メインメニューを開く

安藤 直則(あんどう みちのり、安永9年9月24日1780年10月21日) - 文政6年10月19日1823年11月21日))は、紀伊田辺藩の第14代当主。分家の大身旗本安藤直之の三男。正室は三浦為積の娘在。継室は勧修寺経逸の娘。子は安藤直裕(次男)。官位は帯刀、伊賀守。幼名は岩三郎。

文化7年(1810年)2月29日、実弟で先代当主の直與が死去したため、末期養子として家督を継ぐ。同年12月16日、従五位下に叙任し、帯刀を称する。文政6年(1823年)没し、跡を養子の直馨が継いだ。