メインメニューを開く

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

  • (しつ)
    • 部屋のこと。単独の言葉として「室」ということは少なく、「室内」「満室」など造語成分として用いられることが多い。また、部屋の数を表す助数詞としても用いる(「168室」など)
    • 官庁・会社などの組織における区分の一つ。・課などの系列とは独立して設けられることが多い。の長は「室長」(しつちょう)、室長以外の室の構成員を「室員」(しついん)という。
    • 二十八宿の一つ。室宿。はつゐぼし。
    • 貴族や有力者などののこと。正室側室も参照。
    • 有力者の一族、家族。
  • (むろ)
    • 保存・断熱・育成などの目的で作られた部屋。氷室(ひむろ)、麹室(こうじむろ)など。
    • 北海道運輸局室蘭運輸支局本庁舎管内のナンバープレートの表示(2文字化前)。
  • 奈良県御所市にある地名。古くからの地名で、『和名抄』にも大和国葛上郡に「牟婁郷」と見える[1]。奈良県御所市大字室。室宮山古墳がある。
  • 日本における苗字のひとつ。北海道、東京都、京都府などに住んでいる。県の単体で見ればさほど多くはないが全体で見るとさほど少なくはない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「牟婁郷」 『日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』 平凡社、1981年。