メインメニューを開く

安治川部屋(あじがわべや)は、日本相撲協会に所属していた相撲部屋

沿革編集

1941年1月場所後に高嶋部屋から独立して玉垣部屋を経営していた元小結巴潟が、大坂相撲年寄名跡であった猪名川が改称されて復活した安治川の名跡を襲名し、部屋の名称も安治川部屋に変更した。しかし、1951年5月に高嶋親方(元幕内・八甲山)が死去したため、安治川親方が高嶋に名跡変更して高嶋部屋を継承することになり、安治川部屋は高嶋部屋に吸収される形で一時消滅した。

1979年4月には、友綱部屋の部屋付き親方である3代安治川(元関脇陸奥嵐)が独立し、安治川部屋を創設した。しかし、春日山部屋から譲り受けた春日富士晃大こそ幕内力士として抱えていたものの、自前の関取を出せないまま、1993年には部屋を4代安治川(横綱旭富士)に譲った。4代安治川は先代からの弟子である陸奥北海勝昭を十両に昇進させたうえ、自身の弟子である安美錦竜児安馬公平などが幕内に昇進し、部屋の勢いを作りだした。

2007年に9代伊勢ヶ濱を襲名し、部屋も伊勢ケ濱部屋と改名して現在も存続している。