メインメニューを開く
1955年

斎藤 一郎(さいとう いちろう、1909年8月23日 - 1979年11月16日)は日本映画音楽作曲家である[1]彩木 暁(さいき あきら)のペンネームも用いた。

目次

経歴編集

1909年(明治42年)8月23日、千葉県に生まれる[1]

国立音楽学校ヴァイオリンを学んだ後、ヴァイオリニストとして映画音楽のオーケストラで演奏し、作曲池内友次郎池譲に学んだ。1952年昭和27年)、第7回毎日映画コンクールにおいて『西鶴一代女』、『おかあさん』、『稲妻』、『秘密』で音楽賞を受賞。1954年(昭和29年)には第1回東南アジア映画祭(現在のアジア太平洋映画祭)において『金色夜叉』で音楽賞を受賞した。

1979年(昭和54年)11月16日、死去した[1]。満70歳没。

作品編集

映画音楽編集

テレビドラマ編集

校歌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 細川片山[2008], p.297.

参考文献編集

外部リンク編集