メインメニューを開く

宮地 尚子(みやじ なおこ、1961年 - )は、日本精神科医人類学者社会学者。専門は文化精神医学医療人類学ジェンダー論。一橋大学大学院社会学研究科教授。日本医療情報センター懸賞論文最優秀賞、日本青年会議所TOYP大賞受賞。

人物・経歴編集

兵庫県生まれ[1]1986年京都府立医科大学医学部卒業。国立大阪病院臨床研修医ペンシルバニア大学付属病院精神科研修ハーバード大学医学大学院社会医学教室客員研究員ハーバード大学ハーバード・ロー・スクール人権プログラム客員研究員等を経て、1993年、京都府立医科大学大学院医学研究科社会医学専攻博士課程修了、博士(医学)。同年アジア医師連絡協議会ジブチソマリア難民キャンプ医療援助プロジェクト派遣医師を経て、近畿大学医学部衛生学教室助手に就任。1994年日本青年会議所TOYP(The outstanding young persons)大賞受賞。1995年JAMIC 懸賞論文論文部門最優秀賞。1997年、近畿大学医学部衛生学教室講師2001年助教授。同年、一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻助教授。2006年同教授(地球社会研究専攻平和社会論(文化精神医学))。専門は文化精神医学医療人類学ジェンダーセクシュアリティ[2][3][4]

著書編集

編著編集

  • 『トラウマとジェンダー 臨床からの声』編著 金剛出版 2004
  • 『医療現場におけるDV被害者への対応ハンドブック 医師および医療関係者のために』編著 明石書店 2008
  • 『性的支配と歴史 植民地主義から民族浄化まで』編著 大月書店 2008

翻訳編集

  • バリー・M.コーエン,エスター・ギラー,リン・W 編著『多重人格者の心の内側の世界 154人の当事者の手記』安克昌ほか訳 監訳 作品社 2003
  • リチャード・B.ガートナー編『少年への性的虐待 男性被害者の心的外傷と精神分析治療』井筒節、岩崎直子、堤敦朗、村瀬健介共訳 作品社 2005
  • キャロライン・M.バイヤリー『子どもが性被害をうけたとき お母さんと、支援者のための本』監訳 菊池美名子、湯川やよい訳 明石書店 2010

脚注編集

  1. ^ 「著者略歴」『トラウマ』
  2. ^ 「宮地 尚子 (みやじ・なおこ)」一橋大学大学院社会学研究科
  3. ^ 「宮地 尚子」researchmap
  4. ^ 「宮地 尚子(ミヤジ ナオコ)」一橋大学

参考編集

外部リンク編集