メインメニューを開く

姫鶴一文字(ひめつるいちもんじ、ひめづるいちもんじ)は、鎌倉時代作の太刀。国の重要文化財に指定されている[1]。指定名称は「太刀 銘一(号 姫鶴一文字)附 黒漆合口打刀拵」。

目次

刀身・外装編集

刃長71.5cm、反り2.1cm、拵は全長104.4cm[1]。刃紋は鎌倉中期に長船派によって生み出された丁子乱に数珠刃などが混じり[2]、変化の豊かなものとなっている[3]

拵は鍔の無い合口拵えで、上杉家刀剣に特徴的な様式である[1]。日本刀装具美術館館長の廣井は2001年の論文で上杉家伝来の打刀拵は大まかに2種類に分類することができ、姫鶴一文字をそのうちの片方に分類できるとしている[4]。その特徴として刃の方が鞘の厚みが薄く、断面が卵のような形をとり、下げ緒を通すための栗型が山のような形状で高く作られており[5]、柄の先端部が大きめに作られており、輪鼓と呼ばれる飾りが目立つものであるとしている[4][6]。柄巻は藍革巻[注釈 1]

伝来編集

上杉景勝自筆腰物目録に上秘蔵「ひめつる一もんし」の名称で記されている[3]。名の由来には諸説あり、昭和33年(1958年6月に開催された「歴史が物語る名刀展」リーフレットの解説では、波紋が鶴の翼に似ていることを挙げている[8]。2001年の米沢上杉博物館にて開催された展示では号の由来は曖昧なものとされている[3]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現在では青がかった緑色となっているが、これは燻革(ふすべかわ:松葉などの煙でいぶした革。武具に使うものは鹿革をいぶしたものが一般的である)を藍染めにしたため、経年変化で色が褪せた結果、このような色味になったと推測されている[7]

出典編集

  1. ^ a b c 渡邉 2017, p. 27.
  2. ^ 広井 1971, p. 35.
  3. ^ a b c 米沢市上杉博物館 2001, p. 13.
  4. ^ a b 廣井 2001, p. 74.
  5. ^ 「栗形」、『デジタル大辞泉』 (朝日新聞社)。 オリジナルの2019年2月11日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190211013431/https://kotobank.jp/word/%E6%A0%97%E5%BD%A2-486082 
  6. ^ 「輪鼓/輪子」、『デジタル大辞泉』 (朝日新聞社)。 オリジナルの2019年2月11日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190211014605/https://kotobank.jp/word/%E8%BC%AA%E9%BC%93-658679 
  7. ^ 高山 2006, p. 25.
  8. ^ 日本美術刀剣保存協会協力団体庄内支部 『歴史を物語る名刀展 1-1』 日本美術刀剣保存協会協力団体庄内支部、2012年7月15日。 オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20171111041740/http://toukensyonai.blog.fc2.com/blog-entry-94.html2017年11月11日閲覧 

参考文献編集

  • 高山一之 『日本刀の拵―高山一之作品集』 慶友社、2006年。ISBN 978-4874492390 
  • 竹村雅夫 『上杉謙信・景勝と家中の武装』 宮帯出版社、2010年。ISBN 978-4863660564 
  • 広井雄一 『刀剣のみかた: 技術と流派』 第一法規出版株式会社、1971年。 
  • 米沢市上杉博物館 「太刀 銘 一 (号姫鶴一文字)」、『開館記念特別展 上杉家の至宝』、2001年9月29日。 
  • 廣井雄一 「上杉家に伝来した刀剣・甲冑」、『開館記念特別展 上杉家の至宝』、2001年9月29日。 
  • 上杉博物館; 佐野美術館; 埼玉県立歴史と民俗の博物館 『上杉家の名刀と三十五腰』 佐野美術館、埼玉県立歴史と民俗の博物館、米沢市上杉博物館、2017年9月23日。ISBN 978-4-915857-95-9 
    • 渡邉妙子 『太刀 銘 一 (姫鶴一文字) 黒塗合口打刀拵』、2017年9月23日、27頁。 

外部リンク編集