メインメニューを開く

宮本 正樹(みやもと まさき、1973年4月7日 - )は、映画監督脚本家神奈川県出身。

みやもと まさき
宮本 正樹
生年月日 (1973-04-07) 1973年4月7日(46歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 O型
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
事務所 フリー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
共に歩く
第九条

目次

来歴編集

神奈川県生まれ。私立桐光学園高校卒業後、日本大学芸術学部映画学科に入学、監督コースにて映画製作を学ぶ。卒業後は、日本大学大学院へ進み、芸術学研究科で博士号を習得。日本大学芸術学部映画学科の講師としても活動している[1]。大学院修士課程での制作作品を発表する上映会にてアキルフィルム主宰の安河内央之と出会い、その後もフリーランスでて活動する傍ら、アキルフィルムに参加。中・短編映画を多く手掛けており、各映画祭に出品。2003年制作の『うそつき由美ちゃん』では、黒澤明記念ショートフィルム・コンペティションにて奨励賞、小津安二郎記念蓼科高原映画祭では短編コンクール入賞、富士フイルム主催フィルムラバーズフェスタにて奨励賞を受賞。2014年公開の『共に歩く』にて、長編映画デビューを飾る。2016年7月2日、神奈川県横浜ブリリア・ショートショートシアター」・群馬県伊勢崎市「プレビ劇場ISESAKI」にて、日本国憲法第九条に真正面から挑んだ力作『第九条』が公開された。

主な監督作品編集

映画編集

長編映画編集

短・中編映画編集

  • 『逃げ切れるか』(1997年)
  • 『ダイヤモンド』(1998年)
  • 『Family』(2001年)
  • 『二十年後の約束』(2003年)
  • 『うそつき由美ちゃん』(2003年)
  • 『オーディション・ザ・ムービー』(2007年)
  • 『夢』(2009年)
  • 『折り鶴』(2012年)

CM編集

  • ACジャパン公共広告 『いじめバイバイ・みんなの勇気』篇(1998年)[10]

著書編集

受賞歴編集

  • 2003年
    • 『20年後の約束』
      • 第3回シーズ・ネクスト - Survive16選出
  • 2006年
    • 『うそつき由美ちゃん』
      • 黒澤明記念ショートフィルム・コンペティション2006 - 奨励賞
      • 第五回小津安二郎記念蓼科高原映画祭短編コンクール - 入賞[13]
      • 富士フイルム主催フィルムラバーズフェスタ - 奨励賞
  • 2007年
    • 『オーディション・ザ・ムービー』

脚注編集

  1. ^ 教職員 日本大学芸術学部映画学科 特設サイト”. 日本大学芸術学部映画学科 特設サイト. 2016年4月9日閲覧。
  2. ^ 共に歩く 【クレジット】”. allcinema. 2016年4月8日閲覧。
  3. ^ 共に歩く スタッフ”. 映画.com. 2016年4月8日閲覧。
  4. ^ 共に歩く スタッフ”. MovieWalker. 2016年4月8日閲覧。
  5. ^ 共に歩く スタッフ”. KINENOTE. 2016年4月8日閲覧。
  6. ^ 映画「第九条」オフィシャルサイト スタッフ”. 映画「第九条」オフィシャルサイト. 2016年4月8日閲覧。
  7. ^ 第九条 【クレジット】”. allcinema. 2016年6月26日閲覧。
  8. ^ 第九条 スタッフ”. 映画.com. 2016年6月26日閲覧。
  9. ^ 第九条 スタッフ”. KINENOTE. 2016年6月26日閲覧。
  10. ^ [AC CM]公共広告機構 いじめバイバイ”. ACFreaks. 2016年4月8日閲覧。
  11. ^ バミューダ・トライアングル - エンターブレイン 著者名”. エンターブレイン. 2016年4月8日閲覧。
  12. ^ 半次郎 株式会社 幻冬舎 著者情報”. 株式会社 幻冬舎. 2016年4月8日閲覧。
  13. ^ 短編映画コンクール・過去の受賞作品 第5回短編映画コンクール(2006)”. 小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 - 短編映画コンクール - 茅野市観光協会. 2016年4月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集