宮保鶏丁

中華料理

宮保鶏丁(ゴンバオジーディン、拼音: Gōngbǎo Jīdīng)は、鶏肉ピーナッツ唐辛子とともに炒めた四川料理、または北京料理山東料理)である。別名は宮爆鶏丁公爆鶏丁(いずれも発音は同じ、拼音: Gōngbào Jīdīng)。英名はクンパオチキン英語: Kung Pao chicken)。

宮保鶏丁
Kung-pao-shanghai.jpg
宮保鶏丁
各種表記
繁体字 宮保雞丁
簡体字 宫保鸡丁
拼音 gōng bǎo jī dīng
発音: ゴンバオジーディン
テンプレートを表示

呼称編集

  • 「鶏丁」は鶏肉の角切りを意味する。
  • 「宮保」は異説もあるが、以下のような説が信じられている。
    1. の時代の官僚、山東の長官であった丁宝楨は、皇太子の教育係である太子太保の役職にあったことから「丁宮保」と呼ばれていた。丁は宴席で、鶏肉とカシューナッツをピリ辛味で炒めた料理を考案し、人々をもてなしていた。これが好評であり、宮保鶏丁と呼ばれるようになった[1]。丁は出世していき、四川総督になる。四川の蒸し暑い気候に合わせて唐辛子を多用するようにした料理も、同じ宮保鶏丁と呼ばれた[1]
    2. 時代が下って、清の官位の名称では具合が悪いと同音の「宮爆」「公爆」を用いるようになった[2]。また「爆」の字は中国料理においては「炒」よりもはるかに強い火力で短時間に加熱する料理法を指す。

概要編集

宮保鶏丁は四川料理の中でもっとも知られる料理の一つである。そのため、中国のレストランでは四川料理を扱っていなくてもメニューに載っていることが多い。多くのレストランではピーナッツを使うが、高級レストランではピーナッツの代わりにカシューナッツを使うこともある(ただし、カシューナッツを用いたものはアメリカ風中華料理の「腰果鶏丁」と称され、宮保鶏丁とは区別される)。

宮保鶏丁と同様に食材をピーナッツとトウガラシで炒めた料理に、宮保海螺片(ツブ貝を薄切りにしたもの)、宮保蝦仁(エビ)、宮保牛肉(牛肉)といった料理があるほか、カエル牡蠣タウナギなどを用いた料理もある[3]

同名の料理でも北京料理山東料理)と四川料理とでは異なる味となっている[1]

その他編集

  • 中国初の有人宇宙飛行を行った神舟5号には、宇宙食として八宝飯魚香肉絲、宮保鶏丁といった中華料理が用意されていた[4]

出典編集

  1. ^ a b c 北京の伝統料理研究① 宮保明蝦(大海老の甘辛北京ソース)”. 芝パークホテル. 2022年4月23日閲覧。
  2. ^ 周達生 『中国の食文化』創元社、1989年、21頁。ISBN 9784422210100 
  3. ^ 宮保(ゴンバオ)|ピリ辛甘酢炒め”. 80C(株式会社中華・高橋) (2013年1月24日). 2022年4月23日閲覧。
  4. ^ “宇宙食も中華料理 「神舟5号」”. 人民日報(日本語版). (2003年10月16日). http://j.people.com.cn/2003/10/16/jp20031016_33212.html 2022年4月22日閲覧。 

関連項目編集