メインメニューを開く

中国編集

春秋公族である孫叔敖艾猟)がおり、その子孫は孫氏と称したという。

さらに兵法家である著名な孫武の一族がいる。孫武は宗族の出身とされ、「孫子」と尊称され、後にその業績は『孫子兵法』として伝えられた。孫武の子孫には戦国時代の兵法家で自らも「孫子」と尊称され斉に仕えて活躍したがいる。

また、後漢孫堅及び孫策親子もまた孫武の子孫とされるが、孫堅以前の父系の記録が不明であるため、その信憑性に欠けるという指摘もある[1]

ちなみに、孫堅の家系は孫策の弟・孫権が、兄の死後その家督を継承し、三国時代においてを建国した。その後、呉はにより滅亡させられるが、孫氏の末裔は現在の浙江省杭州市富陽区南部の龍門古鎮という村に住んでいるとされ、この村では9割の人間が孫姓である。

また、同じ富陽区の場口鎮の外れにある集落にも孫氏の末裔がいるとされ、「孫氏宗祠」を守っている。

著名な人物編集

朝鮮編集

ベトナム編集

(トン)は、ベトナムの姓の一つ。

著名な人物編集

琉球編集

(そん)は、琉球王国の士族が持った唐名(からなー)の姓の一つ。

氏族編集

脚注編集

  1. ^ 代に書かれた『異苑』という書物に、瓜売りをしていたのが孫堅の父「孫鍾」という人物で、同じく南朝宋の文献と見られ、『幽明録』(現在は散逸)にも、東晋の裴啓が著した『裴子語林』にも「孫鍾」の名が記されており、それによると孫堅は「孫武の子孫」とは一切記されていない。

参考文献編集

  • 山口直樹『三国志を行く-群雄決起編』世界文化社、2006年。ISBN 4-418-06115-0

関連項目編集