジア・ディストリビューションズ英語版
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 イタリアの旗 2011年9月9日VIFF
香港の旗 2011年10月20日
日本の旗 2013年2月9日
上映時間 106分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
テンプレートを表示

第85回アカデミー賞外国語映画賞には香港代表作として出品されたが、最終選考には残らなかった[4]

概要編集

2010年欧州ソブリン危機の際の香港を舞台にし、刑事チャンとマンションを購入しようとするその妻コニー、投資信託『一攫千金』販売のノルマに苦しむ銀行投資顧問テレサ・チャン、顧客の婦人娟姐、同じく顧客の高利貸し、仲間の保釈金集めに追いまくられるヤクザのエピソードが絡み合う、香港株価の暴落から相場反発までを描いた、一種の経済サスペンスドラマ。

キャスト編集

受賞とノミネート編集

部門 候補 結果
ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 ジョニー・トー ノミネート
香港電影金像奨 作品賞 『奪命金』 ノミネート
監督賞 ジョニー・トー ノミネート
脚本賞 ジェフ・チェン、オー・キンイー、ベン・ウォン、ヤウ・ナイホイ、イップ・ティンシン ノミネート
主演男優賞 ラウ・チンワン ノミネート
助演男優賞 ロー・ホイパン 受賞
助演女優賞 ソー・ハンシュン 受賞
編集賞 デヴィッド・M・リチャードソン ノミネート
主題歌賞 Wei Yue(作曲・歌唱)、Xi Lin(作詞)
"Shui man jin shan"
ノミネート
金馬奨 作品賞 『奪命金』 ノミネート
監督賞 ジョニー・トー 受賞
主演男優賞 ラウ・チンワン 受賞
オリジナル脚本賞 ジェフ・チェン、オー・キンイー、ベン・ウォン、ヤウ・ナイホイ、イップ・ティンシン 受賞
主演女優賞 ソー・ハンシュン ノミネート
編集賞 デヴィッド・M・リチャードソン ノミネート

注・出典編集

  1. ^ Smith, Ian Hayden (2012). International Film Guide 2012. p. 130. ISBN 978-1908215017. 
  2. ^ Hong Kong director focuses on financial crisis”. 2013年4月9日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Johnnie To’s "Life Without Principle" Added to Venice Film Festival Slate”. 2013年4月9日閲覧。
  4. ^ “Greece picks 'Unfair World' for Oscar race”. Hollywood Reporter. (2012年9月21日). http://www.hollywoodreporter.com/news/life-principle-chosen-as-hong-372933 2012年9月21日閲覧。 
  5. ^ 腳は脚の異体字

関連項目編集

外部リンク編集