御所市

日本の奈良県の市

御所市(ごせし)は、奈良県の中部に位置する

ごせし ウィキデータを編集
御所市
御所市旗 御所市章
御所市旗
1978年11月1日制定
御所市章
1958年3月31日制定
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
市町村コード 29208-7
法人番号 1000020292087 ウィキデータを編集
面積 60.58km2
総人口 23,167[編集]
推計人口、2022年6月1日)
人口密度 382人/km2
隣接自治体 大和高田市橿原市五條市葛城市高市郡高取町吉野郡大淀町
大阪府南河内郡千早赤阪村
市の木 クスノキ
市の花 ツツジ
御所市役所
市長 東川裕
所在地 639-2298
奈良県御所市1番地の3[1]
北緯34度27分48秒 東経135度44分24.8秒 / 北緯34.46333度 東経135.740222度 / 34.46333; 135.740222 (御所市)座標: 北緯34度27分48秒 東経135度44分24.8秒 / 北緯34.46333度 東経135.740222度 / 34.46333; 135.740222 (御所市)
Gose city office.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

御所市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

市名の由来は、当地に勢力を持っていた巨勢氏の「こせ」が転じた説や、当地にある三室山の「三室」が「御室」、「御諸」、「御所」と転じたとする説[2]、市内を流れる葛城川に5つの瀬があったとする説[要出典]孝昭天皇の「御諸」が「御所」に変わったとする説[要出典]が挙げられている。奈良県内で一番人口が少ない市である。

地理編集

 
御所市中心部周辺の空中写真。
2011年10月9日撮影の4枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

奈良盆地の西南端に位置し、西には大和葛城山金剛山が聳え立つ。南は風の森峠を越えれば、五條市となる。中心部は「大字」による地名がなく、番地のみの住所となっている(郵便番号では通称の町名を使用)。

歴史編集

古代の大和国葛上郡の地で、古瀬付近は高市郡巨瀬郷に属した。江戸時代後期に永井家が櫛羅地域に櫛羅藩陣屋を設けたことでも知られている。

鴨都波神社一言主神社、名柄神社、高鴨神社葛木御歳神社など数多くの延喜式内社を残し、室大墓をはじめ古代遺跡も豊富。古代豪族葛城氏の本拠地であり、近年も2004年極楽寺ヒビキ遺跡が、2009年には秋津遺跡が発見された。水平社運動発祥の地である。

沿革編集

市域の変遷編集

明治22年 明治30年 大正4年 昭和29年 昭和30年 昭和31年 昭和33年 現在
奈良県
葛上郡 南葛城郡 御所市
御所町 御所町 御所町
秋津村
掖上村
葛村
櫛羅村 大正村
楢原村
鎌田村
三室村
東松本村
西松本村
小林村
竹田村
吐田郷村 葛上村
葛城村

行政編集

なお、衆議院議員選挙の選挙区は「奈良県第3区」、奈良県議会議員選挙の選挙区は「御所市選挙区」(定数:1)となっている[5]

経済編集

産業編集

金融機関編集

  • 南都銀行 御所支店(大字無し・小字大広町)、掖上支店(柏原)、吉野口支店(戸毛)

農業協同組合(JAならけん)編集

  • 御所支店(大字無し)
  • 御所経済センター(豊田)
  • 掖上支店(柏原)
  • 秋津支店(室)
  • 御所葛支店(古瀬)
  • 葛城支店(五百家)

日本郵政グループ編集

(※2014年6月現在)

  • 御所郵便局(大字無し・小字栄町) = 集配局。
  • 御所大正郵便局(櫛羅=くじら)
  • 御所柳田(やなぎだ)郵便局(柳田町)
  • 御所寺内郵便局(大字無し・小字代官町)
  • 名柄郵便局(増=まし)
  • 御所掖上(わきがみ)郵便局(柏原)
  • 御所葛(くず)郵便局(戸毛=とうげ)
  • 御所吉野口郵便局(古瀬=こせ)
  • 御所葛城郵便局(五百家=いうか)
  • 秋津簡易郵便局(室)

※ 秋津簡易郵便局を除く各郵便局にはゆうちょ銀行のATMが設置されており、御所郵便局ではホリデーサービスを実施。

御所市内の郵便番号は「639-22xx」「639-23xx」(いずれも御所郵便局の集配担当)となっている。

地域編集

人口編集

 
御所市と全国の年齢別人口分布(2005年) 御所市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 御所市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

御所市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

奈良県統計  

  • 2007年10月1日現在 : 31,255人
  • 人口増加率(2002年→2007年) : -7.6%

県の施設編集

教育編集

 
アザレアホール(御所市立図書館・御所市文化ホール)

高等学校編集

中学校編集

小中一貫校編集

小学校編集

交通編集

鉄道・索道編集

路線バス編集

道路編集

自動車専用道路編集

一般国道編集

県道編集

観光編集

 
大和葛城山自然ツツジ園

名所編集

旧跡編集

社寺編集

施設編集

キャラクター編集

御所市では「ゴセンちゃん」と名付けたマスコットキャラクターを制定し、市のPRに使用している。ゴセンちゃんは、葛城山金剛山をモチーフにした緑色の髪に、市の花であるツツジの髪飾りと、注連縄をデザインしたカチューシャを着けており、「神の使い」という設定になっている[6]

著名人編集

出身者編集

ゆかりの著名人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 御所市役所の位置を定める条例
  2. ^ 谷川 2015, p. 171.
  3. ^ 図典 日本の市町村章 p165
  4. ^ 市議会のしくみ”. 2018年12月16日閲覧。
  5. ^ 選挙区と定数 奈良県選挙管理委員会
  6. ^ 御所市マスコットキャラクター ゴセンちゃん. 御所市. 2021年4月27日. 2021年10月11日閲覧.
  • 小学館辞典編集部 編 『図典 日本の市町村章』(初版第1刷)小学館、2007年1月10日。ISBN 4095263113 
  • 谷川彰英 『47都道府県・地名由来百科』丸善出版、2015年。ISBN 978-4-621-08761-9 

外部リンク編集