宝塚市学童誘拐事件

宝塚市学童誘拐事件(たからづかしがくどうゆうかいじけん)は、1980年1月23日に発生した身代金目的の誘拐事件。

概要編集

被害者は豊中市の私立学園に通う小学一年生(当時7歳)で、宝塚市の歯科医師の長男。下校時、阪急中山駅(現在の中山観音駅)付近で誘拐される。1月23日16時40分、歯科医師宅に容疑者から身代金3千万円の要求の電話が入る。同日20時36分、県警記者クラブに属する一部の新聞社と連絡が取れないため、報道協定の仮協定成立。その後、本協定が結ばれる。1月24日9時すぎ、立地条件の良さ(あたりは人や車の動きが激しく、記者団の出入りは目立ちにくい上、直売所はいわば身内。宝塚署も被害者宅も近い)から、読売新聞本社および支局の前線待機本部を宝塚直売所に設置。1月25日、8回におよぶ電話での取引の末15時前、武庫川の堤防で兵庫県警の自動車警ら隊が容疑者を緊急逮捕。被害者は、両手、両足、口、目にガムテープを貼られた状態で犯人の車のトランクに入れられており、47時間の監禁の末に保護。同日15時半、兵庫県警は報道協定解除を宣言。

なお職務質問により被疑者逮捕にこぎつけた自動車警ら隊の隊員2人は、警察庁長官賞詞を受け一階級特進となった。

しかし、報道協定解除前に容疑者逮捕の瞬間を読売本社のヘリコプターが現場上空から撮影したことで、協定違反に問われた読売新聞は兵庫県警察記者クラブから無期限(実質三か月間)出入り禁止処分を受けた。

容疑者・犯行の動機編集

容疑者は喫茶店経営を夢見ており、サラリーマン生活をやめると喫茶店のバーテン、雇われマスターの経験を積み、大阪市内で自分の店を持つまでにこぎつけた。しかし、知人の頼みで300万円の手形を貸したが、知人が決済できないことから、知人と共謀して、韓国人から2000万円を騙し取った。それが暴力団に露見し、組員の目を逃れるために喫茶店を閉め、親子3人(容疑者とその妻・息子一人)、箕面市内で隠れるようにして暮らす。結局、喫茶店の利権、遺産、また実兄からも借金をして、韓国人に騙し取った2000万円を返済する。その後、定職にも就けずに生活費にも事欠き、子供の授業料も滞納するところまで追い詰められ、誘拐を計画。自宅にあった子供の学園の名簿からPTA会長である歯科医宅を見つけ犯行に及ぶ。容疑者の息子は被害者と同級生だった。

映画編集

参考文献編集

  • 「誘拐報道」(1981年、新潮社発行、読売新聞大阪社会部著)

関連項目編集