メインメニューを開く

妙福寺(みょうふくじ)は、東京都大田区南千束2丁目にある日蓮宗の寺院。旧本山は身延山久遠寺

妙福寺
Myofukuji temple minamisenzoku ota 2015.jpg
山門
所在地 東京都大田区南千束2-2-7
位置 北緯35度36分4.6秒
東経139度41分29.7秒
座標: 北緯35度36分4.6秒 東経139度41分29.7秒
山号 星頂山(せいちょうざん)
宗旨 日蓮宗
本尊 三宝祖師[1]
創建年 寛永年間
開基 日慈
正式名 星頂山妙福寺
別称 御松庵
法人番号 4010805000289
テンプレートを表示

目次

歴史編集

当寺院は、もともとは洗足池の池畔にあった鎌倉時代に創建された「御松庵」という庵に由来する。[1]御松庵は日蓮ゆかりの草庵である。日蓮が1282年身延山から、武蔵国(現在の東京都)・池上にある池上宗仲の館(現在の池上本門寺)に向かう途中に、近隣の大池(千束池。現在の洗足池)にさしかかった。その際日蓮はここで休憩を取り、傍のの木に法衣をかけて(後にその松は「袈裟かけの松」と言われた)、池の水で手足を洗った。(これに因んでこの池を洗足池と言われるようになった[1])すると、池から七面天女が現れたという。後にこのことを記念しようと七面天女を安置するお堂を建てたのが「御松庵」のルーツである。[1]

一方妙福寺は日慈が、現在の中央区日本橋馬喰町に寛永年間以前に草創した寺である。[1]しかし、1657年明暦の大火のなどで本堂などが焼失し、浅草に移転した。[1]その後、1923年関東大震災でまたも焼失して、1927年に当地に移転。[2]既存の御松庵を合併という形で、再建された。[1]

主な施設編集

  • 祖師堂(旧七面大明神堂)(天保4年(1833年)の築。国の登録有形文化財[3])
  • 馬頭観世音供養塔(大田区指定文化財)
  • 小松稲荷
  • 日蓮上人袈裟掛けの松(洗足池の名の由来にもなっている日蓮が袈裟をかけたとされる松。現在では三代目。[4])
  • 日蓮上人像

近隣施設編集

  • 洗足池
  • 勝海舟の墓
  • 大田区立洗足池図書館
  • 洗心保育園(隣接する保育園。1954年設立。当寺院が母体となっている。[5])
  • 鳳凰閣(旧清明文庫)

アクセス編集

参考文献編集

  • 大田区教育委員会編『大田区の文化財 第8集 大田区の寺院』 1972年

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 大田区教育委員会 (1972)153-155pp.
  2. ^ 墓地のみ明治時代杉並区に移転している。出典:大田区教育委員会 (1972)
  3. ^ 文化遺産オンライン
  4. ^ 社団法人洗足風致協会掲示板
  5. ^ 大田区ホームページ洗心保育園