都営地下鉄新宿線

日本の東京都新宿区から千葉県市川市を結ぶ東京都交通局の鉄道路線

新宿線(しんじゅくせん)は、東京都新宿区新宿駅から千葉県市川市本八幡駅までを結ぶ、東京都交通局が運営する鉄道路線都営地下鉄)である。『鉄道要覧』における名称は10号線新宿線[4]。基本的に都営新宿線と呼ばれることが多い。

東京都交通局 新宿線
シンボルマーク
船堀駅に入線する新宿線の主力車両10-300形
船堀駅に入線する新宿線の主力車両10-300形
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都千葉県
種類 地下鉄
路線網 都営地下鉄
起点 新宿駅
終点 本八幡駅
駅数 21駅
路線記号 S
路線番号 10号線
路線色       リーフ
開業 1971年12月21日 (51年前) (1971-12-21)[1]
全通 1989年3月19日 (33年前) (1989-03-19)[2]
所有者 東京都交通局
運営者 東京都交通局
車両基地 大島車両検修場
使用車両 10-300形10両編成
京王9000系10両編成
京王5000系10両編成
路線諸元
路線距離 23.5 km
軌間 1,372 mm狭軌
線路数 複線
複線区間 全区間
電化方式 直流1500 V架空電車線方式
最大勾配 35 ‰[3]
最小曲線半径 167 m[3]
(神保町駅 - 小川町駅間)[3]
閉塞方式 車内信号閉塞式
保安装置 D-ATC(JR型)
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
leer leer leer leer leer leer
     京王電鉄直通区間
leer leer leer leer leer leer
    
KHSTa
高尾山口駅
STR KHSTa
京王八王子駅
STRl ABZg+r
↑←京王:高尾線
HST
北野駅
KHSTa STR
橋本駅
STRl ABZg+r
↑←京王:相模原線
HST
調布駅
HST
笹塚駅
ABZgl STR+r
tSTRa tSTRa
京王京王新線
tKRZt tKRZt tSTRq leer
←都営:Toei Oedo line symbol.svg 大江戸線
HUBlf
HUBlg
0.0 S-01 新宿駅
tSTRl tKRZt
tSTR+l
京王線
ABZq+r STRq tKRZ
tSTR
小田急小田原線
STRl tSTRaq tKRZt
tSTR
小田急新宿駅地下ホーム
tSTR HUB tHST
丸ノ内線新宿駅
STRq tKRZ
tKRZ
JR東中央・総武線(各駅停車)
STRq tKRZ
tKRZ
←JR東:山手線
STRq tKRZ
tKRZ
←JR東:中央線(快速)
STRq tKRZ
tKRZ
←JR東:埼京線湘南新宿ライン
tSTR tSTR
tKRZt
tKRZt
東京地下鉄Logo of Tokyo Metro Fukutoshin Line.svg 副都心線
tKRZt
tSTRr
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Marunouchi Line.svg 丸ノ内線→↑
HUBrf
0.8 S-02 新宿三丁目駅
tSTR
tBHF
2.3 S-03 曙橋駅
tSTR
tKRZt tSTRq
tSTRq
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Namboku Line.svg 南北線
tSTR tSTR+l
tSTRq
↓東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Yūrakuchō Line.svg 有楽町線
tKRZ tKRZ
STR+r
←JR東:中央・総武線(各駅停車)↓
tKRZ tKRZ
vSTR+r-SHI1+r
←JR東:中央線(快速)↓
tKRZt tSTRr HUB vLSTR
HUBq HUBrf
3.7 S-04 市ケ谷駅
tSTR+r tSTR
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Hanzōmon Line.svg 半蔵門線
HUBlg
5.0 S-05 九段下駅
tKRZt tKRZt
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Tōzai Line.svg 東西線
tSTR tSTR
HUBlg
5.6 S-06 神保町駅
tKRZt tKRZt
←都営:Toei Mita line symbol.svg 三田線
tSTRr tSTR
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Chiyoda Line.svg 千代田線
tSTRq tKRZt
新御茶ノ水駅
HUBrg
HUBrf
6.5 S-07 小川町駅
tKRZt tSTRq
淡路町駅
tSTR vLSTR
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Marunouchi Line.svg 丸ノ内線→
tKRZ STRq STRq vSTRr-SHI1r
←JR東:中央線(快速)↑
tKRZt tSTRq tSTRq KRZt
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Ginza Line.svg 銀座線
tKRZ STRq
KRZo
←JR東:山手線京浜東北線
leer leer tSTR leer HUBtl
秋葉原駅
tKRZ STRq
KRZt
←JR東:東北新幹線
tSTR
KRZt
つくばエクスプレス
tKRZt tSTRq
KRZt
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Hibiya Line.svg 日比谷線
HUBq HUBrf STRl
7.3 S-08 岩本町駅
tSTR
↑JR東:中央・総武線(各駅停車)→
tSTR
←JR東:総武線(快速)
tKRZt
馬喰町駅
HUBtr
8.1 S-09 馬喰横山駅
tKRZt
東日本橋駅
tSTR
←都営:Toei Asakusa line symbol.svg 浅草線
tBHF
8.7 S-10 浜町駅
tKRZW
隅田川
HUBlg
9.5 S-11 森下駅
tKRZt
←都営:Toei Oedo line symbol.svg 大江戸線
tBHF
10.3 S-12 菊川駅
HUBlg
11.2 S-13 住吉駅
tKRZt
←東京地下鉄:Logo of Tokyo Metro Hanzōmon Line.svg 半蔵門線
tBHF
12.2 S-14 西大島駅
tBHF
12.9 S-15 大島駅
tABZgl tSTR+r
tSTRe tSTR
大島車両検修場
BHF tSTRl tKDSTeq
14.1 S-16 東大島駅
hKRZWae WASSERq WASSERq
荒川
BHF
15.8 S-17 船堀駅
tSTRa
tBHF
17.5 S-18 一之江駅
tBHF
19.2 S-19 瑞江駅
tBHF
20.7 S-20 篠崎駅
tKRZW+GRZq
江戸川東京都/↓千葉県
tKRZ
←JR東:中央・総武線(各駅停車)→
tKRZ
←JR東:総武線(快速)→
HUBtl
23.5 S-21 本八幡駅
STRq
京成八幡駅
leer
京成本線

路線名の由来は、起点である新宿から。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「リーフ」(黄緑)、路線記号はS

概要

 
船堀駅付近(2008年撮影)

東京都交通局の鉄道路線(都電荒川線日暮里・舎人ライナーも含む)では唯一、都外まで路線が延びている。新宿駅より、京王電鉄京王線京王新線との相互直通運転を行っている。

1968年昭和43年)4月の都市交通審議会答申第10号において、「芦花公園方面より新宿及び靖国通りの各方面を経由し、市ヶ谷神保町須田町及び浜町の各方面を経て住吉町方面へ至る路線」として東京10号線が初めて答申された[5](第9号線→第12号線(都営大江戸線)と京王線との乗り入れから、新たに制定された第10号線(都営新宿線)と京王線が乗り入れることに振り替えられた[6])。

この答申を受け、同年12月28日の建設省告示第3731号により、都市計画第10号線(東京都市高速鉄道第10号線)として新宿 - 住吉町間(12.5 km)が正式に都市計画を決定した[5][7]。翌1969年(昭和44年)年5月20日、建設省告示第2430号により都市計画の区間に京王線の調布 - 新宿間が追加され、最終的に都市計画区間は車両基地のある東大島まで延長された(31.2 km)[7]

その後、1972年(昭和47年)3月の都市交通審議会答申第15号では橋本 - 多摩ニュータウン中央 - 調布 - 芦花公園間、住吉町 - 東大島 - 篠崎町 - 本八幡 - 柏井 - 鎌ケ谷市北部 - 千葉ニュータウン小室地区 - 千葉ニュータウン印旛地区間がそれぞれ追加され、調布 - 新宿間は京王線の複々線化を行うこととされた[8]。このうち新宿 - 本八幡間が都営新宿線として順次開業している。また橋本 - 調布間は京王相模原線として、笹塚 - 新宿間は京王線の線増部(京王新線)として開業している。

なお、本八幡 - 千葉ニュータウン方面間は千葉県千葉県営鉄道北千葉線(仮称)として建設し、都営新宿線と直通運転を実施する計画であったが、取得していた鉄道事業免許は2000年に廃止され、その後計画自体が白紙化されている。

京王線・京王相模原線・京王高尾線と相互直通運転を行う関係で日本の地下鉄で唯一、軌間1372mmの馬車軌間を採用している。

ATCシステムの関係で、東京の地下鉄では唯一VVVFインバータ制御車の走らない路線だったが、2005年平成17年)5月14日に新ATCシステム(デジタルATC)への更新が行われ、同月21日から新宿線初のインバータ制御車10-300形が運用を開始した[9]。また、京王9000系も翌2006年(平成18年)3月15日より乗り入れを開始した。

東京メトロ東西線と同様に中央・総武緩行線のバイパス的役割も担っている。コロナ禍以前のラッシュ時の混雑率は東西線よりも低かったが、もともと都営新宿線も乗車人数は増加傾向にあり、コロナ禍以降はあまり差が無くなってきている。そのため輸送力増強策として列車の10両化を推進し、2022年令和4年)8月11日より全列車が10両編成で運行されている[10]

2011年(平成23年)12月には、都営大江戸線、都電荒川線、上野動物園モノレール、日暮里・舎人ライナーに次ぐ、全線でのバリアフリー化を達成した。

経営状況

2013年度(平成25年度)の新宿線単独での収支状況は約85億8,683万2千円の黒字である[11]。対前年度比で約3億6,287万円の増益であり、都営地下鉄の路線の中では浅草線の次に黒字額が大きい。乗車料収入は331億4,313万円であり、都営地下鉄では大江戸線(約392億3,623万円)に次いで多い。

路線データ

沿革

新宿線は日本で唯一の軌間1372mmの地下鉄である[15]。当初、浅草線と共通化できるよう1435mmの標準軌で建設するべく、乗り入れ先の京王帝都電鉄(現:京王電鉄)に京王線改軌を打診し、当時の運輸省も、1372mmを排除する方針で、京王側に改軌を打診した。しかし京王は改軌工事の規模が大きくなることや改軌中の輸送力に不安があるという理由で拒否したため、京王に合わせる形で軌間1372mmで建設された。

なお、その京王の1372mmの由来は、旧京王電気軌道がその開業時に、東京市電(現:東京都電)への乗り入れ構想を持っていたことに遡る。東京市電の前身東京馬車鉄道が1882年(明治15年)の開業に際して1372mmの軌間を選んだ(理由は不詳[16]、「4フィート6インチ軌間#日本」の説明を参照)ため、後発の京王もそれに合わせた。つまり経過を辿ると、東京馬車鉄道→東京市電に引き継がれ、元は京王がそれに合わせる形で選択された軌間が、当地下鉄線では逆に東京都側が京王に合わせたことになる[17]

年表

  • 1968年昭和43年)
    • 4月10日:都市交通審議会答申第10号において、第10号線は「芦花公園方面 - 新宿 - 住吉町方面に至る路線」として答申される[5]
    • 6月3日:東京都が新宿 - 住吉町間の地方鉄道敷設免許を申請、同年10月30日に敷設免許を取得[18]
    • 12月28日:第10号線新宿 - 住吉町間の都市計画決定[5]
  • 1969年(昭和44年)
    • 5月20日:第10号線の調布 - 新宿間が都市計画区間に追加される[5]
    • 7月23日:住吉町 - 東大島間の地方鉄道敷設免許を申請、同年12月22日に取得[18]
  • 1970年(昭和45年)8月24日:第10号線の都市計画区間に大島 - 東大島間(住吉町 - 大島間は同年1月8日)が追加される[7]
  • 1971年(昭和46年)5月1日:森下・住吉付近で最初の建設工事に着手。
  • 1972年(昭和47年)3月1日:都市交通審議会答申第15号において、第10号線は「橋本 - 調布 - 新宿 - 住吉町 - 本八幡 - 千葉ニュータウン印旛地区間の路線」として答申される[8]
  • 1973年(昭和48年)2月27日:東大島 - 本八幡間の地方鉄道敷設免許申請、同年10月4日に取得[18]
  • 1978年(昭和53年)
    • 7月1日:計画時は「10号線」という名で呼ばれていたが、開業前の都営1号線と都営6号線の都営浅草線都営三田線への改称と同時に都営新宿線へ改称した。
    • 12月21日:岩本町 - 東大島間 (6.8km) 開業[1]
  • 1980年(昭和55年)
    • 3月16日:新宿 - 岩本町間 (7.3km) 開業[19]。京王帝都電鉄(現:京王電鉄)と、1978年10月31日に供用を開始していた京王新線を経由し相互直通運転開始。ただし、岩本町より先は6両編成対応のため、8両及び10両編成の京王車は岩本町止まり。
    • 3月28日:東大島 - 本八幡間の都市計画決定(千葉県)、3月31日:都市計画決定(東京都)[18]
    • 9月16日:東大島 - 本八幡間の建設工事に着手[20]
  • 1981年(昭和56年)9月1日:京王車による一部列車の10両編成乗り入れを開始。
  • 1983年(昭和58年)12月23日:東大島 - 船堀間 (1.7km) 開業[21]
  • 1986年(昭和61年)
  • 1987年(昭和62年)
    • 7月15日:京王乗り入れ車両による冷房運用を開始[23]
    • 12月20日:全線でホーム延伸が行われ京王の車両の乗り入れ区間が岩本町から大島まで延長される。
  • 1988年(昭和63年)5月21日:自局車両による冷房車を運用開始[23]。この時増備された10-000形第22・23編成は都営地下鉄では初めての冷房車両である[23][注 1]
  • 1989年平成元年)3月19日:篠崎 - 本八幡間 (2.8km) 開業(全線開通)[2]。ただし、本八幡駅は仮設駅で開業。
  • 1991年(平成3年)9月1日:本八幡駅(本設駅)開業。同時に京王の車両の乗り入れ区間を本八幡まで延長。
  • 1993年(平成5年)5月9日:乗り越し精算と乗り継ぎ乗車券の発券を同時にできる日本初の自動乗り継ぎ精算機を市ヶ谷駅連絡改札口に設置。
  • 1994年(平成6年)11月1日:全線でAM放送を受信できるサービスを導入[24]
  • 1995年(平成7年)6月:全車両が冷房車となる[23]
  • 1997年(平成9年)12月24日:全線で急行列車の運転開始(平日日中のみ)。高尾山口までの直通運転を開始(平日朝1本のみ。土曜・休日は2001年3月から)[25]
  • 2000年(平成12年)
    • 4月20日:正式名称を都営新宿線から新宿線に改称。
    • 12月12日都営地下鉄大江戸線国立競技場 - 汐留 - 月島 - 上野御徒町 - 飯田橋 - 都庁前間が開業し、森下駅で接続。同時に、森下駅への急行列車停車を開始[26]
  • 2001年(平成13年)3月27日:京王線(笹塚以西)との直通列車を昼間時は都営新宿線内急行に変更[27][28]。同時に急行の運転時間帯を土曜・休日にも拡大[27][28]
  • 2003年(平成15年)12月1日:ダイヤ改正[29]。土曜・休日の急行運転時間帯を拡大[29]。平日朝の高尾山口行通勤快速が消滅。
  • 2004年(平成16年)10月:列車無線を誘導無線 (IR) 方式から漏洩同軸ケーブル (LCX) を使用した空間波 (SR) 方式に変更。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月20日:10-300R形暫定編成(10-000形のうち先頭車を差し替えた編成)運行開始[9]
    • 5月14日:新ATC(デジタルATC)システムに更新[9]
    • 5月21日:全車完全新造車の10-300形運転開始[9]
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)9月3日:京王車の8両編成運用が消滅し、10両編成運用に統一される。
  • 2009年(平成21年)6月:京王電鉄6000系が撤退し、京王車の車種が9000系30番台に統一される。
  • 2010年(平成22年)6月1日:都営車の10両編成運用が開始される[30]
  • 2011年(平成23年)
  • 2015年(平成27年)9月25日:ダイヤ改正により昼間の時間帯の京王線(笹塚以西)への直通列車が、14年半ぶりに都営新宿線内は各駅停車となる。一方で、急行は笹塚駅 - 本八幡駅間での運行となる。
  • 2017年(平成29年)2月14日:10-300R形が営業運行を終了[31][32]
  • 2018年(平成30年)2月11日:10-000形が営業運行を終了[33]
  • 2019年令和元年)8月10日:新宿三丁目駅ホームドア稼働開始により、全駅にホームドアを設置完了[34][35]
  • 2020年(令和2年)2月22日:ダイヤ改正により、土休日に限り京王動物園線直通急行の運転、京王動物園線との直通運転を再開。
  • 2021年(令和3年)3月13日:京王動物園線との直通運転を休止。
  • 2022年(令和4年)8月11日:都営車の8両編成の運転が終了し、全列車が10両編成となる[10]

建設概要

新宿 - 東大島間

地下区間の駅部は開削工法、駅間トンネルは曙橋 - 市ケ谷間、九段下 - 小川町間は開削工法、それ以外の区間はシールド工法により施工した[36][37]

甲州街道国道20号)の地下に位置する新宿駅は、京王電鉄京王新線との共同使用駅であり、施工は京王帝都電鉄(当時)に委託した[38]。地上からの駅ホーム階の深さは26.5 m(東京都交通局による公式な駅深さ[39]。東京都交通局の資料において、「深さ」とは駅中心位置の地表からホーム面までの距離を示す[39]。)・地下5階に位置し、駅構築のうちホーム中心から笹塚寄り半分は京王、本八幡寄り半分(111.6 m)と笹塚駅寄りの引き上げ線が東京都(交通局)の財産区分となる[40]

新宿駅を出発後、小田急小田原線山手線中央・総武緩行線中央快速線、新宿貨物駅(1984年2月廃止[注 2]・建設工事)の直下を単線シールドトンネル2本で横断する[41]。当時、新宿貨物駅直下に地下3層構造の上越新幹線新宿駅を建設する計画があり[注 3]、新宿線は新幹線構造物を避けるために国鉄新宿駅構内を下り32‰の勾配で横断する構造となっている(この工区は国鉄に施工を委託)[41][42]。新宿駅の東側民有地にある立坑(シールドマシンの発進基地)を通過し、ここから上り35‰の急勾配となり新宿四丁目交差点付近で甲州街道を横断して、民有地地下に設けた新宿三丁目駅に至る[43][37]

新宿 - 曙橋間では、地上に多数のビルがあり、建設工事に支障するビルは防護工として薬液注入による地盤改良またはアンダーピニング(基礎の受け替え)を施工した[43][44]。新宿三丁目 - 岩本町までは靖国通りの道路下を通過する。曙橋駅からは、開削トンネルで防衛省市ヶ谷地区の前を通過し、市ケ谷駅手前で皇居外濠を横断し、中央・総武緩行線と中央快速線の下を通過する[45]。市ケ谷駅の中央・総武緩行線と中央快速線交差部は、有楽町線の建設工事と重なり、両線とも施工は国鉄に委託した[46][47]。新宿線の交差部(110 m)は、掘削深さが浅いことと列車の運行本数が非常に多いことから、通常の工法では施工できないことから、アーマー工法(鋼管圧入工法)、掘削はメッセル工法で工した[45][46][47]

市ケ谷駅から複線シールドトンネルで進行し、靖国神社交差点付近から半蔵門線の複線シールドトンネルと並行し、靖国神社の前を通過して九段下駅へに至る。

九段下駅 - 神保町駅間は、営団地下鉄半蔵門線と並行することから、東京都が営団地下鉄から受託して施工した。九段下駅は半蔵門線と同一階に位置することから、掘削幅37 mにおよぶ大規模な構築となった[37]。地下鉄の建設工事に合わせて俎橋は架け替えられたほか、日本橋川横断部は凍結工法により施工した[37]。神保町駅は、三田線建設時に地下1階部の新宿線駅躯体が建築されており、これを利用した[37]

神保町駅から小川町駅間は開削トンネルで進行し、小川町駅から岩本町駅間で新宿線の単線シールドトンネルは、須田町交差点において銀座線トンネルと交差する[48]。銀座線トンネルは昭和初期に造られたもので、須田町交差点の中央から浅草寄りは山岳工法によるアーチ型トンネル、渋谷寄りは箱型開削トンネルで構築されている[48]。新宿線シールド機の進行による崩落の危険性、山岳工法で造られたトンネルは不等沈下に弱く修復が困難であることから、銀座線トンネル交差部の新宿線トンネルを初期計画よりも深い位置に変更したほか、薬液注入や特殊遮断袋による裏込め注入などの最大限の防護を行った[48]。最終的には許容沈下量9 mmよりも少ない量(4.5 mm程度)で済み、銀座線トンネルへの影響はほとんどなかった[48]。このように銀座線交差部は非常に難しい工事となった[48]

岩本町 - 浜町間(馬喰横山駅前後は清洲橋通りの道路下を通過)でも民有地の地下を通過し、地上に多数のビルがあり、支障するビルは防護工の施工またはアンダーピニング(基礎の受け替え)を施工した。浜町駅では浜町公園の直下に駅を設置したが、公園敷地内だけでは10両編成長の210 mは確保できないことから、単線シールドトンネル間を切り拡げて確保した[36]。浜町 - 森下間では隅田川直下を横断するが、開削工法、ケーソン工法沈埋工法により施工した[36]

隅田川を渡った場所から大島駅までは新大橋通りの道路下を東方向に直進する。この地区は海抜ゼロメートル地帯であり、また軟弱地盤にあることから、シールドトンネルの掘削により少なからず地盤沈下が発生する。このため、沈下量を少なく抑える工法としてブラインドシールド工法(単線シールド)により施工した。大島駅を出ると、35‰の急勾配を上がって地下区間から高架線へ、旧中川上に建設された東大島駅に至る[36]

運行形態

多くの列車が新宿駅(新線新宿駅)から先京王新線に直通する(日中は1時間あたり11本中9本または8本が京王新線に直通、残りの2本または3本が新宿駅で折り返す)。このうち約7割が京王線を経て相模原線橋本駅まで、約3割が笹塚駅発着で相互直通運転を実施している。新宿駅 - 本八幡駅間の全区間にわたって急行運転を行っている(列車種別の節を参照)。

日中は午前は新宿方面、午後は本八幡方面に48分サイクルで笹塚駅または京王多摩センター駅発着の急行が1本運転されているパターンダイヤとなっている。各駅停車は48分サイクルで8本または9本運転されているが、同じ行先の列車は直通先の京王線に合わせて約20分おきに運転されているため完全なパターンダイヤにはなっていない。各駅停車は1時間当たりに橋本駅発着(京王線内では快速)が3本、京王多摩センター発着(京王線内では区間急行)が3本、笹塚発着が2 - 4本、新宿駅折り返しが1 - 3本(一部列車は岩本町または瑞江で急行通過待ち)が運転されている。なお、新宿駅折り返しは京王線に直通する列車との接続は特に行われていない。

また、平日夕方ラッシュ時や土曜・休日の早朝には調布駅から相模原線に入らずに京王高尾線高尾山口駅まで直通する列車がある。2022年改正までは、本八幡駅 - 高尾山口駅間の全区間が急行の列車も存在した。2006年 - 2011年、2020年 - 2021年には京王動物園線多摩動物公園駅への直通列車も設定されていた。

新宿線から京王線の京王八王子駅まで直通する列車の設定はないが、一方で京王八王子駅発の本八幡行きが平日早朝に1本設定されている。なお、過去[いつ?]には京王八王子駅発岩本町駅行きの列車もダイヤ上設定されていたが、実際は桜上水駅行きで、同駅始発の岩本町駅行きに乗り換えるという形で運行していたので、直通運転されていたわけではない。

列車種別

 
京王線を含めた停車駅表(2022年3月12日のダイヤ改正時点)

2018年2月22日のダイヤ改正以降、行き先は終着駅を表示し、種別は都営新宿線内の種別(各駅停車・急行)と京王線内の種別(各駅停車・快速・区間急行)を新宿駅で切り替える形で運用されている。

急行

 
新宿線へ直通する急行列車

1997年12月24日から運転を開始した。当初は新宿線内のみを平日日中のみ運転していたが、2001年(平成13年)3月27日のダイヤ改正からは土休日日中の運転を開始した[27][28]

東京の地下鉄での速達列車の運転は東西線の快速に次いで2例目で、全線にわたり通過駅の設定があるのは初であり(東西線は西船橋駅 - 東陽町駅間のみで快速運転)、現在も同様の例はほかに副都心線があるのみである(特急・有料座席指定列車を除く)。当時、新宿線の利用客数はJR総武線や東西線と比較して大きな差があったため、急行運転の実施により競争力を強化して旅客需要の喚起と利便性向上を図ったものである[25]

ダイヤ・運用

2016年9月17日から全便が10両編成で運転される。2006年9月のダイヤ改正以降は土休日朝の高尾山口駅行き2本をのぞくほぼすべての急行が京王車10両で運行されていたが、2010年3月のダイヤ修正で都営車10両による運用が設定された[注 4]。この後2015年6月に都営車の10両編成車両の増備に伴い、8両編成だった高尾山口駅行きも含めて全便10両化された。2015年9月25日のダイヤ改正からは、土休日ダイヤでは朝の高尾山口駅行きの2本と、1運用(1時間40分周期)を除いて、8両編成での運用に変わったが、10両編成車の増加による運用変更で、2016年9月17日から土休日ダイヤでもおよそ1年ぶりに急行全列車が10両編成に戻ることとなった[49]。2020年10月30日のダイヤ修正で、平日に14年ぶりに8両編成の急行が2往復復活したものの、2022年度に再消滅した。

停車駅は、運行開始時から2000年(平成12年)12月12日大江戸線全線開通に伴い、森下駅が停車駅に加えられた以外の変更はない。都営地下鉄他路線に接続している駅にはすべて停車するが、2駅以上に連続停車はせず、新宿三丁目駅九段下駅などの主要駅を含め、東京メトロなど他線と接続する一部の駅も急行は通過する。

各駅停車の追い抜きは岩本町駅瑞江駅で行われている[25]。東行は新宿線新宿駅と馬喰横山駅で、西行は船堀駅と神保町駅で直後の各駅停車に連絡する。ただし、土休日朝7時台に運行されている急行は瑞江駅での各駅停車の追い抜きを行わず、代わりに大島駅で追い抜きを行っている。なお、本八幡駅7:00発の高尾山口駅行きは、岩本町駅での各駅停車の追い抜きを行なわず、大島駅のみの追い抜きとなる。また土休日に運行されている大島駅始発・終着の列車の場合、本来、瑞江駅で抜かれる列車(東行は新宿駅基準で急行の2本前の列車、西行は大島駅基準で急行の直後に発車する列車)が大島駅で急行と接続する(本八幡駅行きは急行の客を引き継ぎ、橋本駅行きは急行に客を乗り換えさせる)。

2013年2月のダイヤ改正から2015年9月のダイヤ改正前までのデータイムと、2020年2月22日の改正以降の平日の一部の急行は、都営新宿線内では現在のダイヤとほぼ同じで本八幡駅・大島駅 - 橋本駅間で運転されており、京王線内は「区間急行」として運転されていた。また2020年10月30日のダイヤ修正で、京王多摩センター駅行きも設定される。

2021年3月13日改正ダイヤでは、笹塚駅 - 本八幡駅間の運転で、平日が日中のみ(本八幡駅15:40発は橋本駅まで、本八幡駅16:00発は京王多摩センター駅まで直通)、土休日が7時台の2本(うち1本は高尾山口駅まで直通)をのぞき日中から夕方の運転であった(本八幡駅行きの急行最終列車とその1本前は橋本駅から直通)。土休日は急行運転時間帯が平日よりも拡大されたほか、大島行きが3本、新宿方面行が4本運転され、これらの電車は、笹塚駅で京王線新宿・橋本発着の準特急に接続していた。

2022年3月12日のダイヤ改正によって平日は1日4往復のみ、土休日も新宿方面行は1日7本(うち1本は大島駅始発)、土日祝日の本八幡方面行は1日8本(うち2本は大島駅止まり)のみと大幅に減便された。

2023年のダイヤ改正では、日中の運転が取りやめられる。平日は、朝に新宿方面行が3本、夕方に大島行きが1本が運転されることになった[50]

その他

運転開始時はダイヤ編成上の都合により、岩本町駅では本線である1・4番線に各駅停車が停車し、中線を急行が制限速度35km/h以下で通過していた[25]。しかし、2000年の改正時に森下駅の停車時間を捻出するため、中線で各駅停車が待避し、急行は1・4番線を通過するように変更された。この結果、所要時間を増やさずに停車駅を1駅増やすことに成功した(ダイヤが乱れている時は現在でも中線を通過することがある)。

駅通過時は原則として55km/h以下で通過する[25]。瑞江駅では、1面2線の島式ホームの外側の壁を隔てた通過線を通過する(東急田園都市線桜新町駅と似た構造である。ただし、桜新町駅は2層構造になっている)。

各駅停車

 
新宿線へ直通する各停列車

ホームのある各駅に停車する。

ダイヤ・運用

2015年9月25日のダイヤ改正以降は、次のような運行体制になっていた。

終日、早朝(急行列車の運行時間帯まで)や深夜(21時ごろ以降)の時間帯は、主に京王線笹塚駅 - 本八幡駅間の運転となる。なお、数は少ないながらも京王線内橋本行きの列車もある。なお、橋本駅発本八幡方面行きは平日の急行運行時間帯前にも京王線内急行・区間急行の列車が橋本駅・若葉台駅発本八幡駅行きとして運転する(一部列車は大島駅止まり)。2018年2月22日の改正で、平日早朝に、新たに本八幡駅 - 京王八王子駅間の全区間各駅停車が1往復設定された。京王八王子行きは都営車での運用である。

昼のパターンダイヤでの急行運転の時間帯(平日は10時-16時ごろ、土曜・休日は8時-18時ごろ)は、60分間に9本あるうち、6本(20分に2本)は京王線橋本駅 - 本八幡駅間の運転で、橋本駅発着列車のうち3本(20分に1本)は京王線内快速、残り3本は京王線内区間急行として運行される。京王線内で快速の列車は瑞江駅で、京王線内で区間急行の列車は岩本町駅で、急行の通過待ちがある。残りの3本は、新宿駅 - 本八幡駅間での運転となる。新宿駅 - 本八幡駅間で運行の列車は、途中駅での急行通過待ちはなく、新宿駅では笹塚駅発着の急行に連絡する。なお、土曜・休日の急行運転終了後の夕方(18時-21時頃)はおおむねこのダイヤが引き継がれ、新宿駅発着の列車が笹塚駅発着になる。

平日の夕方は、20分間隔で多くの列車が橋本駅・高尾山口駅までの直通となる。なお、京王線内では、橋本駅発着列車は京王線内急行、高尾山口行きは京王線内調布駅まで区間急行・調布駅から各駅停車となる。ただし、早朝の橋本駅行きや平日の深夜の高尾山口駅発にはそれぞれ1本だけ橋本駅・高尾山口駅 - 本八幡駅間の全区間を各駅停車で運行する列車も存在する。2018年2月22日のダイヤ改正で、八幡山駅発着列車は笹塚駅発着に短縮された。

2022年3月12日のダイヤ改正で急行が減便となったかわりに各駅停車が増便され[注 5]、途中駅で急行の通過待ちをする各駅停車も減った。

長らく8両編成中心に運転されてきたが、2022年8月11日より全て10両になった。

臨時列車

「迎光EXPRESS かがやき号」
運転日:2002年以降、毎年1月1日
運転区間:本八幡駅 - 高尾山口駅 新宿線内は各駅停車、京王線内は急行
使用車種:都営10-000形、10-300形、10-300R形
  • 2019年は「迎光号」の名称を京王線新宿駅始発京王ライナーのみでの使用としたため、列車名が与えられていない[51]
「高尾山冬そば号」
運転日:2006年1月21日・2007年2月17日・2008年2月9日・2009年から2012年までは2月の第1土曜日・2013年2月16日・2014年2月22日・2015年2月14日
運転区間:大島駅 - 高尾山口駅 新宿線内は各駅停車、京王線内は急行(2011年までは新宿線内も急行運転)
使用車種:京王9000系(2006年と2009年は京王6000系)
  • 2016年は新宿線直通の臨時列車ではなく、京王線新宿発高尾山口行き定期準特急を「高尾山冬そば号」として運転した[52]
隅田川納涼花火号」
運転日:2006年7月29日
運転区間:京王八王子駅 - 大島駅 全区間急行列車
使用車種:京王6000系
「東京横断TamaZoo号」
運転日:2008年8月9日
運転区間:大島駅 - 多摩動物公園駅 全区間急行列車
使用車種:都営10-300形[注 6]

なお、過去には2004年10月9日に多摩動物公園駅から大島駅まで片道1本の「鉄道フェスティバルトレイン号」(神保町駅で三田線内の臨時列車に接続)が10-000形第1編成(現在は廃車)により運転される予定だったが、台風22号のため中止となった。

過去の種別

通勤快速(現・区間急行)・快速・京王線内急行

共に京王線に直通し、新宿線内は各駅に停車していた。2013年2月22日のダイヤ改定より、京王線内の種別を都営新宿線内で種別として表示しなくなり、各駅停車に統合されたため、都営新宿線内の種別としては廃止となった。

車両

2003年11月30日までは基本的に京王相模原線橋本駅発着の列車が京王電鉄の車両を使用(朝ラッシュ時および夜間の一部をのぞく)、新宿駅・笹塚駅折り返しの列車が都営地下鉄の車両の使用と分けられており、京王電鉄の車両で運行する各駅停車は朝と深夜のみであったが、翌12月1日の改正でこの区別がなくなり、日中の本八幡駅 - 新宿駅・京王線笹塚駅間の線内運用の列車にも京王電鉄の車両が使用されるようになった。

2006年9月の改正で京王車の大半が10両化されたために、再び橋本駅発着の列車が一部をのぞいて京王電鉄の車両、新宿駅・笹塚駅・つつじヶ丘駅折り返し列車が都営地下鉄の車両と分けられるようになった。

また、笹塚駅の引き上げ線2本のうち1本が10両に対応できなかったため、笹塚駅折り返しの運用はすべて都営車8両編成の運用であった(ただし、ダイヤが乱れた場合には10両編成の車両が充当されることがあり、その際は10両対応の引き上げ線に入っていた)。

その後の直通本数の増加、2010年12月5日の笹塚駅引き上げ線延伸工事[53]の完了に伴って、この限定運用は解除され、相模原線発着の列車の一部に都営地下鉄の車両の8両編成、土休日朝の高尾山口行きに都営地下鉄の車両の運用があるほか、京王電鉄の車両による笹塚駅・新宿駅 - 本八幡駅間折り返し列車も設定されており、笹塚駅発着の10両編成の運用も都営・京王を問わず存在する。

その後、10-000形の退役と10-300形の増備により、都営車も10両編成化が進行し、2022年8月11日より全ての列車が10両編成での運行となった[10]

自局車両

  • 10-300形 - 10両編成
    • 8両編成は2022年8月10日をもって運用終了[10]

過去の車両

乗り入れ車両

京王電鉄

過去の乗り入れ車両

京王電鉄
  • 6000系(30番台)- 8両・10両編成

女性専用車

女性専用車
← 新宿・笹塚・橋本
本八幡 →
本八幡方面の列車(京王線内快速・各駅停車は実施なし)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
新宿・笹塚・橋本方面の列車
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

両方向の列車に女性専用車を設定しているが、案内表示などが異なる。

  • 東行列車(本八幡方面):白い表示の車両。京王線笹塚以西から直通し、平日朝7:30 - 9:30に新宿駅に到着する列車(京王線内では急行・区間急行)の進行方向先頭10号車。京王線内快速・各駅停車の列車には設定されない。実施区間は京王線を含む全区間。
  • 西行列車(新宿方面):ピンク色の表示の車両。平日朝7:15 - 9:00に本八幡駅を発車する全列車の進行方向先頭1号車。実施区間は新宿線内全区間で、新宿駅からは設定解除となる。

利用状況

2021年度の朝ラッシュ時最混雑区間(西行、西大島住吉間)の混雑率121%である[54]

開業以降の輸送実績を下表に記す。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

都営地下鉄新宿線輸送実績推移
年度 輸送人員[55] 最混雑区間(西大島 → 住吉間)輸送実績[56] 特記事項
運転本数:本 輸送力:人 輸送量:人 混雑率:%
1978年(昭和53年) 21,300 1978年12月1日、岩本町駅 - 東大島駅間開業
1980年(昭和55年) 228,727 15 14,057 19,820 141 最混雑区間は新宿→新宿三丁目間
1985年(昭和60年) 380,202 15 15,400 25,760 167
1986年(昭和61年) 15 16,510 28,840 175
1987年(昭和62年) 15 16,510 27,525 167
1988年(昭和63年) 15 17,640 27,710 157
1989年(平成元年) 15 18,200 25,490 140
1990年(平成02年) 569,942 15 18,200 30,080 165
1991年(平成03年) 15 18,200 23,095 127
1992年(平成04年) 14 17,080 25,055 147
1993年(平成05年) 14 17,080 26,891 157
1994年(平成06年) 14 17,080 26,150 153
1995年(平成07年) 597,769 14 17,080 26,295 154
1996年(平成08年) 14 17,080 27,125 159
1997年(平成09年) 14 17,080 27,740 162
1998年(平成10年) 14 17,080 27,155 159
1999年(平成11年) 16 19,320 28,706 149
2000年(平成12年) 594,552 16 19,320 29,343 152 2000年12月12日、都営地下鉄大江戸線全線開業
2001年(平成13年) 16 19,320 22,430 116
2002年(平成14年) 16 19,320 23,483 122
2003年(平成15年) 16 19,320 20,899 108
2004年(平成16年) 16 18,200 29,906 164 最混雑区間を西大島→住吉間に変更
2005年(平成17年) 592,756 16 18,200 29,918 164
2006年(平成18年) 16 18,760 30,723 164
2007年(平成19年) 16 19,040 32,857 173
2008年(平成20年) 16 19,040 34,084 179
2009年(平成21年) 16 19,040 29,315 154
2010年(平成22年) 664,792 16 19,880 28,926 146
2011年(平成23年) 16 19,880 29,916 150
2012年(平成24年) 16 19,880 29,726 150
2013年(平成25年) 16 20,160 31,199 155
2014年(平成26年) 701,902 17 21,280 32,190 151
2015年(平成27年) 724,915 17 21,280 32,062 151
2016年(平成28年) 745,889 17 21,840 34,408 158
2017年(平成29年) 772,415 17 22,680 34,727 153
2018年(平成30年) 792,321 17 22,960 35,861 156
2019年(令和元年) 794,117 17 23,240 36,968 159
2020年(令和02年) 17 23,520 27,656 118
2021年(令和03年) 17 23,520 28,533 121

駅一覧

  • 駅番号は東行方向(新宿から本八幡の方向)に増加。
  • 停車駅 … ●:停車、|:通過。各駅停車はすべての駅に停車するため省略。
  • 荒川中川を渡る区間の東大島駅 - 船堀駅間を含む江東区と江戸川区に跨る区間のみ地上区間となっており、その両駅は地上駅でほかの駅はすべて地下駅となっている。また、東大島駅はホームが旧中川に架かる形で位置している。
  • 江戸川区内の各駅(船堀駅 - 篠崎駅)および東端の本八幡駅には各駅ごとに駅シンボルが制定されており、駅の出入口にモザイク画・レリーフからくり時計などが飾られているほか、高架駅である船堀駅をのぞく各駅にはプラットホーム壁面に各シンボルをシンボルマーク化したタイルが張られている。
駅番号 駅名 駅シンボル 駅間キロ 累計キロ 急行 接続路線・備考 所在地
京王電鉄直通運転区間(最長)   相模原線橋本駅まで
  高尾線高尾山口駅まで
  京王線京王八王子駅から(東行のみ)
S-01 新宿駅[* 1]
(新線新宿駅)
- 0.0 京王電鉄  京王新線 (KO01)(上記の路線・駅まで直通運転)・  京王線 (KO01)
都営地下鉄  大江戸線 (E-27)
東日本旅客鉄道  埼京線 (JA 11)・  湘南新宿ライン (JS 20)・  中央線(快速)(JC 05)・  中央・総武線(各駅停車)(JB 10)・  山手線 (JY 17)
小田急電鉄  小田原線 (OH01)
西武新宿線西武新宿駅:SS01)および東京地下鉄丸ノ内線(M-08)とは連絡業務を行っていない。
東京都 新宿区
S-02 新宿三丁目駅 0.8 0.8 東京地下鉄  丸ノ内線 (M-09) ・  副都心線 (F-13)
S-03 曙橋駅 1.5 2.3  
S-04 市ヶ谷駅 1.4 3.7 東京地下鉄:  有楽町線 (Y-14) ・  南北線 (N-09)
東日本旅客鉄道:  中央・総武線(各駅停車)(JB 15)
千代田区
S-05 九段下駅 1.3 5.0 東京地下鉄:  東西線 (T-07) ・  半蔵門線 (Z-06)
S-06 神保町駅 0.6 5.6 都営地下鉄:  三田線 (I-10)
東京地下鉄:  半蔵門線 (Z-07)
S-07 小川町駅 0.9 6.5 東京地下鉄:  丸ノ内線(淡路町駅:M-19)・  千代田線新御茶ノ水駅:C-12)
S-08 岩本町駅
(秋葉原)[57]
0.8 7.3 待避可能駅
東日本旅客鉄道:  山手線・  京浜東北線  総武線(各駅停車)(秋葉原駅[* 2]:JY 03・JK 28・JB 19)
東京地下鉄:  日比谷線(秋葉原駅:H-16[* 2]
首都圏新都市鉄道  つくばエクスプレス(秋葉原駅:TX01[* 2]
S-09 馬喰横山駅 0.8 8.1 都営地下鉄:  浅草線東日本橋駅:A-15)
東日本旅客鉄道:  総武線(快速)馬喰町駅:JO 21)
中央区
S-10 浜町駅
明治座前)[* 3]
0.6 8.7  
S-11 森下駅 0.8 9.5 都営地下鉄:  大江戸線 (E-13) 江東区
S-12 菊川駅 0.8 10.3   墨田区
S-13 住吉駅 0.9 11.2 東京地下鉄:  半蔵門線 (Z-12) 江東区
S-14 西大島駅 1.0 12.2  
S-15 大島駅 0.7 12.9 待避可能駅
S-16 東大島駅 [* 4] 1.2 14.1
江戸川区
S-17 船堀駅 金魚 1.7 15.8  
S-18 一之江駅 1.7 17.5  
S-19 瑞江駅 1.7 19.2 待避可能駅
S-20 篠崎駅 [* 5] クスノキ 1.5 20.7  
S-21 本八幡駅 クロマツ 2.8 23.5 東日本旅客鉄道:  総武線(各駅停車)(JB 28)
京成電鉄  本線京成八幡駅:KS16)
千葉県
市川市[* 6]
  1. ^ 新宿駅は他社接続の共同使用駅で、京王電鉄の管轄駅である。
  2. ^ a b c 岩本町駅は秋葉原駅に至近(約150メートル)であるが、かつては連絡駅ではなかったため、乗り継ぎ割引は適用されていなかった。2008年3月15日より岩本町駅とJR秋葉原駅が定期券では接続駅として扱われるようになり、2013年3月16日からは日比谷線との間で乗り継ぎ割引が適用されている[58]
  3. ^ 浜町駅の副駅名「明治座前」はアナウンス・車内モニターのみ使用している。
  4. ^ 所在地は江東区だが、駅のホームは江戸川区に跨って設置されている。
  5. ^ 篠崎駅は東京都内の最東端の駅である。
  6. ^ 本八幡駅は東京都交通局の駅で唯一東京都域外(千葉県市川市)に所在する駅である。なお、東京都シルバーパスは本八幡を含め、全線で利用可能である。

なお、都営新宿線は東京メトロ銀座線をのぞくすべての地下鉄路線と乗り換えが可能である。銀座線とは岩本町 - 小川町間で交差しているが、その箇所に駅は無く、至近の神田駅とは地下連絡通路で結ばれておらず連絡運輸も行なっていない。

一之江駅、瑞江駅、篠崎駅は、地下鉄単独の駅としては珍しく駅ビルや駅前広場、バスロータリーが整備されている。地上駅の東大島駅や船堀駅も駅前広場、バスロータリーの整備がされている。

ホームドア設置

2014年5月16日、東京都交通局は新宿線全21駅に対し、ホームドアを設置する計画があることを発表した[35]。事業費約140億円、事業期間は2014年度(平成26年度)から2019年度(平成31年度)。2018年4月28日に本八幡駅で稼働開始。その後は駅の順番通り[注 7]に順次稼働が開始され、2019年8月10日の新宿三丁目駅での稼働開始[注 7]をもって全駅で設置が完了した[34]。これにより、都営地下鉄全106駅中86駅に設置が完了し、ホームドア設置率81%となった(未設置路線は浅草線のみとなる)。

その他

  • 2000年後期に各駅に発車標が新設された(それ以前にも新宿・岩本町・大島・本八幡の各駅に設置されていた)。LED式の2段表示であるが、急行停車駅の市ヶ谷・神保町・馬喰横山・森下・大島・船堀・本八幡の各駅のものには停車駅のランプ表示が中央に設置されている。2014年には、フルカラーLEDを採用した機種に交換され、交換後の発車標は橙色基調だった文字列が白色基調になった。なお、新宿駅は京王電鉄管理のため、京王線各駅で使用されている発車標を使用している。
  • フジテレビジョンは、お台場に移転するまで曙橋駅が最寄り駅であった。そのためだけではないが、移転前までは、相互乗り入れしている京王電鉄沿線がドラマの舞台地になることが多かった。京王沿線に大映テレビが運営していたドラマスタジオがあった(その後大映から離れた府中多摩スタジオとなるも取り壊し)ことも影響している。また、車内にフジテレビ系列の番組広告や系列新聞社のサンケイスポーツが広告を出しているのもその時代の名残である。
  • 大島車両検修場都営フェスタは開催された事は無い。なお、大江戸線の車両基地でも開催されたことはないが、軌間が同一の馬込車両検修場で車両展示は行っている。
  • 運行番号1ケタの運用において車両の運行番号表示器の10の位は無表示である(都営地下鉄の他路線や東京地下鉄では "03T", "06S" のように表示してあるが、新宿線は京浜急行電鉄と同様に " 5T" のように表示される。京王車が代走として入る場合も同様)。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 東京都交通局10-000形試作車や12-000形試作車では試験用に冷房装置が搭載されたが、営業運転では使用されなかった。
  2. ^ 現在の新宿駅南側に位置する1 - 6番線ホーム、タカシマヤタイムズスクエアJR新宿ミライナタワービル部などの一帯が、かつての新宿貨物駅跡である。
  3. ^ 上越新幹線の当初計画では、東北新幹線東京駅に、上越新幹線は新宿駅にターミナルを置き、大宮駅で合流することを想定していた。ただし、開業から当面は輸送需要が少ないことから、東京 - 大宮間では両新幹線が線路を共用するものとした。
  4. ^ ただし、同年6月に都営10-300形の10両化が実施されるまでは京王車で代走された。
  5. ^ 運転本数が毎時9 - 12本と一定ではなくなった。
  6. ^ 直通運転を開始して以来初めて都営車が京王動物園線に入線
  7. ^ a b 新宿駅は京王電鉄管理の駅のため、他の20駅とは別建てのスケジュール(4番線は2018年11月18日、5番線は2019年2月23日にそれぞれ稼働開始。)で設置された。

出典

  1. ^ a b 「きょうテープカット 都営地下鉄新宿線 岩本町-東大島間あす営業開始」『交通新聞』交通協力会、1978年12月20日、1面。
  2. ^ a b 「都営新宿線、全通へ」『交通新聞』交通新聞社、1989年2月28日、1面。
  3. ^ a b c 篠澤政一(東京都交通局電車部運転課)「輸送と運転」『鉄道ピクトリアル』第51巻第7号(通巻704号)、電気車研究会、2001年7月10日、 26頁、 ISSN 0040-4047
  4. ^ 東京都交通局告示 東京都地下高速電車の路線の名称及び区間」では「新宿線」と定められている。
  5. ^ a b c d e 東京地下鉄道東西線建設史、pp.157 - 162。
  6. ^ 交通協力会『交通技術』1968年7月号「東京周辺地下高速鉄道網の整備計画」pp.6 - 11。
  7. ^ a b c 東京地下鉄道東西線建設史、pp.220 - 228。
  8. ^ a b 東京地下鉄道東西線建設史、pp.208 - 219。
  9. ^ a b c d 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』2005年8月号RAILWAY TOPICS「都営地下鉄新宿線の新車10-300形が営業開始」p.98。
  10. ^ a b c d 都営新宿線 車両新造に伴う編成両数の変更について”. 東京都交通局 (2022年7月28日). 2022年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月28日閲覧。
  11. ^ 平成25年度東京都高速電車事業会計決算審査意見書 (PDF) (東京都監査事務局)
  12. ^ 鉄道ファン、交友社、1980年5月号、p.75
  13. ^ 営業線の概要 (PDF) 」 『都営交通のあらまし2020』、東京都交通局、2020年9月、 2頁、2021年3月6日閲覧。
  14. ^ a b 鉄道ファン、交友社、1980年5月号、p.73
  15. ^ 『ちばの鉄道一世紀』(p246)より。
  16. ^ 加藤新一「『東京ゲージ』をめぐる鉄道史」『地理』第41巻11号(通巻491号)、古今書院、1996年11月、 48-53頁、 NAID 40002447064
  17. ^ 『ちばの鉄道一世紀』(p246, p247)より。
  18. ^ a b c d 東京都交通局80年史、pp. 262 - 266。
  19. ^ 「都営地下鉄新宿-岩本町間営業開始」『交通新聞』交通協力会、1980年3月16日、1面。
  20. ^ 東京都交通局80年史、pp. 273 - 282。
  21. ^ 「“東大島-船堀間”あす開業」『交通新聞』交通協力会、1983年12月22日、1面。
  22. ^ 鉄道ジャーナル』第20巻第13号、鉄道ジャーナル社、1986年12月、 120頁。
  23. ^ a b c d 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』2001年7月臨時増刊号特集「東京都営地下鉄」pp.17・167・180。
  24. ^ 「都営地下鉄の車内でニュースや音楽--11月1日スタート」『毎日新聞(東京朝刊/社会)』毎日新聞社東京都、1994年10月14日、27面。
  25. ^ a b c d e 広藤信行(東京都交通局電車部運転課次席)「都営地下鉄新宿線で急行運転開始両」『鉄道ピクトリアル』第48巻第4号、株式会社電気車研究会 鉄道図書刊行会、1998年4月1日、 60-63頁。
  26. ^ 大江戸線国立競技場〜六本木〜上野御徒町〜都庁前間の平成12年12月12日(火)開業に伴う始終発時刻等について”. 東京都交通局 (2000年11月15日). 2001年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月13日閲覧。
  27. ^ a b c 新宿線のダイヤが変わります(東京都交通局トピックス・インターネットアーカイブ・2001年時点の版)。
  28. ^ a b c 「Railway Topics」『鉄道ジャーナル』第35巻第5号、鉄道ジャーナル社、2001年5月1日、 98頁。
  29. ^ a b 12月1日都営新宿線ダイヤ改正(東京都交通局ニュースリリース・インターネットアーカイブ・2004年時点の版)。
  30. ^ 新宿線車両を一部10両編成化します 〜6月1日より順次導入〜 2010年5月26日 東京都交通局
  31. ^ a b “【東京都】10-300R形 引退する”. 鉄道ホビダス RMニュース (ネコ・パブリッシング). (2017年2月15日). http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2017/02/10-300r_1.html 2017年2月19日閲覧。 
  32. ^ a b “10-300R形10-330編成が若葉台へ”. 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース (交友社). (2017年2月18日). http://railf.jp/news/2017/02/18/203000.html 2017年2月19日閲覧。 
  33. ^ “都営新宿線10-000形8次車が営業運転終了”. 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース (交友社). (2018年2月12日). https://railf.jp/news/2018/02/12/201000.html 2018年2月15日閲覧。 
  34. ^ a b 新宿線ホームドア設置スケジュール (PDF)”. 東京都交通局. 2019年7月11日閲覧。
  35. ^ a b 都営新宿線全21駅へのホームドア整備について - 東京都交通局、2014年5月16日
  36. ^ a b c d 東京都交通局『東京都交通局80年史』pp.267 - 268。
  37. ^ a b c d e 東京都交通局『東京都交通局80年史』pp.269 - 272。
  38. ^ 交通協力会『交通技術』1974年4月号「京王帝都電鉄新宿駅改良計画」pp.19 - 41。
  39. ^ a b 東京都交通局「都営交通のあらまし(2022)」 (PDF) p.13。
  40. ^ 鉄道電化協会『電気鉄道』1979年1月号「京王帝都電鉄京王新線(新宿・笹塚間線増線)の電気設備の概要」pp.3 - 6。
  41. ^ a b 土木技術社『土木技術』1978年3月号工事報告「新宿駅の地下を抜くシールド工事(地下鉄10号線国鉄受託工区)」pp.32 - 40。
  42. ^ 大規模開削によるシールドトンネルの影響解析 - 昭和50年度土木学会関東支部年次研究発表会講演概要集 3-20(インターネットアーカイブ)。
  43. ^ a b 日本トンネル技術協会『トンネルと地下』1978年9月号施工「ビルの直下を抜く - 地下鉄新宿線新宿シールド - 」pp.25 - 32。
  44. ^ 山海堂『土木施工』1976年7月号施工研究「都営地下鉄10号線花園工区大口径シールド工事」pp.11 - 18。
  45. ^ a b 山海堂『土木施工』1972年6月号施工研究「市ヶ谷駅横断地下鉄8号、10号線の工事計画」pp.23 - 30。
  46. ^ a b 山海堂『土木施工』1974年12月号施工研究「通勤幹線の下を掘る国鉄市ヶ谷駅下横断地下鉄10号線建設工事」pp.11 - 22。
  47. ^ a b 日本トンネル技術協会『トンネルと地下』1976年9月号施工施工「国電市ケ谷駅の下を抜く 地下鉄10号線」pp.31 - 40。
  48. ^ a b c d e 日本トンネル技術協会『トンネルと地下』1977年10月号施工「銀座線の下を掘る 地下鉄10号線須田町工区」pp.33 - 40。
  49. ^ 都営新宿線 10両編成の列車が増えます - 東京都交通局 2016年8月16日
  50. ^ 都営地下鉄新宿線のダイヤ改正について” (日本語). 東京都交通局 (2022年12月16日). 2022年12月18日閲覧。
  51. ^ “12月31日~1月1日にかけて終夜運転を京王線・井の頭線で実施します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京王電鉄株式会社, (2018年11月29日), https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2018/nr181129_syuyaunten.pdf 2018年12月7日閲覧。 
  52. ^ 京王「高尾山冬そば号」運転 - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2016年2月22日
  53. ^ 笹塚駅工事に伴い京王新線の一部の列車が運休します京王電鉄
  54. ^ 最混雑区間における混雑率(令和3年度) (PDF)”. 国土交通省. p. 3 (2022年7月22日). 2022年7月24日閲覧。
  55. ^ 都営地下鉄 路線別輸送人員の推移(一日平均) - 東京都交通局
  56. ^ 「都市交通年報」各年度版
  57. ^ 岩本町駅に副名称を設定します”. 東京都交通局 (2021年7月15日). 2021年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月15日閲覧。
  58. ^ 平成25年3月16日(土) 東京の地下鉄がさらに便利になります (PDF) - 東京地下鉄、2013年2月15日

参考文献

  • 交通協力会『交通技術』1974年4月号「京王帝都電鉄新宿駅改良計画」
  • 日本トンネル技術協会『トンネルと地下』
    • 1976年9月号施工「国電市ケ谷駅の下を抜く 地下鉄10号線」
    • 1977年10月号施工「銀座線の下を掘る 地下鉄10号線須田町工区」(知久 富夫・糸永 邦夫・東京都交通局高速電車建設本部第五建設事務所)
    • 1978年9月号施工「ビルの直下を抜く - 地下鉄新宿線新宿シールド - 」(中平 岩男・柚木 豊・加瀬谷 和夫・東京都交通局高速電車建設本部第四建設事務所)
  • 山海堂土木施工
    • 1972年6月号施工研究「市ヶ谷駅横断地下鉄8号、10号線の工事計画」(宇野 浩彰・日本国有鉄道東京第三工事局次長)
    • 1974年12月号施工研究「通勤幹線の下を掘る国鉄市ヶ谷駅下横断地下鉄10号線建設工事」
    • 1976年7月号施工研究「都営地下鉄10号線花園工区大口径シールド工事」(中平 岩男・酒井 孝一・東京都交通局高速電車建設本部第4建設事務所、三浦 英夫・五洋建設(株)工事課長)
  • 土木技術社『土木技術
    • 1978年3月号工事報告「新宿駅の地下を抜くシールド工事(地下鉄10号線国鉄受託工区)」(斎藤 公男・藤森 悦三・山本 博之・国鉄東京第三工事局土木第一課・新宿工事区)
  • 鉄道電化協会『電気鉄道』1979年1月号「京王帝都電鉄京王新線(新宿・笹塚間線増線)の電気設備の概要」

関連項目