メインメニューを開く

宗方姉妹

1950年の映画

宗方姉妹』(むねかたきょうだい)は1950年(昭和25年)8月8日公開の小津安二郎監督の日本映画

宗方姉妹
The Munekata Sisters
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
小津安二郎
原作 大佛次郎
製作 児井英生
肥後博
出演者 田中絹代
高峰秀子
音楽 斎藤一郎
撮影 小原譲治
編集 後藤敏男
配給 新東宝
公開 日本の旗 1950年8月25日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 8378万円[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

当時の新東宝が力を入れていた文芸大作路線の一作である。監督には松竹から小津安二郎が招かれ、小津にとっては初めて松竹を離れて制作した映画となった。ストーリーは大佛次郎の同名小説を原作とし、因習にとらわれて生きる姉と奔放な妹を対比させながら変わりゆく家庭の姿を描いている。

あらすじ編集

京都の寺を間借りする宗方忠親が、娘の満里子に東京での生活を聞いているとパリ帰りの田代がやってきた。忠親は、妹・満里子の面倒を見たり失業中の夫・三村亮助を抱えてバーで働いている節子の身の上を案じていた。満里子が、なぜ田代と結婚しなかったのかと節子に聞くと自分の気持ちに気づくのが遅かったと答える。亮助は節子に離婚話を持ちかけ、抗議する彼女を殴ったが、発作で倒れ亡くなった。節子は、田代に夫の死を背負ったままでは再婚できないと打ち明けるのだった。

スタッフ編集

キャスト編集

作品データ編集

テレビドラマ編集

本作を原作とするテレビドラマが、1961年10月13日TBS系列の『近鉄金曜劇場』で放送された。

スタッフ編集

キャスト編集

TBS系列 近鉄金曜劇場
前番組 番組名 次番組
宗方姉妹
(ドラマ版)

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)80頁

外部リンク編集