子路

孔子の高弟、孔門十哲の一人

子路(しろ、紀元前543年 - 紀元前481年[1])は、孔門十哲の一人である。姓は、名はであるが、『論語』ではの子路をもってしばしば言及される。季路とも呼ばれる。また、二十四孝の一人に選ばれることもある。

母のために米を背負って百里歩いた二十四孝の話にちなんだ像
『読書の月』(月岡芳年『月百姿』)

生涯編集

国出身。孔子門下でも武勇を好み、そのためか性格はいささか軽率なところがある反面、質実剛健たる人物であった。『論語』には、性格の軽率さを孔子にとがめられるも、その人物の率直なるを持って愛された姿が記される(「我とともにするは、それ由なるか」)。弟子の中で『論語』に出てくる回数が最も多い。

史記』「孔子世家」と「衛康叔世家」によれば、の高官にとりたてられ、衛の太子蒯聵の反乱を諫めたが、しまいには「太子には勇気がない。この高殿を放火すれば、太子はきっと孔悝中国語版を放逐されるだろう」と言い放ったために、激怒した蒯聵の家臣の石乞と于黶が投げた戈で落命した。死の直前、冠の紐を切られた彼は、「君子は冠を正しくして死ぬものだ」と言って結びなおしたという。子路の遺体は「醢(かい、ししびしお)」にされた(死体を塩漬けにして、長期間晒しものにする刑罰)。これを聞いた孔子は悲しみにより、家にあったすべての醢(食用の塩漬け肉)を捨てさせたと伝えられる。

子路與子羔仕於衞。衞有蒯聵之難。孔子在魯聞之、曰、柴也其來。由也死矣。既而衛使至。曰、子路死焉。夫子哭之於中庭。有人弔者、而夫子拜之。已哭。進使者而問故。使者曰、醢之矣。遂令左右皆覆醢。曰、吾何忍食此。

孔子,『孔子家語

明治書院版『孔子家語』の訳者である宇野精一は、「衛の人が子路の遺体を塩漬けにしたのは、単に刑罰として行ったのではなく、おそらくその肉を食ったのだろう。それは勇者の肉を食うことに意味があったのだと考えられる」としている[2]。なお、勇者の肉を食らうことはよくみられる現象であり、トマス・アクィナスの遺体も弟子たちによって食されている[3]

子路が国の大夫である孔悝荘園の行政官になっていたころ、衛国に父子の王位争いが起こり、子路は騒動にまきこまれて、殺された。子路の遺体は細かく切りきざまれ、「」(死体を塩漬けにする「刑罰」)にされたという記述が『礼記』『東周列国志』『荘子』などに記されている。当時の中国では、死体を塩漬けにする「刑罰」としての「醢」と、漬物の意味で、「塩漬け」としての「醢」があったが、黄文雄は、そこから転じて、孔子が人肉を食していたとして、この逸話を紹介している[4]

子路が衛国の大夫である孔悝中国語版の荘園の行政官になっていたころ、衛国に父子の王位争いが起こった。子路はこのお家騒動にまきこまれて、殺された。子路の屍は細かく切りきざまれ、無惨にも〈醢〉にされた。それは使者によって孔子の食卓にまで届けられてきたのだ。
以来、孔子は大好物の〈醢〉を食べるのをやめたそうだ。

—不明(礼記)、蔡元放(東周列国志)、荘子,『礼記』、『東周列国志』、『荘子[5]

『礼記』『荘子』の原文は以下の通りである。

檀弓上:孔子哭子路於中庭。有人吊者,而夫子拜之。既哭,進使者而問故。使者曰:「醢之矣。」遂命覆醢。

—不明,『礼記』[6]

子以甘辭說子路而使從之,使子路去其危冠,解其長劍,而受教於子,天下皆曰『孔丘能止暴禁非』。其卒之也,子路欲殺衛君而事不成,身菹於衛東門之上,是子教之不至也。

—荘子,『荘子』[7]

黄文雄は、「カニバリズムについては、今までの多くの研究がなされ、無数の論文が書かれてきた。ところで、これまでの研究は、未開人の人食い現象だけを対象としてとりくみ、カニバリズムを特殊な風習として説明することが多かった。そして、『文明人』の食人文化には、目をそむけたまま、学術の仮面をかぶった仮説がはびこっているのである。…中国の食人文化を解明せずに、中国の歴史文明を云々することができないごとく、中国の食人文化の研究なくして、カニバリズムを語ることもおかしいのだ」として、食人の例として「孔子も食人主義者」であった、としている[8]。黄文雄は、「(孔子は)目がないほどの『』大好き人間だったのだ。子路は、この孔子の十大弟子の一人である。政治的才能に優れ、正義感が強く、勇気もあった男である。孔子は彼の率直な性格を愛したが、つねに義憤を感じて蛮勇に走るのを心配していた。子路が衛国の大夫である孔裡の荘園の行政官になっていたころ、衛国に父子の王位争いが起こった。子路はこのお家騒動にまきこまれて、殺された。子路のは細かく切りきざまれ、無残にも『醢』にされた。それは使者によって孔子の食卓にまで届けられてきたのだ。以来、孔子は大好物の『醢』を食べるのをやめたそうだ。これは『礼記』『東周列国志』『荘子』にも記されている」と述べている。また古代中国の刑罰に、人体を塩漬にする刑があり、子路はこの刑罰の犠牲となり、「醢」について黄文雄は、「『醢』とはいったいどういうような料理か。西晋皇甫謐の『帝王世紀』『史記正義』の殷本紀の注によると、『醢』は人肉をきざみ、麹や塩をまじえて、酒漬けにするものとあり、…」と定義している[8]中島敦も、子路を主人公とした小説『弟子』の結びで同様のエピソードを用いて、「(孔子は)子路の屍が醢にされたと聞くや、家中の塩漬類を悉く捨てさせ、爾後、醢は一切食膳に上さなかったということである」としている。しかし、両者の記述を比較すると、黄文雄は、子路の「醢」が孔子の食卓にまで届けられたという話になっているが、中島敦は、子路の「醢」が孔子の食卓にまで届けられたなどとは一切記していない[8]。黄文雄の説が史実であるならば、中島敦は小説翻案時に何故採録しなかったのか、という疑問がわくが、結論をいえば、中島敦の小説の方が史実に近い。『礼記』檀弓上第三に、「孔子哭子路於中庭。有人弔者,而夫子拝之。既哭,進使者而問故。使者日,醢之矣。遂命覆醢。(孔子、中庭に子路を哭す。人の弔する者ありて、夫子これを拝す。既に哭して、使者を進めて故に問う。使者曰く、これを醢にす、と。遂に命じて醢を覆さしむ。)」とあるからである[8]

松田徹は、「食人の例として『孔子も食人主義者』であった、としている点を再検討しようとするものである」として、黄文雄の主張の問題点を以下指摘している[8]

  1. 子路の「醢」が孔子の食卓に届けられたという根拠は、『東周列国志』に、衛の使者が珍味ですといって孔子に醢を届けたところ、孔子は一目見てこれを子路の肉と気付き引っくり返えさせた、という部分である。しかし、『東周列国志』は小説であるため、記載されていることが必ずしも史実とはいえない。『東周列国志』は明代小説であるため、2世紀から3世紀三国志を研究をするのに吉川英治の『三国志』を史料としたり、日清戦争日露戦争を研究するのに司馬遼太郎の『坂の上の雲』を史料にするようなものである[8]
  2. 孔子が大好物だった「醢」をめぐる解釈が問題であり、「醢」について、『周礼』に「作醢及臠者,必先膊乾其肉,乃後董之,雜以粱麹及鹽,漬以美酒,塗置瓶中百日則成矣。(醢及び臠を作るものは、必ず先ずその肉を膊乾し、すなわち後にこれを莖んで、雜うるに粱麹及び鹽を以てし、漬けるに美酒を以てし、瓶中に塗りて置くこと百日にしてすなわち成る)」とある。要するに、「醢」の製法はを乾かしてからこまかく刻み、麹と塩とを混ぜ合わせ、上等ので漬けて瓶に密封し、百日経つと完成するというものであり、「醢」は単に刑罰の名称というだけではなく、人肉のみを材料としたものでもない。「現在は食品としてすたれてしまった観のある『醢』だが、孔子の時代には極めてポピュラーな食品であって、決して人肉を材料とした特殊なものではなかったのである。こうした『醢』の実態を知らなかった黄氏は、桑原博士の論文を安易に依拠しすぎ、その上史料的吟味を怠った結果、醢=人肉を材料にした料理という短絡的な解釈を前提に、孔子が人肉を材料とする『醢』を食卓に常備していたかのごとく解釈して、醢の好きな孔子は人肉愛好者という史実とはいいがたい結論に到達してしまったようである」[8]

論語中の子路編集

彼は最初、雄鶏を帽子につけ、豚の皮を腰の剣につけて孔子に無礼を働いた。孔子は彼を次第に導き、彼はその弟子となった。孔子は彼が勇敢であること、大胆であることを戒めることが多かった。例えば子路が「聞いたことはすぐに行いましょうか」と尋ねると慎重にするように言い、冉有が同じことを聞いたとき「すぐに行え」と言った。赤がこれについて尋ねると「由は人をしのぐからこれを押さえた」と述べた(先進編)。

また、ある時孔子は「道が行われないから、いっそ海に出ようか、ついてくるのは由だろう」とその勇敢さを取り上げて彼を喜ばせたが、それに続いて「しかし君には筏の材料がないね」と言った(公治長編)。他方で、彼の琴の音を孔子が批判したために他の門人が彼を軽んじたときには、「由はすでに堂には上がっているのだ」と述べ、彼がすでに高い境地にいることを語っている(先進編)。

また、ある時には、「敝たる縕袍を衣、孤貉を衣たる者と立ちて恥じざる者は、其れ由なるか」と外見を取り繕うことのない姿勢を評した(子罕編)。

子路を扱った小説編集

  • 中島敦の小説『弟子[1]
    • 孔子に弟子入りした子路がその直情径行な性格と儒学の大きな差の中で苦しみつつ学んでいく姿と、子路を叱りつつも彼を愛した孔子とを情感豊かに描いている。

脚注編集

  1. ^ 生没年については(紀元前542年 - 紀元前480年)とする資料もある。
  2. ^ 『孔子家語』 53巻、宇野精一 訳、明治書院〈新釈漢文大系〉、1996年10月10日、588頁。ISBN 978-4625570537 
  3. ^ 稲垣良典 『トマス・アクィナス』講談社講談社学術文庫〉、1999年5月10日、234頁。ISBN 4061593773 
  4. ^ 黄文雄 『呪われた中国人 “中国食人史"の重大な意味』光文社カッパ・ブックス〉、1990年9月、18頁。ISBN 4-334-00499-7 
  5. ^ 黄文雄 『呪われた中国人 “中国食人史"の重大な意味』光文社カッパ・ブックス〉、1990年9月、39頁。ISBN 4-334-00499-7 
  6. ^ 禮記 : 檀弓上” (中国語). 中國哲學書電子化計劃. 2022年1月27日閲覧。
  7. ^ 莊子 : 雜篇 : 盗跖” (中国語). 中國哲學書電子化計劃. 2022年1月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 松田徹 『「醢」小考 : 孔子食人説に対する批判』麗澤大学中国研究〉、1992年3月。 

関連項目編集