学期(がっき)は、学校の1年間(1学年)の課程をいくつかの時期に分割したそれぞれの単位のこと。

概要編集

日本小学校中学校高等学校などは3学期制を採用しているのが一般的だが、2学期制を採用している地域や学校も少なくない。日本の第1学期(または前期)は4月から始まる。大学などの高等教育では2学期制が一般的だが、一部(医学部など)は3学期制を採用している場合もある。

2学期制の場合は、第1学期を「前期」、第2学期を「後期」と呼び、これをドイツ語英語では「セメスター(semester、ラテン語の「semestris(6か月)」に由来)」という。ヨーロッパでは「夏学期」、「冬学期」という場合もある。

4学期制を採用する国としてペルーがある[1]。また、学期制そのものを採用していない国としてネパールがある[1]

なお、日本の大学は小・中・高等学校と同様に4月から始まるが、欧米9月から始まる。国外からの帰国生徒の円滑な受け入れのために、9月入学を受け入れている大学もある。

種類編集

1学期制(通期制)
1年間の課程を複数の学期に分けない制度。土浦日本大学中等教育学校などが採用している。
2学期制(前後期制、セメスター制)
1年間の課程を2つに分ける制度。大学で多く採用され、日本の一部の小・中・高等学校も採用している(2学期制#主な実施地域・学校参照)。
3学期制
1年間の課程を3つに分ける制度。日本の多くの小・中・高等学校が採用している他、筑波大学長岡技術科学大学も採用している。
4学期制(クォーター制)
1年間の課程を4つに分ける制度。産業技術大学院大学会津大学大学院、高知工科大学、高知工科大学大学院、東京工科大学大学院、武蔵野大学新潟大学ものつくり大学、ものつくり大学大学院、自修館中等教育学校などが採用している。
他にロシアフィリピンの学校、2学期制(セメスター制)を採用していないアメリカの大学などが採用している。
5学期制
1年間の課程を5つに分ける制度。淑徳巣鴨中学校・高等学校白根開善学校中等部・高等部などが採用している。
6学期制
1年間の課程を6つに分ける制度。神戸情報大学院大学などが採用している。

一覧表編集

各学期制における各月の区分(4月開始の例)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1学期制 ※通期制
2学期制 前期/1学期 後期/2学期
3学期制 1学期 [注釈 1] 2学期 3学期
4学期制 第1クォーター 第2クォーター 夏季休業 第3クォーター 第4クォーター 冬季休業
5学期制 1学期 2学期 3学期 4学期 5学期
6学期制 1学期 2学期 3学期 4学期 5学期 6学期

注釈編集

  1. ^ 3学期制における8月を1学期もしくは2学期のどちらとして扱うかに関しては、各機関により異なる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 相談窓口担当者のための「多文化」ってこういうこと”. 公益財団法人 愛知県国際交流協会. 2020年12月5日閲覧。

関連項目編集