メインメニューを開く

不破内親王(ふわないしんのう、生没年不詳)は、奈良時代から平安時代初期にかけての皇族聖武天皇の皇女。母は夫人県犬養広刀自光仁天皇皇后井上内親王の同母妹。

目次

略歴編集

時期は不明であるが、新田部親王の子で天武天皇の孫にあたる塩焼王と結婚している。また、一時、内親王の身位を剥奪されたことがあったというが、具体的な時期や事情はわかっていない。

天平宝字8年9月18日(764年)、塩焼王が藤原仲麻呂の乱に参加して殺害されている[1]が、不破内親王と息子・氷上志計志麻呂は連坐を免れている。

神護景雲3年(769年)5月、県犬養姉女、新田部親王の娘である忍坂女王石田女王と共謀して称徳天皇を呪詛し、志計志麻呂を皇位につけようとしたとして、再び内親王の身位を廃され、厨真人厨女(くりやのまひとくりやめ)と改名させられた上、平城京内の居住を禁じられた。志計志麻呂は土佐国に配流されている[2]。同年7月には、生活の資として、封戸40戸と水田10町を与えられている[3]

宝亀3年(772年)12月、呪詛事件は誣告による冤罪であったとして、内親王に復帰している[4]

延暦元年(782年)閏正月、息子の氷上川継が謀反を起こそうとしたとして伊豆国に配流されたのに連坐して、娘たちとともに淡路国に配流された[5]。延暦14年(795年)12月、和泉国に移された[6]。以後の消息は不明である。

伝承編集

 
松虫姫

千葉県印西市に所在する松虫寺に、不破内親王にまつわる伝承が残っている。不破内親王は幼名を松虫姫といったが、不幸にしてを患い、手の施しようがなかったが、夢に、下総国に効験あらたかな薬師如来が鎮座するとの託宣があった。姫がこれを信じて東国に下ったところ、下総国印旛郡の萩原郷にはたして夢に見た薬師堂があり、かの地に庵を結んで一心に平癒を祈り、ついに全快することを得た。聖武天皇はこれを喜び、行基に命じて一寺を建立させ「松虫寺」と称したという物語である。

また、不破内親王は死に臨んで松虫寺に分骨されることを望み、かなえられて松虫寺に分骨塚が築かれたという。現在も松虫寺には「松虫姫御廟」と呼ばれる堂がある。

なお、松虫姫伝説については、大衆文学研究会編『房総の不思議な話、珍しい話』(侖書房、1983年)による。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『続日本紀』巻第二十五、廃帝 淳仁天皇、天平宝字8年9月29日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第二十九、称徳天皇、神護景雲3年5月25日条
  3. ^ 『続日本紀』巻第三十、称徳天皇、神護景雲3年7月10日条
  4. ^ 『続日本紀』巻第三十二、光仁天皇、宝亀3年12月12日条
  5. ^ 『続日本紀』巻第三十七、桓武天皇 今皇帝 天応2年閏1月11日条、閏1月14日条
  6. ^ 『日本後紀』巻第四、桓武天皇、延暦14年12月22日条(逸文)

参考文献編集

関連項目編集