メインメニューを開く

宇木 敦哉(うき あつや)は、日本アニメ監督漫画家イラストレーター北海道出身、在住。北海道教育大学美術科卒業。イラストレーターのmebae、漫画家の市川春子と同じ大学の研究室出身。

概要編集

大学卒業後、2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにおいて「アモン・ゲーム」が四季大賞を受賞。 月刊アフタヌーン2005年9月号に同作が掲載され、漫画家としてデビュー。若手アニメクリエーターを発掘、育成する事業である動画革命東京の第一期支援作品に選出され『センコロール』をほぼ一人で制作。同作は2009年8月22日に公開され、平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/短編に選ばれた。

シャイと言うことでメディアでの顔出しはしないが、2019年「センコロール コネクト 公開記念特番」では後ろ姿で出演している。

受賞歴編集

漫画編集

  • アフタヌーン四季賞2005年夏四季大賞『アモン・ゲーム』

アニメーション編集

主な作品編集

アニメーション編集

漫画編集

イラスト編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「センコロール」公式サイト→ATSUYA UKI参照
  2. ^ Staff / Cast”. HINO THE 46TH TOKYO MOTOR SHOW 2019. 日野自動車. 2019年10月23日閲覧。
  3. ^ “アニメ「あの日の心をとらえて」本篇 | 日野自動車”. YouTube、HINO Japan [official] (日野自動車.). (2019年10月23日). https://www.youtube.com/watch?v=vmGxT6GCGUA 2019年10月23日閲覧。 

外部リンク編集