メインメニューを開く

孝昭皇后(こうしょうこうごう、生没年不詳)は、中国北斉孝昭帝高演の皇后。姓は本貫河南郡洛陽県

元皇后
北斉の皇后
在位 560年 - 561年

別称 孝昭皇后
配偶者 孝昭帝
家名 元氏(北魏宗室
父親 元蛮
テンプレートを表示

経歴編集

北魏宗室明元帝の弟拓跋煕の玄孫)の元蛮(元叉の弟)の娘として生まれた。高演に嫁いで常山王妃に立てられた。天保末年に文宣帝が元氏一族を粛清した際、高演のおかげで元蛮の家族は赦免され、歩六孤の姓を賜った。文宣帝は王妃元氏に不満であり、多くの側室を高演に下賜した。

孝昭帝が即位すると、皇后に立てられた。孝昭帝が死去すると、棺を守ってに向かった。汾水の橋を渡ったとき、武成帝は元氏が奇薬を持っていると聞いて、追いかけたが薬を得られず、車の中で宦官に辱めさせた。元氏は降格されて順成宮に住んだ。武成帝が楽陵王高百年を殺害すると、元氏は武成帝に隔意を抱いた。宮中では元氏をめぐる流言飛語が起こり、武成帝が元氏の父や兄の書信を入手したため、父の元蛮は免官された。北斉が滅ぶと、元氏は北周の宮中で生活した。楊堅が北周の丞相になると、自由にされて山東に帰った。

伝記資料編集