メインメニューを開く

家族の日』(かぞくのひ)は、2016年に制作された日本映画である。いじめに関する問題を抱え、田舎へ移住する家族を中心に、いじめ、田舎暮らしの理想と現実などがテーマとして描かれている[1]

家族の日
家族の日舞台挨拶.jpg
新宿 K's cinemaにて舞台挨拶:左から監督の大森青児氏と俳優(伊原剛志田中美里岸部一徳)(2016/10/20)
監督 大森青児
脚本 冨川元文
出演者 伊原剛志
田中美里
平田満
川中美幸
大竹まこと
川上麻衣子
岸部一徳
音楽 渡辺俊幸
撮影 皿井良雄
山下昭
編集 狩森ますみ
製作会社 花三
配給 花三
公開 日本の旗 2016年6月10日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャッチ・コピーは「絆を失いかけた家族のひと夏の物語」。

監督を務めた大森青児は、演出家としてNHK大河ドラマ武田信玄』などの演出を手掛けた人物であり、大森にとっては本作が初めての監督作品である。また、作品の舞台である岡山県高梁市は、大森の出身地でもある[2]

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:大森青児
  • 脚本:冨川元文
  • 音楽:渡辺俊幸
  • 総合プロデューサー:安梨香
  • プロデューサー:森平人
  • 美術:藤井俊樹
  • 題字:竹内志朗
  • 小道具装飾:荒川あけみ、西田知史
  • CG製作VE:鈴木英雄
  • 撮影:皿井良雄、山下昭
  • 録音:佐藤善次郎
  • 照明:宮本文太
  • 音響デザイン:吉田秋男
  • ヘアーメイク:多久島美砂、早藤みち子
  • 技術統括:森田直樹
  • 映像技術:辻克喜
  • 製作プロダクション:花三

脚注編集

外部リンク編集