メインメニューを開く

実川 延松(じつかわ えんしょう、1894年5月17日 - 没年不詳)は、日本の俳優映画監督である。本名成子 松太郎(なるこ まつたろう)。天活大阪支社の「連鎖劇」から帝キネ設立に参加し、のちに独立、牧野省三直木三十五中川紫郎ら大正末期のインディペンデント系プロデューサーと共闘した。

じつかわ えんしょう
実川 延松
実川 延松
本名 成子松太郎
生年月日 (1894-05-17) 1894年5月17日
没年月日 不詳年
出生地 大阪府大阪市
職業 俳優、映画監督
『権八と小紫』(1924年、松竹)で平井権八役を演じた実川。遊女の小紫は東愛子が演じた

目次

来歴・人物編集

1894年(明治27年)5月17日大阪市に生まれる。旧制小学校を卒業、大阪歌舞伎の二代目實川延二郎に入門した。19歳になる1913年(大正2年)ころ上京、歌舞伎座に所属しながら、演技座大黒座宮戸座等で修行する[1]

1919年(大正8年)に大阪に帰り、天然色活動写真(天活)の大阪支店が経営する劇場で「連鎖劇」に出演する。天活は同年内に解体され、翌1920年(大正9年)5月、天活大阪支社と天活小阪撮影所を改組、帝国キネマ演芸(帝キネ)が設立されると同社に参加、中川紫郎とともに同社に入社した嵐璃徳[2]主演、中川の監督作に多く出演、1924年(大正13年)までに90本以上に出演、主演もしたが、同年3月に帝キネを退社、松竹下加茂撮影所に移籍する。同撮影所でも30本近く出演したのち、翌1925年(大正14年)3月、野村芳亭監督の『京屋のお糸』への出演を最後に松竹を退社[1]嵐橘太郎尾上多見右衛門玉木光子ら一派をつれて独立する。実川が31歳となる年である。

実川の独立と同時期に、帝キネで実川の出演作を監督していた中川紫郎も独立し、奈良市内に中川映画製作所を設立、撮影所を建設していた。また同時期に同市内では小説家直木三十三が映画製作に進出、連合映画芸術家協会を設立しており、その設立には、同時期に東亜キネマから独立して、マキノ・プロダクションを起こした牧野省三が密接に協力していた。実川は、中川が製作した3本の映画にすべて出演するかたわら、マキノ御室撮影所作品にも延松一派を引き連れて出演し、実川は主演した。実川が主演したマキノ作品のうち、1926年(大正15年)前半の1作は実川自身が監督した『性の争奪』で、マキノ・プロダクション鷲尾撮影所で製作された。また同年3月には、実川の延松映画社が製作した2作が公開された。そのうちの1作『丹生島』は実川が監督している。

1927年(昭和2年)には帝キネに返り咲いたが、40本以上に出演したのち、36歳になった1930年(昭和5年)には、同社を退社、映画界から遠ざかった。その後の消息は知られていない[1]

おもなフィルモグラフィ編集

帝国キネマ - 松竹下加茂
独立プロ時代
帝キネ復帰以降

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「実川延松」の項(p.268)を参照。同項執筆は田中純一郎
  2. ^ 『日本映画監督全集』(キネマ旬報社、1976年)の「中川紫郎」の項(p.279-280)を参照。同項執筆は奥田久司

外部リンク編集