安田章一郎

日本の英文学者 (1914-2019)

安田 章一郎(やすだ しょういちろう、1914年2月6日[1] - 2019年11月13日[2])は、英文学者名古屋大学名誉教授。

経歴編集

島根県生まれ。1937年京都帝国大学文学部英文科卒、浪速大学奈良女子大学教授、1971年名古屋大学教授、1977年定年退官、甲南女子大学教授を務めた。T・S・エリオットW・H・オーデンジェラード・マンリ・ホプキンスなど英国モダニズム詩人を研究、翻訳した。深瀬基寛の一番弟子。

2019年11月13日、呼吸不全のため死去[2]。105歳没。死没日をもって従四位に叙される[3]

著書編集

  • T・S・エリオット研究』南雲堂不死鳥選書 1964
  • 『G・M・ホプキンズ研究』清水弘文堂書店 1968
  • 『ホプキンズのこころ』(編)山口書店 1979
  • 『エリオットの昼』山口書店 1984
  • 『セル・カステーラ・桐の花』修学社 1994
  • 『荒野の中の批評』修学社 1994
  • 『老いの繰り言』京都修学社 2003
  • 『時未だし』京都修学社 2004
  • 『金木犀』京都修学社 2009
  • 『花ひらく森』京都修学社 2013

翻訳編集

記念論集編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ a b “安田章一郎さん 名古屋大名誉教授、英文学”. 東京新聞社. (2019年11月16日). https://web.archive.org/web/20191118165813/https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/obituaries/CK2019111602000146.html 2019年11月19日閲覧。 
  3. ^ 『官報』第153号8頁 令和元年12月16日号