宝成寺

千葉県船橋市西船にある寺院

宝成寺(ほうじょうじ)は、千葉県船橋市西船六丁目にある寺院である。

宝成寺
Hojo-ji (Funabashi).JPG
所在地 千葉県船橋市西船6-2-30
山号 茂春山(もしゅんざん)
宗派 曹洞宗
創建年 江戸時代初期
開基 成瀬正成
正式名 茂春山寶成寺
茂春山宝成寺
法人番号 5040005002776 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

由緒編集

社伝によると江戸時代初期に、同地域を治めていた栗原藩成瀬家菩提寺として創建された。曹洞宗派の寺院。同寺には、成瀬正成の次男之成と之成に殉死した3人の家臣、夭折した之虎、第7代犬山城主成瀬正寿など、17基が存在する。市内唯一の大名家の墓所であり、「成瀬氏の墓 附 墓誌」として船橋市の文化財に指定されている。

なお、同寺を栗原藩陣屋とする説もあるが、記述の通り、ここは藩主の菩提寺であり、陣屋はここから離れていない場所に別に求めるのが妥当であると考えられる。

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集