メインメニューを開く
室鳩巣

室 鳩巣(むろ きゅうそう、万治元年2月26日1658年3月29日) - 享保19年8月12日1734年9月9日))は、江戸時代中期の儒学者。室玄樸の子。は直清、字は師礼、通称は新助(信助とも)、号は鳩巣・滄浪。

生涯編集

万治元年(1658年)、室玄樸の子として、武蔵国谷中村(現在の東京都台東区谷中)で生まれる。

寛文12年(1672年)、金沢藩に仕え、藩主前田綱紀の命で京都木下順庵の門下となる。正徳元年(1711年)、新井白石の推挙で、江戸幕府の儒学者となる。徳川家宣家継吉宗の3代に仕え、幕府より駿河台に屋敷を与えられ献策と書物の選進、吉宗期にはブレーンとして享保の改革を補佐する。湯島聖堂において朱子学の講義を行い、赤穂事件において赤穂浪士への処罰をめぐり浪士を擁護したことでも知られる。

著作に『五常名義』、『五倫名義』、『駿台雑話』、『赤穂義人録』、『兼山麗澤秘策[1]、『六諭衍義大意』など。門下に中村蘭林中根東里河口静斎大地奚疑浅岡芳所室勿軒伊東澹斎奥村修運青地斎賢青地礼幹小谷継成河口仲賓児玉図南蘆野東山などがいる。

享保19年(1734年)、死去。

著作(近現代の刊行)編集

  • 駿台雑話 (森銑三校訂 岩波文庫、1936年)
  • 日本教育思想大系 林羅山・室鳩巣 (日本図書センター、1979年7月)
  • 鳩巣先生文集 (杉下元明編 近世儒家文集集成. 第13巻 ぺりかん社, 1991.10.

室鳩巣を演じた俳優編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 7代将軍徳川家継の後見人として、徳川吉宗の最大のライバルであった尾張藩主徳川吉通の突然の死に関し、「食後に血を吐き、苦しみながら死んだ。医者も全く手に負えなかったため、多くの者がその死を疑った」との記述がある。同年の数か月前に尾張藩士2人が吐血頓死・自害する事件が起きている。また、江島生島事件に関しては、事件の顛末に触れた記述の中に「不義密通」の文言が無かったため、事件が当時大奥で権勢を奮っていた月光院派を排除するための、天英院派の陰謀・でっち上げだったとする説の根拠となっている。