メインメニューを開く

宮本 武文(みやもと たけふみ、1990年8月11日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手投手)で読売ジャイアンツに在籍した。現在は和歌山市で飲食店を経営している。

宮本 武文
Giants miyamoto 012.jpg
読売ジャイアンツ育成選手時代(2012年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1990-08-11) 1990年8月11日(29歳)
身長
体重
183 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴編集

小学2年の時に大新白鳩少年野球クラブで右翼手として野球を始め、小学5年の時に投手に転向。城東中時代は和歌山シニアに所属。エースとして二度の全国大会出場を果たし、世界大会の代表にも選出される。

倉敷高に進学後は、1年春から公式戦に出場し、1学年先輩の津田大樹が引退した後を受け、2年秋からエースとして活躍。3年春はベスト4、3年夏も岡山県予選準決勝まで進むも、優勝した倉敷商業高に敗れ甲子園出場は果たせなかった。

2008年10月30日に開かれた、プロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから2位指名を受け、同年11月18日に契約金6000万、年俸600万(金額は推定)で仮契約を結んだ。

2009年は二軍で7試合に登板し防御率7.50を記録[1]2010年シーズンは二軍の試合にも1試合も登板できず、11月4日に自由契約となり、同月10日に育成選手として再契約された。

2011年6月7日の対横浜ベイスターズの二軍公式戦(読売ジャイアンツ球場)で先発登板し、5回を無失点で抑え初勝利をあげる[2]。この年は二軍で9試合に登板し1勝1敗、防御率5.06を記録したが[3]、再度の支配下登録は果たせず、2012年はまたも1試合も登板できないシーズンとなり、10月2日、球団から来季の契約を結ばないことが発表された[4]。結局、一度も一軍の試合に登板できないまま現役を引退した。

2019年8月31日、同期入団の笠原将生YouTubeチャンネルにゲスト出演し、久し振りに公の場に姿を見せた。出演した動画内では、巨人との仮契約時に6000万円と報じられていた契約金が実際には7500万円だったことを暴露している[5]

また、9月14日に公開された前述の笠原将生のYouTubeチャンネルで引退後は地元の和歌山県の一般企業で勤務していたが後に退職し、現在は和歌山市内で「NEXT GROUP」という飲食店を4店舗展開している事を明かした。

選手としての特徴・人物編集

最速146km/hのストレートに、スクリュースライダーカーブ等多彩な変化球を投げ分ける大型左腕。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 65 (2009年 - 2010年)
  • 012 (2011年 - 2012年)

脚注編集

関連項目編集