腰果鶏丁中国語: 腰果雞丁/腰果鸡丁、ようかけいちょう、ヤオグオジーディン、拼音: Yāoguǒ jī dīng)は、鶏肉(通常炒めることが多いが、揚げることもある)とカシューナッツに、鶏がらスープ醤油オイスターソースから作る茶色のガーリックソースを加えて炒めた料理であり、アメリカ合衆国発祥の中華料理である。「腰果」は中国語でカシューナッツを意味する。

腰果鶏丁
Cashewchickenphoto.jpg
腰果鶏丁
フルコース 主菜
発祥地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
提供時温度 温かい
主な材料 鶏肉カシューナッツ鶏ガラスープ醤油オイスターソース野菜
派生料理 炒める揚げる
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

アメリカ合衆国ではカシューチキン(Cashew Chicken)の名称が一般的。日本では「鶏肉のカシューナッツ炒め」のように表記されることが多い。

伝統的な調理法編集

腰果鶏丁の伝統的な調理法は中華鍋で炒めるというものである。一口大に切った鶏肉にパリパリに炒ったカシューナッツ、野菜を加えて炒め、ニンニク、醤油、海鮮醤(ホイシンソース)から作る茶色のソースを絡めて作る[1]

スプリングフィールドスタイルの調理法編集

 
スプリングフィールドスタイルの腰果鶏丁

スプリングフィールドスタイルの調理法では鶏肉を揚げて作る。この調理法はミズーリ州スプリングフィールドで生み出された[2]。揚げて作る腰果鶏丁は1963年にスプリングフィールドのGrove Supper Clubという店で初めて提供されたようである。この料理を提供したシェフのデヴィッド・リョン(David Leong)は1940年中国からアメリカ合衆国へと渡った移民であったが、郷里の料理がなかなか地元民に受け入れられなかったため、地元民のに合う料理を作ろうと試行錯誤した。揚げた腰果鶏丁はとても人気が出たため、リョンはスプリングフィールドに自分の店Leong's Tea Houseを開店した[3][4][5]。腰果鶏丁はスプリングフィールドで極めて人気があり、スプリングフィールドの非公式な「名物料理」と言われることが多い。スプリングフィールドはこの料理を中心に据えた「Springfield Sertoma's Cashew Craze」という催しを毎年開催するほどである[6][7]

地元民がフライドチキンを好んでいることを知ったリョンは既存の料理の改良に着手した。通常の調理法で用いていた鶏肉を炒める工程の代わりに、鶏肉を揚げる事にした。そして、鶏ガラスープ、醤油、オイスターソースから作るソースをまぶし、これに大量のカシューナッツを加えた。アクセントとしてワケギを刻んで散らしたこの料理は地元民の間で瞬く間に人気となった。この料理に関する噂が広まるにつれ、そのレシピも広まっていった。Leong's Tea Houseは1997年に閉店したが、スプリングフィールドスタイルの揚げた腰果鶏丁は中華料理店、非中華料理店を含め70以上の店で提供されており、スプリングフィールド周辺地域だけでなくアメリカ合衆国の他地域でも販売されている[2][3][8]。スプリングフィールドスタイルの腰果鶏丁はThe Food Channel[9][10]やアメリカ合衆国全土で放送されているラジオ番組でも紹介され[11]アメリカ合衆国下院でも言及されたことがある[12]

2010年、デヴィッド・リョンの息子はデヴィッドの支援を得て、スプリングフィールドに新たに揚げた腰果鶏丁を提供する中華料理店を開店した[13][14]

類似の料理編集

 
類似のタイ料理、ガイパットメットマムアン

タイ料理には、炒めた腰果鶏丁に似た料理が存在する。こちらはkai pad med mamuang himmapanもしくはgai pad med ma muangと呼ばれる[15]

ハイチ料理には、カシューナッツを使用したチキンシチューが存在し、こちらはpoul ak nwaと呼ばれている[16][17]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Segal, Jennifer (2010年3月). “Cashew Chicken”. Once Upon A Chef. 2015年9月5日閲覧。
  2. ^ a b Edge, John T. (2009年3月11日). “Missouri Chinese: Two Cultures Claim This Chicken”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2009/03/11/dining/11cashew.html 
  3. ^ a b Bridges, Amos (2006年2月23日). “Cashew chicken satisfies Ozarkers' palates”. Springfield News-Leader. http://www.news-leader.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20060226/NEWS01/602260333 2007年2月5日閲覧。 
  4. ^ Brown, Brian (2012年12月20日). “12 People You Need to Know in 2013: David Leong: Godfather of Cashew Chicken”. Springfield Business Journal. http://sbj.net/main.asp?SectionID=48&SubSectionID=108&ArticleID=93079 
  5. ^ Pickle, Geoff (2013年8月20日). “Creator of Springfield's cashew chicken reflects on 50 years”. Springfield Business Journal. http://sbj.net/main.asp?SectionID=18&SubSectionID=23&ArticleID=94411 
  6. ^ Simmons, Briana (2013年4月9日). “Best cashew chicken declared winner”. The Standard, Missouri State University. http://www.the-standard.org/life/campus_life/best-cashew-chicken-declared-winner/article_16e668b4-a0b6-11e2-978d-0019bb30f31a.html 
  7. ^ “Springfield Restaurants Going Head-to-Head for "Cashew Craze"”. KOLR. (2013年4月3日). http://www.ozarksfirst.com/story/springfield-restaurants-going-head-to-head-for-cashew-craze/d/story/lO583bmdyUKMqD5JCJ7XbA 
  8. ^ Nachtlgal, Jerry (1990年4月29日). “Springfield Restaurants Make Lots Of Cashewed Chicken”. p. 2A. 2015年9月5日閲覧。
  9. ^ Logsdon, Kay (2011年2月16日). “Springfield Style Cashew Chicken: Try the recipe or visit this Ozarks city and take a restaurant tasting tour”. Food Channel. http://www.foodchannel.com/articles/article/springfield-style-cashew-chicken/ 2015年9月5日閲覧。 
  10. ^ “Springfield Cashew Chicken: From The Kitchens of The Food Channel”. Springfield Business Journal. (2011年3月2日). http://sbj.net/main.asp?SectionID=48&SubSectionID=108&ArticleID=89044 2015年9月5日閲覧。 
  11. ^ Rippe, Cindy (2014年2月28日). “Cashew Chicken Springfield Missouri Style!!”. WIXX. 2015年9月5日閲覧。
  12. ^ Long, Billy (2013年3月15日). “Recognizing David Leong”. pp. E315-E316. 2015年9月5日閲覧。
  13. ^ Grant, Steve (2010年12月7日). “New Leong's restaurant recalls origin of famous Springfield cashew chicken”. KYTV. 2015年9月5日閲覧。
  14. ^ Pollock, Katie (2011年3月). “Leong's Asian Diner: The family that invented Springfield-style cashew chicken is preparing it again at Leong’s Asian Diner”. 417 Magazine. http://www.417mag.com/417-Magazine/March-2011/Review-Leong-039s-Asian-Diner/ 
  15. ^ Chaiya, Siwawut. “Top 10 Thai Dishes You Just Have to Eat”. The Gourmet Connection Magazine. http://tgcmagazine.com/articles/329.shtml 
  16. ^ Yurnet-Thomas, Mirta (2003). A Taste of Haiti. Hippocrene Books. ISBN 9780781809986. http://books.google.com/books?id=giQaoQz8N0AC&pg=PA125&lpg=PA125&dq=cashew+chicken+Poul+ak+nwa+haitian&source=bl&ots=WVSxUqO4z1&sig=Y4B9oFl-sDHdxSdZTscds_gLwGA&hl=en&sa=X&ei=alLdU6WLH4qZyAS8uoLgCg&ved=0CDUQ6AEwAw#v=onepage&q=cashew%20chicken%20Poul%20ak%20nwa%20haitian&f=false 
  17. ^ “North Signature Dish - Poul Ak Nwa - Chicken With Cashews; What you will need to make Poul ak Nwa - Chicken with Cashews”. (2013年6月24日). http://www.haitiobserver.com/blog/tag/food/north-signature-dish-poul-ak-nwa-chicken-with-cashews.html 

外部リンク編集