孫 闓(そん かい、? - 259年)は、中国三国時代武将。曾祖父は孫静。祖父は孫暠。父は孫綽。叔父は孫超孫恭。従兄は孫峻孫憲。兄は孫綝。兄弟は孫拠孫恩孫幹

生涯編集

太平2年(257年)、呉帝孫亮が親政するようになると、仮節・大将軍・永寧侯の孫綝は何度も問責を受けるようになったため、建業に帰還後も参内しないようにしていた。孫綝は朱雀橋の南に私邸を造営し、弟の威遠将軍の孫拠に蒼龍門内で宿営に当たらせ、さらに武衛将軍の孫恩・偏将軍の孫幹・長水校尉の孫闓を都の軍営に配置し、朝政を牛耳って保身を図ろうとした[1]

翌太平3年(258年)9月、孫綝が孫亮を廃して孫休を皇帝にすると、孫休は孫綝を丞相荊州に任じ、5県の封邑を追加した。さらに孫闓は亭侯となった。孫拠は右将軍、孫恩は御史大夫衛将軍に任じられ、共に県侯に封じられた。孫幹は雑号将軍となり、亭侯に封じられた。孫綝の一族から5人の侯が出るようになり、それぞれが近衛兵を率いたため、孫綝の権勢は主君を凌ぐものとなっていったという[2]

永安元年12月(259年1月)、孫休が丁奉張布らと共に孫綝を誅殺すると、孫闓は、船で北方へ逃亡しに降ろうとしたが、追っ手に追いつかれて殺され、他の孫綝の一族も全員殺害された[3]

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 三国志』呉志 孫亮
  2. ^ 『三国志』呉志 孫綝
  3. ^ 『三国志』呉志 孫綝伝