メインメニューを開く

宮崎サンシャインエフエムは、宮崎県宮崎市に所在するコミュニティ放送局である。

株式会社宮崎サンシャインエフエム
愛称 サンシャインFM
コールサイン JOZZ0AJ-FM
周波数/送信出力 76.1 MHz/20 W
本社・所在地
〒880-8576
宮崎県宮崎市橘通東3丁目6-34 クロノビル3F
設立日 1999年1月13日
開局日 1999年2月14日
演奏所 所在地と同じ
送信所 宮崎市山崎町字浜山
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
放送区域 宮崎市及び近郊市町村
ネット配信 FM++
公式サイト http://www.sunfm.co.jp/
株式会社宮崎サンシャインエフエム
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
880-8576
宮崎県宮崎市橘通東三丁目6番34号
代表者 代表取締役 松野 晴義
資本金 700万円
純利益 ▲438万2392円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 3928万3658円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月末日
テンプレートを表示

概要編集

1999年2月14日開局。出力20W(開局当初は10W)。送信所はフェニックスリゾートシーガイア」の敷地内にあるシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの屋上(旧:ホテルオーシャン45)。

事業母体は当初、セントラルグループ事業協同組合や株式会社九南などの純民間企業からの出資で構成されていた。その後、スーパーマーケットまつのの社長松野晴義氏の個人名義で全株保有。松野は社の代表取締役にも就任している。宮崎県や宮崎市などは一切出資しておらず、第三セクターではない。

2008年12月からはSimulRadioを介して自社番組をインターネット上で聴取できるようになった。

毎日深夜0~5時を除き放送していたが現在は24時間放送。自社番組以外の時間帯はミュージックバードの番組を放送している。

2019年6月3日をもって、いちご傘下となっている宮交シティが全株を取得して買収[2]し、同社代表取締役会長兼社長の石原実氏が社長に就任した。

開局の経緯編集

宮崎市内のコミュニティ放送局設置の話は1993年頃から起きていたが、宮崎県と宮崎市の一本化調整で折り合いがつかず、1998年夏頃「宮崎サンシャインエフエム」と「宮崎シティエフエム」がほぼ時期を同じくして郵政省九州電波通信監理局(現:総務省九州総合通信局)に申請。人口わずか30万人の商圏にコミュニティFM放送局を2局置いて運営できるのか懸念されたが、1998年12月21日に「宮崎サンシャインエフエム」に予備免許が交付。その4日後に「宮崎シティエフエム」に予備免許が交付され、2局並列状態となった。そして1999年2月8日に本免許が交付され、6日後の2月14日に開局となった。なお、宮崎シティエフエムは2005年10月31日をもって閉局した。[3]

特徴編集

 
若草通り
サンシャインエフエムの社屋が入居する「クロノビル」は画像中央。

放送スタジオ(演奏所)は、宮崎市のアーケード街「若草通」の一角である「クロノビル」に設けられており、一般リスナーの立ち入りが朝8時から夕方20時ごろまで可能で番組見学ができる。

2006年3月24日には宮崎市、宮崎ケーブルテレビと防災協定を締結。宮崎市または県内において非常事態が発生、および発生する恐れがある場合、宮崎市が宮崎サンシャインエフエムの管理する放送設備を使用し、他の放送に優先して緊急災害情報の放送を行うことを取り決めた。実際の運用として、宮崎市が防災ラジオを導入して高齢者世帯等に配布し、割り込み放送・防災ラジオの強制起動を用いて放送する。Jアラート、および「防災 宮崎市役所」からの放送を、宮崎市内で運用している防災行政無線と同一内容で放送する。

これ以前にも宮崎サンシャインエフエムは、過去に台風等の災害が起きた時は、繰り返し被害等の情報を放送し、防災放送の役割を果たしていた(対照的に同じ宮崎市に存在した宮崎シティエフエムは、ほとんど災害情報を流していなかった)。

自社番組編集

開局当時、番組編成は全放送時間の約30%を自社制作番組で編成されており、それ以外の番組供給をミュージックバードに依存していた。自社制作番組はウィークデーの朝・昼・夜にそれぞれ生放送番組を放送。中には宮崎弁をタイトルにした「てげ・のんびりーの」(“てげ”は“すごい”の意味)という番組や、「歌謡曲散歩道」といった中高年には好評の番組もあった。

2007年4月にタイムテーブル(番組表)を一新し、自社制作番組を大幅改編。土曜日の「宮崎ハートフルトーク」と日曜日の「週刊市役所マガジン」「健康・福祉アラカルト」「ミッキーのフォークビレッジ」を残して、残りはほとんど新番組に移行した。開局以来ずっと続いてきた「フレッシュフルーツ761」と「てげ・のんびりーの」を終了させ、新たに約2時間の生番組「若草ほっとステーション」と約3時間の生番組「Sunshine Dream」を開始。これにて平日に開局時より続いた番組は全て終了した。

同年10月にはさらに自社制作番組を大幅に改編し、平日の帯番組として「モーニング・サンシャイン」(午前)と「~若草サンセットレディオ~ YOU@NAVI」(夕方)(現在は終了)を開始した。これに対し開局以来の番組であった土曜日の「宮崎ハートフルトーク」、日曜日の「健康・福祉アラカルト」が終了した。また、日曜日放送されていた「週刊市役所マガジン」は番組改編に伴い、2013年3月をもって終了した。

2015年から山本圭壱の冠番組「極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ。」がスタート。2016年にはフジテレビめちゃ×2イケてるッ!で収録の様子が放送された。

2017年から地元のサッカーチームテゲバジャーロ宮崎の番組「テゲバRADIO〜Jへの挑戦〜」がスタート。

主な番組編集

自社制作番組は、月曜日~木曜日は朝・夕のワイド番組と少々のみだが、金曜日・土曜日に集中して放送されている。

  • Morning Sunshine(月曜 - 木曜 8:00 - 10:00)
  • 若草sunsetsession(月曜 - 木曜 16:00 - 18:00)
  • 超時空ラジオ☆サンシャイン劇場(金曜 18:00 - 19:00)
  • はぁーとまーく(月曜 20:00 - 20:30)
  • 極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ。(金曜 22:00 - 24:00)
  • 永吉愛とmusic♪(水曜 21:00 - 21:30)
  • モーニングテラス(金曜 8:00 - 11:00)
  • お昼ごはん Friday(金曜 12:00 - 13:00)
  • Pekoのカフェラジ(金曜 13:30 - 15:55)
  • 夕焼けワイド 若草通りはパラダイス(金曜 16:00 - 18:00)
  • 嫁恐竜の花金ラジオ(金曜 19:00 - 19:55)(吉本所属の宮崎住みます芸人
  • SOUTH CITY NOISE!!(金曜 20:00 - 21:00)
  • 二日酔いの朝は…。 (土曜 9:30 - 9:55、10:00 - 11:00)
  • MUSIC ENTERTAINMENT MIYAZAKI(土曜 13:00 - 16:00)
  • テゲバRADIO~Jへの挑戦~(木曜 20:00~21:00)
  • フェニックスの木陰(日曜 11:00 - 11:30)
  • 横山美和のラジオで学ぼう防災知識(日曜 12:00 - 12:30)
  • ミッキーのフォークビレッジ(日曜 19:00 - 20:00) 開局当初から続く唯一の番組
  • ぶーげんびりあの夢に会いに行こう(日曜11:30~12:00)
  • ペアラジ(金曜 11:30 - 11:45) 宮崎放送と共同制作。宮崎放送では土曜日の11:30 - 11:45に放送。

脚注編集

  1. ^ a b 株式会社宮崎サンシャインエフエム 第6期決算公告
  2. ^ 株主変更のお知らせ 宮崎サンシャインエフエム 2019年5月30日
  3. ^  同一地域に2局のコミュニティFM局が開局したのは北海道帯広市(人口16万人、十勝全体で35万人)で1994年に開局したのが最初で、この2局はどちらも現存している。その後もいくつかの例がある。

関連項目編集

外部リンク編集