安積親王

聖武天皇の皇子
安積親王
時代 奈良時代
生誕 神亀5年(728年
薨去 天平16年閏1月13日744年3月7日
父母 父:聖武天皇、母:県犬養広刀自
兄弟 井上内親王孝謙天皇不破内親王基王安積親王
テンプレートを表示

安積親王(あさかしんのう)は、聖武天皇の第2皇子。母は県犬養広刀自

来歴編集

神亀5年(728年)に聖武天皇の第2皇子として生まれる[1]。同年9月13日に皇太子基皇子が死去したため、聖武天皇唯一の皇子であり、皇太子の最も有力な候補となった。しかし、天平10年(738年)1月13日に光明皇后を母に持つ阿倍内親王(後の孝謙・称徳天皇)が立太子される。

天平8年(736年)5月、すでに伊勢斎王になっていた姉・井上内親王のために写経をおこなっている[2]。天平15年(743年)には恭仁京にある藤原八束の邸にて宴を開いているが、この宴には当時内舎人であった大伴家持も出席しており、家持が詠んだ歌が『万葉集』に残されている。

天平16年(744年)閏1月11日、難波宮に行啓の際、その途中に桜井頓宮で脚気になり恭仁京に引き返すが、2日後の閏1月13日に17歳で死去した。その死があまりにも急で不自然なところもあったことから、藤原仲麻呂に毒殺されたという説も根強い。

 
安積親王 和束墓(京都府和束町)

墓は宮内庁により「和束墓」として京都府相楽郡和束町に治定されている。

系譜編集

参考文献編集

  • 横田健一「安積親王の死とその前後」(『白鳳天平の世界』、創元社、1973年)。
  • 木本好信「藤原仲麻呂による安積親王暗殺説の検討」(『政治経済史学』452号、2004年)。
  • 山口 博「安積皇子の死」(『史聚』39・40合併号、2007年)。

脚注編集

  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 22頁。
  2. ^ 『大日本古文書』