メインメニューを開く
本来の表記は「室昉」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

室昉(しつぼう、920年 - 994年)は、(契丹)の政治家は夢奇。本貫南京析津府

経歴編集

幼いころから学問につとめ、20年にわたって戸外に出なかったので、郷里の人さえ知る者がなかった。会同初年、進士に及第し、盧龍軍巡捕官となった。10年(947年)、太宗開封に入城すると、室昉は知制誥に任じられて儀礼を統轄した。天禄年間、南京留守判官となった。応暦年間、翰林学士に累進し、十数年にわたって宮中に出入りした。保寧年間、政事舎人を兼ね、たびたび諮問を受けて古今の歴史上の得失について答えた。景宗は室昉に司法官としての才能があると考えて、南京副留守に任じて、訴訟を決裁させた。室昉は工部尚書に転じ、まもなく枢密副使となり、参知政事をつとめた。ほどなく枢密使に任じられ、北府宰相を兼ね、同政事門下平章事の位を加えられた。乾亨初年、監修国史を命じられた。

統和元年(983年)、老年のため引退を願い出たが、許されなかった。『尚書』無逸篇を献上して諫めると、睿智太后の賞賛を受けた。2年(984年)秋、諸嶺の道路を改修するよう命を受けて、民夫20万を動員して工事した。このころ室昉は韓徳譲耶律斜軫らと協力して聖宗を補佐し、租税を抑えて民力の休養につとめ、信賞必罰を徹底したので、治世は比較的に安定した。4年(986年)、韓徳譲とともに当年の山西の租税を免除するよう上奏した。

8年(990年)、再び引退を願い出た。請願はしりぞけられたが、入朝のときに拝礼を免除される特権を受け、睿智太后が閤門使の李従訓を派遣して労をねぎらわせた。南京析津府に住むよう命じられ、鄭国公に封じられた。晋国公主が南京析津府に仏寺を建てると、聖宗が額を賜ろうとしたが、室昉は以前の勅命に違反するとして諫める上奏をおこない、聞き入れられた。9年(991年)、編纂した『実録』20巻を献上すると、聖宗の賞賛を受けて、政事令の位を加えられた。

後任に韓徳譲を推薦してまたも引退を願い出たが、やはり聞き入れられなかった。聖宗は室昉の老体をいたわって、輦に乗って入朝することを許した。12年(994年)、病が重くなると、聖宗が翰林学士の張幹を室昉の邸に派遣して見舞わせ、中京留守に任じ、尚父の位を加えた。75歳で死去した。尚書令の位を追贈された。

伝記資料編集