メインメニューを開く

家田 仁(いえだ ひとし、1955年11月[1] - )は、日本社会基盤工学者東京大学大学院工学系研究科社会基盤学科教授

家田 仁
Hitoshi IEDA
人物情報
生誕 1955年11月 (64歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 東京大学
学問
研究分野 社会基盤工学
研究機関 東京大学
学位 工学博士
学会 土木学会
日本都市計画学会
公式サイト
家田仁 個人のホームページ
脚注
東京大学社会基盤学専攻長・学科長
(2002-2004年)
テンプレートを表示

略歴編集

研究分野は交通都市国土に関わる諸計画と諸政策[3]。昨今は東アジア圏の経済発展と国際交通政策や鉄道駅を中心にした都市の拠点開発、実践型の高度道路交通システム戦略なども研究課題としている。所属学会土木学会日本都市計画学会日本交通学会世界交通学会英語版アジア交通学会

著書編集

  • 家田仁、岡並木、国際交通安全学会・都市と交通研究グループ『都市再生―交通学からの解答』学芸出版社、2002年。ISBN 978-4761522889
  • 中村英夫、家田仁、東京大学社会基盤学教室『東京のインフラストラクチャー―巨大都市を支える』技報堂出版、2004年、2。ISBN 978-4765516464

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 主な経歴”. 2014年11月29日閲覧。
  2. ^ 論文の題は『鉄道旅客輸送における着席効用の研究』 - 博士論文書誌データベース
  3. ^ a b c 教員紹介 略歴”. 東京大学 (2012年1月17日). 2014年11月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集