メインメニューを開く

姉別駅

日本の北海道厚岸郡浜中町にある北海道旅客鉄道の駅

姉別駅(あねべつえき)は、北海道厚岸郡浜中町姉別3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)のである。電報略号アネ

姉別駅
駅舎(2018年9月)
駅舎(2018年9月)
あねべつ
Anebetsu
浜中 (10.1km)
(6.6km) 厚床
所在地 北海道厚岸郡浜中町姉別3丁目50番地
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線(花咲線)
キロ程 392.3km(滝川起点)
電報略号 アネ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1919年大正8年)11月25日
備考 無人駅
テンプレートを表示

歴史編集

 
1978年の姉別駅と周囲約500m範囲。右下が根室方面。駅裏にかつての副本線が、根室側の分岐が切られて引込み線化されているのが確認できる。短めの単式ホーム1面1線で、根室側が貨物ホームとして使用されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来編集

所在地名より。アイヌ語の「アネペッ[注釈 1]」(細い・川)に由来するとされる[3]

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては交換設備を有していたため、線路が当駅の前後で少しずつ曲がっている。初田牛駅新吉野駅と同じ意匠の待合所が設置される。根室駅管理の無人駅

利用状況編集

  • 2011年(平成23年)- 2015年(平成27年)の11月の調査日における乗降人員平均は「10名以下」[4]
  • 2012年(平成24年)- 2016年(平成28年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は2.0人[5]
  • 2013年(平成25年)- 2017年(平成29年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は1.8人[6]
  • 2014年(平成26年)- 2018年(平成30年)の特定の平日の調査日における乗車人員平均は2.6人[7]

駅周辺編集

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
根室本線(花咲線)
快速「はなさき」・快速「ノサップ」
通過
普通
浜中駅 - 姉別駅 - 厚床駅

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e JR釧路支社「鉄道百年の歩み」北海道旅客鉄道株式会社釧路支社 平成13年12月発行。
  2. ^ 北海道鉄道百年史 下巻 日本国有鉄道北海道総局 昭和56年3月発行。
  3. ^ アイヌ語地名リスト ア~イチ P1-10”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  4. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  5. ^ 根室線(釧路・根室間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102705/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/05.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  6. ^ 根室線(釧路・根室間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月19日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818152757/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/05.pdf 2018年8月19日閲覧。 
  7. ^ 根室線(釧路・根室間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集