宿命の女」(原題: Femme Fatale)はヴェルヴェット・アンダーグラウンドニコが1966年に発表した楽曲。

宿命の女
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドニコシングル
初出アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ
A面 日曜の朝
B面 宿命の女
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク、セプター・スタジオ(1966年4月)[2]
ジャンル ロック
時間
レーベル ヴァーヴ・レコード
作詞・作曲 ルー・リード
プロデュース アンディ・ウォーホル
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドニコ シングル 年表
オール・トゥモロウズ・パーティーズ
(1966年)
日曜の朝
b/w
宿命の女
(1966年)
ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
(1967年)
ミュージックビデオ
「Femme Fatale」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

作詞作曲はルー・リード。彼は本作品が生まれた経緯を次のように述べている[3]

アンディからイーディ・セジウィックについての歌を書くべきだと言われ、「例えばどんな?」と聞き返したら、「そうだな。彼女はファム・ファタールだと思わないか?」と言うんだ。だからこの歌を書いた。ついでに俺たちはそれをニコにあげてしまった。

1966年4月、アンディ・ウォーホルのプロデュースの下、ニューヨークのセプター・スタジオでレコーディングは行われた。同年12月、シングル「日曜の朝」のB面に収録[1]。なお「日曜の朝」のプロデューサーはトム・ウィルソンが務めた[4]

1967年3月12日発売のファースト・アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』に収録された。

ルー・リードジョン・ケイルニコの3人は1972年1月29日、パリのバタクラン劇場でコンサートを行い、本作品を演奏した。このコンサートは2004年10月19日に『Le Bataclan '72』として正式にCD化された。

演奏者編集

カバー・バージョン編集

脚注編集

  1. ^ a b 45cat - The Velvet Underground And Nico - Sunday Morning / Femme Fatale - Verve - USA - VK-10466
  2. ^ Scepter Records - CDs and Vinyl at Discogs
  3. ^ Bockris, Victor (1994). Transformer: The Lou Reed Story. New York: Simon & Schuster. p. 107. ISBN 0-684-80366-6 
  4. ^ The Velvet Underground & Nico (3) - Sunday Morning / Femme Fatale (Vinyl) at Discogs