姚 仁喜(ヤオ・レンシー、英語: Cris Yao/クリス・ヤオ、1951年12月6日[2] - )は、台湾台北市出身の建築家アメリカ建築家協会名誉研究員 (Honorary Fellowship of the American Institute of Architects[3]。台湾での数多くの公共建築を手がけたことで知られ、2019年日本初進出となった台湾の大手書店・雑貨チェーン「誠品生活」(東京日本橋)の店内設計も務めた。

姚仁喜
Kris Yao 20070828.jpg
画像説明
生誕 (1951-12-06) 1951年12月6日(70歳)
中華民国の旗 台湾 台湾省台北市
国籍 中華民国台湾
別名クリス・ヤオ
出身校東海大学
カリフォルニア大学バークレー校
職業建築家
配偶者姚任祥中国語版
受賞台湾建築奨中国語版(建築師雑誌):1999、2001、2003、2005、2006[1]
国家文芸奨(国家文化芸術基金会):2007[1]
遠東建築奨:1999、2000[1]など
所属 大元建築工場
建築物 台湾高速鉄道新竹駅、彰化駅、雲林駅など
プロジェクト 誠品書店など
姚 仁喜(クリス・ヤオ)
職業: 建築家
各種表記
発音転記: クリス・ヤオ
英語名 Kris Yao
各種表記(本名)
繁体字 姚仁喜
簡体字 姚仁喜
拼音 Yáo Rénxǐ
通用拼音 Yáo Rénsǐ
注音符号 ㄧㄠˊ ㄖㄣˊ ㄒㄧˇ
台湾語 Iâu jîn-hí
発音転記: ヤオ・レンシー
英語名 Yao Renxi
テンプレートを表示

人物編集

私立東海大学建築系(建築学科)学士(1975年卒)[3]カリフォルニア大学バークレー校環境デザインカレッジ英語版建築修士(1978年卒業)[4]

1985年に自身の建築師事務所「姚仁喜〡大元建築工場(KRIS YAO ARTECH、アルテック・アーキテクツ・アンド・アソシエイト)」を台北上海に設立[4]。作品の大部分は東アジアに所在する。オフィスビルおよび駅舎学校博物館などの公共建築を多数手がけている。代表作は蘭陽博物館中鋼集団総部大楼故宮博物院南部院区など[5][6]

ヴェネチア・ビエンナーレなどでインスタレーション作品やコクーンハウスの出展も行っている[7][8][9]

設計思想編集

姚は1つの物件でも業者のストーリー、所有者のストーリーや思想があると考えており、建築に「カメラのレンズ(を通した視点)」と「(街の)ストーリー性」を反映している[10]

長年の友人であるTVプロデューサーの王偉忠中国語版は上海で姚の建築展に参観し「姚は建築を一つの舞台と考えている」との印象を受けたと述べている[11]。かつてはニューヨークフィルムアカデミーで短期間だが映画を学んでいた[12]

建築家ではない兄弟も建築設計を学んでいたが、幼少時の両親が自由発想を許容していたからだと述べている。重病を患い週に1度しか登校できなかったときも、担任教師は姚に叱責や懲罰をしなかったといい、束縛なく育ったことが人生に影響を与えたと述べている。自宅療養中は辞典から漫画まで幅広く読書に耽った[10]。高校時は美術に興味をもち、画廊に通っていたが、進学先の東海大学には美術学科がなく建築学科を選択した。当時は厳格な校風の国立台湾師範大学にしか美術学科がなく、自分には合わないと諦めている[10]

姚は自身が頻繁な海外渡航で使っている台湾桃園国際空港が好きではなかった。駅や空港の建築は流動性を優先し、刹那的な感覚に囚われるためとしている。高鉄彰化駅の設計を受けた際は、駅では一般的な柱のない開放感とは逆に柱を多用したデザインを取り入れた。当地の名産である花卉を意識し、駅舎を温室に、内部の柱を花やサトイモに見立てた[10]

後年烏鎮戯劇節中国語版を「東洋のアヴィニョン演劇祭」とすべく戯劇節発起人も務めた台湾の演出家頼声川烏鎮の劇場こけら落とし公演のために友人だった姚に設計をオファーした[13]。姚は頼の代表作品「如夢之夢中国語版」と烏鎮の18、19世紀の情景を思い浮かべながらデザインしたという[10]

台北の聯合報大楼は建て替えで姚の設計による聯合・大於へと生まれ変わったが、姚は初めて社を訪問した際に地下室の印刷工場が印象に残ったため、活版印刷の活字棚に着想を得てビル外観のデザインに応用した[10]

家庭編集

3兄弟のうち次男で、長兄の姚仁禄中国語版(エリック・ヤオ)はデザイナー[14]。三男の姚仁恭は照明デザイナーで[15]、原住民の少年サッカーチーム「C33 Football League(三三足球聯盟)」創設者[16]。妻は作家の姚任祥中国語版

受賞編集

受賞物件編集

  • 1998年 - 元智大学図書館(台湾建築師雑誌:台湾建築奨佳作[21]
  • 1999年
    • 台北富邦商業銀行金融中心(台湾建築師雑誌:台湾建築奨中国語版佳作[21]
    • 大陸工程総部大楼/漢徳民生大楼(台湾建築師雑誌:台湾建築奨佳作[21]
  • 2001年 - 仁宝電脳企業総部大楼(台湾建築師雑誌:台湾建築奨[21]
  • 2002年 - 同上( 世界建築雑誌社:第1屆WA中国建築奨佳作[22]
  • 2007年 - 台湾高速鉄道新竹駅(財団法人徐元智先生紀念基金会中国語版:第六屆「遠東建築奨」佳作[23]
  • 2010年 - 蘭陽博物館(財団法人徐元智先生紀念基金会:第七屆「遠東建築奨」台湾区傑出奨[24]
  • 2012年
  • 2013年
    • 法鼓山農禅寺( 世界華人建築師協会(WACA):設計師大奨優秀作品[27]
    • 中鋼集団総部大楼( アーキタイザー:Architizer A+ アワード [28]
  • 2016年 - 故宮博物院南部院区(台湾建築師雑誌:台湾建築奨佳作[21]
  • 2019年 - 台大次震宇宙館(台湾建築師雑誌:台湾建築奨佳作[29]

主な作品編集

以下の年次は対象建築物竣工年を指す。

台湾編集

     
誠品生活敦南店 富邦金融中心 仁宝電脳
     
三立電視 大陸工程総部大楼 光寶科技
     
農禅寺 克緹大楼 新光信義金融大楼
     
台湾戯曲中心 台湾人壽総部大楼 華南銀行総部大楼
   
台湾大学次震宇宙館 聯合・大於
台北市
新北市
桃園市
新竹市
新竹県
彰化県
雲林県
嘉義県
台南市
高雄市
屏東県
宜蘭県
金門県
  • 国立金門技術学院(現・国立金門大学)多功能健康活動中心(体育館・プール)[57][58]
  • 2011年 - 金門和平紀念園区の平和の鐘[59]
       
元智大学図書館 新竹転運站 高鉄新竹駅 高鉄雲林駅
       
故宮南院とアーチ橋 南科考古館 屏東演芸庁 蘭陽博物館
     
板橋大遠百 中鋼集団総部大楼 高鉄彰化駅

台湾国外編集

  日本
 
誠品生活日本橋店
   
蘇州誠品 中国華潤大廈
  中国

書籍編集

脚注編集

  1. ^ a b c (英語)Return of the Modern”. Taiwan Today (2008年11月1日). 2019年10月13日閲覧。
  2. ^ (英語)Kris Yao”. 中華民国文化部 (2016年8月8日). 2019年10月30日閲覧。
  3. ^ a b c (繁体字中国語)賀!東海傑出校友姚仁喜 榮獲美國建築師協會榮譽院士”. 東海大学 (2014年2月12日). 2019年10月13日閲覧。
  4. ^ a b (繁体字中国語)成員”. 姚仁喜〡大元建築工場官方網站. 2014年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月26日閲覧。
  5. ^ (繁体字中国語)中鋼集團總部大樓 啟用”. 中時電子報 (2013年10月23日). 2014年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月26日閲覧。
  6. ^ a b c d (繁体字中国語)建築景觀特色”. 蘭陽博物館官方網站. 2013年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月26日閲覧。
  7. ^ (英語)Biennale shows off nation's architects”. Taiwan Today (2008年9月4日). 2019年10月13日閲覧。
  8. ^ (英語)venice architecture biennale 08: next gene 20 kris yao”. デザインブーム英語版 (2008年10月8日). 2019年10月13日閲覧。
  9. ^ a+u 2008年6月号”. 新建築社. 2019年10月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f (繁体字中国語)生活美學/建築師姚仁喜 說城市的故事”. 聯合報 (2019年5月13日). 2019年10月13日閲覧。
  11. ^ (繁体字中国語)姚仁喜X王偉忠 資深人夫笑談「室友」哲學”. 今周刊 (2017年9月21日). 2019年10月13日閲覧。
  12. ^ (繁体字中国語)建築師 姚仁喜蹺班學電影”. 遠見雑誌中国語版 (2003年12月1日). 2019年10月19日閲覧。
  13. ^ (繁体字中国語)烏鎮戲劇節 古城鎮藝術流竄”. Taiwan News 台灣英字新聞 (2015年10月21日). 2019年10月13日閲覧。
  14. ^ (繁体字中国語)面對關鍵人物/姚仁祿、姚仁喜、姚仁恭(1)三兄弟創意無限 父母的自由教育”. UDN TV (2014年8月16日). 2014年5月26日閲覧。
  15. ^ (繁体字中国語)實戰創意2∕姚仁祿,姚仁喜,姚仁恭 踏實父母,給他們的養分是自由”. 遠見雑誌中国語版 (2007年1月18日). 2019年10月13日閲覧。
  16. ^ (繁体字中国語)我的足球夢/足球、音樂、設計…姚仁恭的人生3事”. 自由時報 (2014年6月18日). 2019年10月13日閲覧。
  17. ^ (英語)DISTINGUISHED ALUMNI AWARD > ALUMNI 1998-2005”. カリフォルニア大学バークレー校. 2019年10月13日閲覧。
  18. ^ (繁体字中国語)中華民國傑出建築師獎得獎名單”. 内政部営建署中国語版 (2019年8月29日). 2019年10月13日閲覧。
  19. ^ a b c d (繁体字中国語)阮慶岳中国語版. “國家文藝獎 / 第十一屆”. 財團法人國家文化藝術基金會. 2019年10月13日閲覧。
  20. ^ (繁体字中国語)台卓越建設獎 郭敏能獲建築人物獎”. 大紀元 (2011年6月10日). 2019年10月13日閲覧。
  21. ^ a b c d e (繁体字中国語)歷屆得獎”. 建築師雑誌. 2019年10月10日閲覧。
  22. ^ (簡体字中国語)奖项 - ウェイバックマシン(2012年2月3日アーカイブ分) WA 中国建筑奖
  23. ^ (繁体字中国語)921地震教育園區 遠東傑出建築首獎”. 大紀元 (2007年12月16日). 2019-110-26閲覧。
  24. ^ (繁体字中国語)蘭博館、羅東小鎮 獲遠東建築獎”. 自由時報 (2010年9月8日). 2019-110-26閲覧。
  25. ^ (英語)The International Architectural Awards archive 2012”. シカゴ・アセニアム. p. 5. 2019年10月13日閲覧。
  26. ^ (繁体字中国語)實踐體育館圖資樓 獲景觀首獎”. 大紀元 (2013年1月4日). 2019年10月13日閲覧。
  27. ^ (簡体字中国語)2013年世界华人建筑师协会建筑设计· 优秀作品“法鼓山农禅寺”. 世界華人建築師協会 (2013年11月6日). 2019年10月13日閲覧。
  28. ^ (英語)2013 ARCHITIZER A+ AWARDS”. 2013年9月5日閲覧。
  29. ^ (繁体字中国語)基隆東岸廣場富藝旅 獲台灣建築獎首獎”. 中央通訊社 (2019年11月12日). 2019年11月12日閲覧。
  30. ^ (繁体字中国語)誠品敦南店重新開幕 爆人潮”. 自由時報 (2008年10月12日). 2019年10月13日閲覧。
  31. ^ (繁体字中国語)三立摩登樓颳復古龍捲風”. 台湾蘋果日報 (2004年4月19日). 2019年10月13日閲覧。
  32. ^ (繁体字中国語)光寶、中租迪和的新辦公室時代 P.106”. 今周刊中国語版 (2003年6月5日). 2019年10月13日閲覧。
  33. ^ “信義計画区を新たに彩るきれいでオシャレな趣”. ディスカバー台北 (台北市政府観光傳播局) (No.86): pp22-23. (2011年11/12月号). ISSN 20733461. https://www-ws.gov.taipei/001/Upload/public/MMO/ENGTPEDOIT/Dt86%20Japanese.pdf. 
  34. ^ (繁体字中国語)上海商銀仁愛大樓 ( 台北 )”. 富士達(フジテック台湾). 2019年10月19日閲覧。
  35. ^ (繁体字中国語)[清水模建築巡禮]台北‧農禪寺”. 自由時報 (2018年5月12日). 2019年10月13日閲覧。
  36. ^ (繁体字中国語)中天的夢想驛站/聖嚴法師遺願 姚仁喜悟建「農禪水月」”. 中天電視/Youtube (2013年6月8日). 2019年10月13日閲覧。
  37. ^ (繁体字中国語)2013- 台灣人壽金融總部大樓”. 雋大實業股份有限公司. 2019年10月13日閲覧。
  38. ^ (英語)Architecture in Taiwan: Dual Approaches”. 台北市美国商会英語版 (2016年4月21日). 2019年10月13日閲覧。
  39. ^ (繁体字中国語)美商地利富達進駐新光信義金融大樓”. Taiwan News (2011年5月31日). 2019年10月13日閲覧。
  40. ^ (繁体字中国語)「一桌二椅」趣味建築好吸睛!到臺灣戲曲中心「戲」看人生百態”. 自由時報 (2018年5月13日). 2019年10月13日閲覧。
  41. ^ (繁体字中国語)臺大次震宇宙館”. 建築師雑誌. 2019年10月10日閲覧。
  42. ^ (繁体字中国語)6米挑高+自然採光!NU SKIN如新生活台北旗艦館打造綠能新地標”. 聯合報 (2019年5月17日). 2019年10月13日閲覧。
  43. ^ (繁体字中国語)遠百信義A13第4季開幕 巨幕影廳、食尚、精品全收錄”. 自由時報 (2019年6月14日). 2019年11月3日閲覧。
  44. ^ (英語)Fubon Tower”. Renzo Piano Building Workshop. 2019年11月4日閲覧。
  45. ^ (繁体字中国語)遠東百貨板橋購物中心及辦公大樓”. 建築師雜誌 (2016年5月). 2019年10月13日閲覧。
  46. ^ (繁体字中国語)民視林口數位媒體總部”. 建築師雑誌. 2019年10月10日閲覧。
  47. ^ (繁体字中国語)法鼓文理學院”. 建築師雜誌 (2015年8月). 2019年10月13日閲覧。
  48. ^ (繁体字中国語)新北美術館動土 打造三鶯新地標”. TVBS (2018年12月4日). 2019年10月13日閲覧。
  49. ^ (繁体字中国語)新竹轉運站”. 建築師雜誌 (2017年7月). 2019年10月13日閲覧。
  50. ^ (繁体字中国語)高鐵之美/姚仁喜操刀 新竹站呈現在地客家意象”. 欣傳媒 Xinmedia (2012年9月3日). 2019-110-26閲覧。
  51. ^ 台湾高鉄彰化駅が米国際建築賞を受賞”. Taiwan Today (2016年4月20日). 2019年10月13日閲覧。
  52. ^ (繁体字中国語)高鐵雲林站今日動工 預定104年7月通車”. 大紀元 (2013年1月15日). 2019年10月13日閲覧。
  53. ^ (繁体字中国語)史前文化博物館南科考古館”. 建築師雑誌. 2019年10月10日閲覧。
  54. ^ 台湾史前文化博物館南科考古館、19日にグランドオープン”. Taiwan Today (2019年10月16日). 2019年10月13日閲覧。
  55. ^ (繁体字中国語)屏東演藝廳國際競圖 姚仁喜獲設計監造權”. 大紀元 (2009年10月3日). 2019年10月13日閲覧。
  56. ^ (繁体字中国語)宜蘭第二行政中心流標第8次 外界憂縣府喊卡”. 自由時報 (2019年1月30日). 2019年10月13日閲覧。
  57. ^ 國立金門大學多功能健康活動中心.mpg”. 2019年10月13日閲覧。
  58. ^ (繁体字中国語)斥資逾四億金大活動中心工程動工”. 金門日報 (2011年1月16日). 2019年10月13日閲覧。
  59. ^ 馬総統:金門はすでに平和の大道に”. Taiwan Today (2011年8月23日). 2019年10月13日閲覧。
  60. ^ 2019年9月27日(金)グランドオープン「COREDO室町テラス」のメインテナント 台湾から日本初進出の「誠品生活日本橋」 概要決定”. 三井不動産 (2019年5月16日). 2019年10月10日閲覧。
  61. ^ (繁体字中国語)漂浮江南水上的蓮與舫—「烏鎮大劇院」、「木心博物館」”. 欣傳媒 Xinmedia (2019年6月13日). 2019年10月13日閲覧。
  62. ^ (繁体字中国語)函谷山莊”. 建築師雑誌. 2019年10月10日閲覧。
  63. ^ (繁体字中国語)蘇州誠品”. 建築師雑誌. 2019年10月10日閲覧。
  64. ^ (繁体字中国語)深圳「春筍」落成!中國華潤大廈超高層創新技術詳解!”. 每日頭條 (2018年12月21日). 2019年10月13日閲覧。
  65. ^ (繁体字中国語)馬雲「湖畔大學」動工 台建築師姚仁喜操刀”. TVBS (2017年10月1日). 2019年10月13日閲覧。

外部リンク編集