メインメニューを開く

中島 敦(なかじま あつし、1909年明治42年)5月5日 - 1942年昭和17年)12月4日)は、日本小説家。代表作は『山月記』『光と風と夢』など。遺作の一つに『李陵』があり、死後出版された全集は毎日出版文化賞を受賞した。『山月記』は新制高等学校国語教科書に広く掲載されている。第一高等学校東京帝国大学を卒業し、私立横浜高等女学校教員、パラオ南洋庁官吏(教科書編修書記)を経て専業作家になるも、持病悪化のため33歳で病没[2]

中島 敦
(なかじま あつし)
AtsushiNakajima.jpg
1940年前ごろ
誕生 1909年5月5日
日本の旗 日本東京府東京市四谷区箪笥町59番地
死没 (1942-12-04) 1942年12月4日(33歳没)
日本の旗 日本・東京府東京市世田谷区
墓地 多磨霊園[1]
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 東京帝国大学国文科
活動期間 1942年
ジャンル 小説
代表作山月記』(1942年)
光と風と夢』(1942年)
李陵』(1942年)
デビュー作 『古譚』(山月記、文字禍)(1942年)
配偶者 橋本たか
子供 長男・桓 長女・正子(生後3日目に死亡) 次男・格(のぼる)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

生涯編集

生い立ち編集

1909年5月5日に、東京市四谷区箪笥町59番地[注釈 1]にある母の実家・岡崎家において生まれる[4])。

父の中島田人は旧制中学校の漢文教員であった[5]漢学者の祖父・中島撫山は敦の幼少時に亡くなっていたものの、後述するように伯父には学者の中島竦らがいて、彼らを通して儒学の影響を受けた[5]

生母のチヨは元小学校教師だったが[3]、両親の離婚、再婚、死別により、二人の継母と暮らした[6]。父や継母たちとの折り合いは必ずしも良くなかったという[7]

教師の父の転勤で、奈良県の郡山小学校から浜松西小学校へ、さらに朝鮮総督府立京城龍山小学校へと転校する[8]。その後、京城中学校に入学しており、小学校・中学時代を通して成績は極めて優秀だった[9]

この龍山小学校・京城中学時代を通して、中島敦は合わせて5年半を朝鮮半島で暮らしている[8]。初期の複数作品における植民地時代の朝鮮の描写は、その後に得た朝鮮に関する知識によるところも大きいものの、この頃の朝鮮での経験をベースとしたものであるとされる[10]

東京、横浜時代編集

旧制中学校を4年修了で、第一高等学校に入学する[6][11]第一高等学校入学後、家を出るが、湿性肋膜炎のため1年休学[11]。喘息の発作に悩まされながら小説を書き始める[11]1927年(昭和2年)、『校友会雑誌』に「下田の女」を発表する[6][11]。その後も『校友会雑誌』に、「ある生活」、「喧嘩」、「蕨・竹・老人」、「巡査の居る風景―一九二三年の一つのスケッチ」、「D市七月叙景(1)」を発表する[6]

1930年4月に東京帝国大学文学部国文学科に入学するが、未完作品「北方行」の準備を除けば、大学時代には文学活動への関与はあまりなく、将棋に興じ、またダンスホールや麻雀屋に入り浸る生活を送っていたという[12]。一方で、永井荷風谷崎潤一郎正岡子規上田敏森鴎外らのほぼ全作品を読むなど読書にも熱中し、『耽美派の研究』と題する卒業論文を書いた[13]

中島敦は当時の就職難に苦しみ、朝日新聞社の入社試験に落ち、また叔父の満州国高級官僚の中島比多吉に就職の斡旋を依頼するなどしていた[14]。結局、1933年4月、祖父の縁で横浜高等女学校[注釈 2]で教員となる[15]。担当科目は国語・英語(および後にこれに加えて歴史・地理)であり、週二十三時間の授業を受け持ったという[16]。女学校教師時代も多趣味な生活を送り、また生徒からもかなりの人気があった[16]

同年12月には橋本タカという女性と結婚するが[15]、タカは大学時代に麻雀屋で知り合った女性であった[12]

教師時代に多くの作品を執筆しており[17]、特に1934年(昭和9年)7月、「虎狩」を『中央公論』新人号に応募して、選外佳作10編に入る[11]

パラオ時代、帰京後編集

しかし、喘息の悪化によって中島は教師を続けることが困難となり[18]1941年(昭和16年)6月にパラオに出発する[6]。中島敦は転地療養を兼ねてパラオ・コロール町(コロール島コロール)の南洋庁の編修書記に任じられ、現地の教科書作成業務に携わりながら「環礁―ミクロネシヤ巡島記抄―」を執筆するがたびたび病に冒され、勤務が難しい状態にあった[19][20][21]。南洋庁で孤立した中島敦だったが、東京美術学校彫刻科出身の土方久功のみとは親しかったという[22]

これに先立って、以前から交流のあった作家・深田久弥にいくつかの原稿を託した[23]11月9日には、妻タカに向け、「自分が死んだら、深田久弥に預けた原稿を、他の原稿と一緒にしまっておき、子どもたちのいずれかが成人して文学を愛好するようなら渡してほしい」との手紙をしたためている。

一方、深田久弥は託された4篇から成る「古潭」の原稿を『文學界』に推薦し、そのなかから編集の河上徹太郎が2篇(「山月記」「文字禍」)の掲載を決めた[24]

こうして1942年(昭和17年)2月号の『文學界』に、「山月記」と「文字禍」が「古潭」と題して掲載される[24]。深田久弥は、中島敦に宛てて、掲載を知らせる手紙を送ったが、同年3月にパラオより帰国した中島敦が手紙を受け取ったのは、パラオから東京に戻ったあとであった[25]

続けて「光と風と夢」を『文學界』5月号に発表し、後者は芥川賞候補となる[26]。しかし、同作品は室生犀星川端康成の二人の選考委員が高く評価したのみで、他の選考委員からの支持が得られず落選する[26]

同年中には、7月に第一創作集『光と風と夢』、11月に第二創作集『南島潭』が出版される[26]。専業作家生活に入るが、持病の気管支喘息悪化のため、12月4日の午前6時に世田谷の岡田医院で死去[2]。33歳没[11][27]

未発表であったいくつかの作品は遺作として没後に発表され、「李陵」は1943年(昭和18年)7月号の『文學界』に掲載された[2]。「李陵」という題は深田が、遺稿に最も無難な題名を選び命名したもので、中島自身はいくつかの題を記したメモを遺している。

略年譜編集

 
1934年2月に撮影された中島敦。

家族・親族編集

中島家は代々、日本橋新乗物町(現在の東京都中央区日本橋堀留町)で駕籠を製造販売する商家であった[29]。敦の祖父・中島慶太郎(号を撫山)は家業を嫌い、漢学者亀田稜瀬の門下となり、稜瀬没後はその後継者となった亀田鶯谷に師事した[30]。後に埼玉県南埼玉郡久喜町(現久喜市)に漢学塾「幸魂教舎」を開いている[31]

斗南先生』のモデルとなった伯父・中島端[注釈 4][注釈 5]亀田鶯谷のもとで漢学を学び、私立中等教育機関「明倫館」の創設に携わった他、中国問題に関する著作などを著した[33]。別の伯父・中島竦[注釈 6]は、善隣書院でモンゴル語・中国語を教授しつつ、中国古代文字の研究を行った人物であった[35]。敦はこの竦と親しく、将棋を指すために伯父の竦の家に数日間滞在することもあったという[36]

他に中島若之助・中島開蔵・中島比多木などの伯父・叔父がおり、みな漢学を修めて世に出ている[37]。中島家の漢学の系譜は村山吉廣により調査され、『評伝・中島敦 家学からの視点』(中央公論新社、2002年)としてまとめている[38]

敦の父・中島田人は撫山の六男であり、父や兄の端や竦のもと幸魂教舎で学び、、検定試験によって漢文科教員の免許を取得したあと、兄たちの関わった明倫館をはじめ複数の学校で教員を務めた[39]。田人自身は敦に漢文を教えておらず、また親子の折り合いは良くなかったものの、敦の病没の直前には漢籍について家で話すなど関係が改善していたという[39]

なお、甥(妹の息子)に小説家の折原一がいる[40]

作品編集

作風編集

中島敦は漢文古典に対する素養が深く、漢文的な文体を特徴とするとともに、中国古典を下敷きとして自らの小説を創作した作家であるとされてきた[41]。そのため、知識人・文人的傾向が強く、同じように古典を素材にして小説を書いた森鴎外・芥川龍之介の流れを汲んでいると考えられている[41]。『山月記』などのように、中国古典を下敷きにしたものが、中島敦の作品の代表的なものである[41]。そのなかでも、一般的に『李陵』が最も優れた作品であると考えられている[42][43]。 

ただし、古典を踏まえて作品を作るという手法が取り入れられ、またその文体が成立したのは、『古潭』4編以降のことであると考えられている[44]。それ以前の未完の長編作品『北方行』は現代中国を描いたものであり[41]、また私小説としての性格を持ったものだった[45]。『北方行』の執筆を断念した後、中島敦は私小説の手法ではなく、『弟子』『李陵』のように、歴史上の人物を通して人間を描く方法をとるようになっていったのである[45]

中島敦は朝鮮・満州・南洋と多くの日本の外地を訪れており、その経験から日本の植民地支配を意識した作品を書いていることも特徴である[46]。ただし、小谷汪之によれば、朝鮮については複雑・重層的に描写される一方で、南洋の描写は表層的なものに留まっている[47]。小谷によれば、この理由は、朝鮮については様々な知識のなかで経験を文脈づけて描写したものであるのに対し、南洋については単に経験したことをそのまま表現したものにすぎないという相違があったからであるという[47]

作品一覧編集

作品集(近年刊)編集

(全集)

  • 筑摩書房『中島敦全集』(3度刊行[注釈 7]、現行版は全3巻、別巻1 NCID BA54121705
  • ちくま文庫版 『中島敦全集』(全3巻、1993年 NCID BN09199379
  • 文治堂書店 『中島敦全集』(全4巻、1959-1961年 NCID BN08357543、1963年改訂第2版 NCID BN11560760

(文庫)

(朗読)

人物編集

政治思想編集

中島敦は政治に関心を持たなかったとも言われる[48]が、川村湊は、「北方行」の作品内容から、伯父の中島斗南や中島比多吉の影響を受けて、現代中国の政治問題に関心があったのではないかと指摘している[41]。「北方行」には張作霖爆殺事件後の中国の政治抗争過程が詳しく綴られていた[49]。また、中学時代には、急進的な総合雑誌『改造』を読んでいたために停学処分を受けそうになった同級生・湯浅克衛を強く擁護したといエピソードも知られている[50]

太平洋戦争については、日本の勝利の知らせには喜びつつも[51]、トラック諸島夏島で現地民が戦争準備のための過酷な労働に従事させられている姿を見て、否定的な考えを持つようになった[52][47]。文学の戦争協力についても、文学の純粋性を損なうものとして否定的であったと思われている[48]。なお、ミクロネシアで触れた太平洋戦争の影は、「弟子」・「李陵」などの後期の作品に見られる「人間の生の意味を問う」というテーマに影響を与えているとされる[48]

評価・影響・受容編集

すでに戦後の国定教科書『中等国語』において、中島敦の作品「弟子」が孔子に関する補助教材として採用されていたという[53][54]。この「弟子」の教科書採用が、のちの「山月記」の検定教科書での採用のきっかけのの一つになったとされる[53][55]

さらに、戦後の1948年に『中島敦全集』全3巻が筑摩書房から刊行され[56]、翌年の1949年には毎日出版文化賞を受賞する[57]。受賞にあたり、選考委員の吉川幸次郎桑原武夫は、「李陵」・「山月記」の名を挙げつつ、中島敦の文学について芥川龍之介の亜流であるというこれまでの評価を否定し、その透明性・美しさをを高く評価する書評を寄せた[57]

当時の毎日出版文化賞は、用紙不足からくる「良書主義」・「悪書追放運動」の一環として行われており、同賞を受賞することで『中島敦全集』は「良書」の代表として社会に受け入れられることとなった[57]。そして、この毎日出版文化賞受賞の影響を受けて、翌年の1950年の検定教科書の一つに「山月記」がはじめて教材として採用されることとなる[57]。1951年には別の2社の教科書も「山月記」を取り入れ、さらに1952年には実教出版の教科書が「李陵」の一部を「司馬遷」と題して収録しており、「弟子」「李陵」「山月記」の3作品の教科書での掲載数は増加していった[54]

昭和二十六年度版学習指導要領では、高校生の読書能力を高めるための「読書指導」の重要性が強調されており、「山月記」はそのための理想的な教材として受け入れられた[57]。他方で、中島敦の作品は旧来の儒学思想・漢文の保守的な伝統を引き継ぐものであるとも見られていた[58]。そのため、民主教育の立場に立つ人々や、国語教育の新しいあり方を探ろうとしていた柳田国男時枝誠記らの一部の教科書編者は教科書採用に肯定的ではなかったという[58]

その後も「山月記」は教科書に掲載され続け、高校国語教科書において最も多く採録された作品となっており、「国民教材」となった[59]。そして、教育現場では「山月記」を通して生き方を反省するという道徳的な点に指導内容の重きが置かれるようになり、この点が文学研究者たちの批判を招いている[59]

記念碑編集

保存活動・企画展編集

神奈川近代文学館には中島家から寄贈された資料による「中島敦文庫」が収められており[66][67]

も発行されている[68]。また、同館は没後60年[66]、没後75年[69]、生誕100年[70]、生誕110年[71]には企画展を開催しており、

  • 『没後五〇年 中島敦展 一閃の光芒』 神奈川近代文学館、1992年9月。NCID BN08477024
  • 『中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯』 神奈川近代文学館・展覧会図録。2019年9月。[72]

といった刊行物も発行した[73]

なお、文学に親しむ若者が減少していることへの懸念から、漫画作品のようなサブカルチャーとコラボレーションした企画が文学館で行われるようになっている[74][71]。神奈川近代文学館でも2019年の企画展で「文豪ストレイドッグス」とのコラボレーション企画を実施した[75][71]。同作には「中島敦英語版」という主人公が登場しており[76][77]、この漫画作品の読者が中島の作品も読むようになるケースが見受けられるという[71]

関連作品編集

絵本編集

舞台作品編集

中島にちなんだ人物が登場する作品編集

関連文献編集

#参考文献節も参照。

評伝・年譜編集

作品論編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現在の新宿区三栄町[3]
  2. ^ 横浜学園高等学校
  3. ^ 南洋庁から正式に辞令が下ったのは9月になってからである。
  4. ^ 通称が端蔵、号は斗南[32]
  5. ^ 戸籍謄本上は長男と記載されているが撫山には先妻との間に子があり、実際は撫山の次男。
  6. ^ 号は玉振[34]
  7. ^ 1948年刊 全3巻NCID BN04708577、1976年刊 全3巻 NCID BN00960949、2001-2002年刊 全3巻別巻1冊NCID BA54121705

出典編集

  1. ^ 歴史が眠る多磨霊園 中島敦”. 2018年10月18日閲覧。
  2. ^ a b c 「年譜」(李陵 2003, pp. 216-218)
  3. ^ a b 勝又 2004, p. 8.
  4. ^ 勝又 2004, p. p3.
  5. ^ a b 勝又 2004, pp. 5-12.
  6. ^ a b c d e 日本近代文学館、小田切進 編『日本近代文学大事典 第二巻』 講談社、1977年、495-497頁、NCID BN00742846
  7. ^ 勝又 2004, pp. 13-21.
  8. ^ a b 小谷 2019, p. 9.
  9. ^ 勝又 2004, pp. 8-9.
  10. ^ 小谷 2019, pp. 25-26.
  11. ^ a b c d e f 磯田光一ほか編『新潮日本文学辞典』 新潮社、1988年1月、908-909頁、ISBN 4107302083
  12. ^ a b 小谷 2019, pp. 18-19.
  13. ^ 勝又 2004, p. 10.
  14. ^ 勝又, pp. 27-29.
  15. ^ a b 小谷 2019, p. 31.
  16. ^ a b 勝又 2004, pp. 29-31.
  17. ^ 勝又 2004, p. 30.
  18. ^ 小谷 2019, pp. 31-32.
  19. ^ 小谷 2019, p. 34.
  20. ^ 飯倉照平「註――環礁」(山月記 1994, pp. 387-394)
  21. ^ 木村一信「作家案内」(斗南先生 1997, pp. 295-307)
  22. ^ 小谷 2019, pp. 34-35.
  23. ^ 村山 2002, pp. 123-124.
  24. ^ a b 川上 2009, pp. 197-198.
  25. ^ 神奈川近代文学館 2019, p. 41.
  26. ^ a b c 勝又 2004, pp. 71-72.
  27. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』原書房、2015年7月、165頁、ISBN 9784562051878
  28. ^ 橋本正志「旧南洋群島における国語読本第5次編纂の諸問題 ― その未完の実務的要因を中心に ―」、立命館大学文学部、2018年11月29日閲覧。
  29. ^ 西原 2004, p. 103.
  30. ^ 村山 2002, p. 12-15.
  31. ^ 西原 2004, pp. 103-104.
  32. ^ 村山 2002, p. 60.
  33. ^ 村山 2002, p. 60-70.
  34. ^ 村山 2002, p. 70.
  35. ^ 村山 2002, p. 70-80.
  36. ^ 勝又 2004, pp. 7-8.
  37. ^ 西原 2004, p. 103-105.
  38. ^ 西原 2004.
  39. ^ a b 村山 2002, pp. 91-95.
  40. ^ 川村湊 (2009年2月).“作家の家系”. 情報・知識&オピニオン imidas. 集英社. 2019年10月19日閲覧。
  41. ^ a b c d e 川村 2009b, pp. 2-3.
  42. ^ 勝又 2004, pp. 153-154.
  43. ^ 吉田 1984, pp. 155-156.
  44. ^ 小沢 2009, p. 140.
  45. ^ a b 勝又 2009, pp. 40-43.
  46. ^ 川村 2009b, pp. 4-8.
  47. ^ a b c 小谷 2019, pp. 205-209.
  48. ^ a b c マッカーシー他 200p, pp. 112-115.
  49. ^ 小谷 2019, pp. 13-14.
  50. ^ 小谷, 2019 & 9-12.
  51. ^ 小谷 2019, p. 178.
  52. ^ 小谷 2019, p. 173-176.
  53. ^ a b 佐野 2013, p. 33-41.
  54. ^ a b 川村 2009a, pp. 10-14.
  55. ^ 川村 2009a, pp. 14-15.
  56. ^ 川村 2009a, p. 341.
  57. ^ a b c d e 佐野 2013, p. 44-54.
  58. ^ a b 川村 2009a, pp. 14-16.
  59. ^ a b 佐野 2013, pp. 11-12.
  60. ^ a b c 高橋ほか編 2002, p. 511.
  61. ^ a b c 神奈川近代文学館 1992, p. 2.
  62. ^ a b c 田井有紅 編『文豪聖地さんぽ』 一迅社、2016年、76-78頁、ISBN 9784758015059
  63. ^ 二松学舎大学文学部国文学科編『神奈川 文学散歩』 新典社、2013年、115-116頁。
  64. ^ 名作の中のヨコハマ。”. 横浜観光コンベンション・ビューロー. 2019年10月6日閲覧。
  65. ^ a b 中島敦ゆかりの地”. 久喜市. 2019年10月6日閲覧。
  66. ^ a b 収蔵コレクション展6「中島敦文庫」”. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  67. ^ 宝島社 2009.
  68. ^ 中島敦文庫直筆資料画像データベース”. 刊行物一覧. 神奈川近代文学館. 2019年10月21日閲覧。
  69. ^ 田沼光明主宰 中島敦の会「中島敦歿後75年記念 SPレコードコンサート―中島敦の愛した音楽たち」講師:庄司達也氏(2017年9月23日[土・祝]、県立神奈川近代文学館)”. 学会・講演会・展覧会情報. 笠間書院 (2017年9月5日) 2019年10月20日閲覧。
  70. ^ 企画展「生誕100年記念 中島敦展―ツシタラの夢―」”. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  71. ^ a b c d 加藤聖子 (2019年10月17日).“中島敦、短くも波乱の生涯 生誕110年 横浜で特別展”(1頁2頁”). 産経ニュース. 2019年10月20日閲覧。
  72. ^ 中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯”. 刊行物一覧. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  73. ^ 刊行物”. 神奈川近代文学館. 2019年10月20日閲覧。
  74. ^ 江戸川乱歩の華麗な本棚 文豪ストレイドッグス×高知県立文学館」『高知県立文学館ニュース藤並の森』第83号、2018年11月、2頁。ほか1頁、7頁、8頁。
  75. ^ 神奈川近代文学館 2019.
  76. ^ a b c 佐柄みずき『文豪ストレイドッグス公式国語便覧』 KADOKAWA、2016年、8-9頁、ISBN 9784046017727
  77. ^ a b 神奈川近代文学館 2019, pp. 74-75.
  78. ^ 別冊宝島1625 端正・格調高い文章を味わう 中島 敦”. 別冊宝島. 宝島社. 2019年10月19日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集