メインメニューを開く

ジョン・ケイルJohn Cale1942年3月9日 - )は、イギリスウェールズ出身のミュージシャン。アメリカヴェルヴェット・アンダーグラウンドのオリジナル・メンバーとして活動した後、自己名義の作品を多数発表し、音楽プロデューサーとしても活動。

ジョン・ケイル
John Cale
John Cale (2006).jpg
ジョン・ケイル(2006年、ベルギー公演にて)
基本情報
出生名 John Davies Cale
生誕 1942年3月9日
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ カーマーゼンシャー ガーナント
ジャンル ロック現代音楽実験音楽ノイズミュージック
職業 作曲家演奏家シンガーソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルヴィオラピアノオルガンキーボードエレクトリックベース
活動期間 1965年 -
レーベル コロムビア・レコード
リプリーズ・レコード
アイランド・レコード
A&Mレコード
ベガーズ・バンケット・レコード
ライコディスク
Crepuscule
テーブル・オブ・エレメンツ
EMI
共同作業者 ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
ブライアン・イーノ
ザ・ストゥージズ
パティ・スミス
ハッピー・マンデーズ
公式サイト john-cale.com

来歴編集

幼い頃からヴィオラピアノを学び、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで音楽を学んだ後、1963年アメリカ合衆国に渡って勉強を続け、ジョン・ケージ等と共演。

その後、シアター・オブ・エターナル・ミュージック(別名、ドリーム・シンジケート)という音楽家集団に所属し、ミニマル・ミュージック作品を作曲。この頃の作品は、2001年にテーブル・オブ・エレメンツというレーベルからCD化された。そして、1965年ルー・リードと出会い、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを結成。『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』(1967年)、『ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート』(1968年)の2作に参加した後、ルーとの関係が悪化。ケイルはルーによってヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退させられる。スターリング・モリソンによれば、ルーは「もしケイルが辞めないなら自分が辞める」とまで発言したという[1]

1970年にソロ活動を開始。音楽性は、ボーカル入りのロック・アルバムや、インストゥルメンタルによる実験音楽等、多岐に渡る。また、テリー・ライリーブライアン・イーノ等と共演した他、音楽プロデューサーとしてザ・ストゥージズパティ・スミスなど様々なアーティストの作品を手がけてもいる。

1990年、旧友ルー・リードとの共作アルバム『ソングス・フォー・ドレラ』発表。1993年には再結成ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのヨーロッパ・ツアーに参加した[1]

I SHOT ANDY WARHOL』(1996年公開)、『バスキア』(1996年公開)、『アメリカン・サイコ』(2000年公開)等の映画音楽も担当した。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ヴィンテージ・ヴァイオレンス』 - Vintage Violence (1970年)
  • The Academy in Peril (1972年)
  • 『パリ1919』 - Paris 1919 (1973年)
  • 『恐れ』 - Fear (1974年)
  • 『スロウ・ダズル』 - Slow Dazzle (1975年)
  • 『ヘレン・オブ・トロイ』 - Helen of Troy (1975年)
  • Honi Soit (1981年)
  • Music for a New Society (1982年)
  • Caribbean Sunset (1984年)
  • 『アーティフィシャル・インテリジェンス』 - Artificial Intelligence (1985年)
  • ワーズ・フォー・ザ・ダイング』 - Words for the Dying (1989年)
  • 『ウォーキング・オン・ローカスツ』 - Walking on Locusts (1996年)
  • 『ホウボウサピエンス』 - HoboSapiens (2003年)
  • blackAcetate (2005年)
  • Shifty Adventures in Nookie Wood (2012年)
  • MFANS|M:FANS (2016年)

ライブ・アルバム編集

  • 『悪魔の申し子たち - その歴史的集会より』 - June 1, 1974 (1974年) ※with ケヴィン・エアーズニコブライアン・イーノ
  • 『サボタージュ - ライヴ1979』 - Sabotage/Live (1979年)
  • John Cale Comes Alive (1984年)
  • 『イーヴン・カウガールズ・ゲット・ザ・ブルース』 - Even Cowgirls Get the Blues (1991年)
  • 『追憶の雨の日々〜プレシャス・ソングス』 - Fragments of a Rainy Season (1992年)
  • Circus Live (2007年)
  • 『ライヴ・アット・ロックパラスト』 - Live at Rockpalast (2010年) ※1983年と1984年の録音。DVDあり

EP編集

  • Animal Justice (1977年)
  • 5 Tracks (2003年)
  • Extra Playful (2011年)

コンピレーション・アルバム編集

  • Guts (1977年)
  • Seducing Down the Door: A Collection 1970–1990 (1994年)
  • 『アイランド・イヤーズ』 - The Island Years (1996年)
  • Close Watch: An Introduction to John Cale (1999年)
  • New York In The 1960s (2004年)
  • Gold (2007年) ※『The Island Years』の再発
  • 『コンフリクト&カタルシス - ジョン・ケイル作品集1966-2006』 - Conflict & Catalysis (2012年)

サウンドトラック・アルバム編集

  • 『パリ・セベイユ』 - Paris s'eveille - suivi d'autres compositions (1991年)
  • 23 Solo Pieces for La Naissance de L'Amour (1993年)
  • Antártida (1995年)
  • N'Oublie Pas Que Tu Vas Mourir (1995年)
  • Eat/Kiss: Music for the Films by Andy Warhol (1997年)
  • Somewhere in the City (1998年)
  • 『舞踏曲「ニコ」』 - Nico: Dance Music (1998年)
  • Le Vent De La Nuit (1999年)
  • The Unknown (1999年)
  • Saint Cyr (2000年)
  • Process (2005年)

コラボレーション・アルバム編集

プロデュース・アルバム編集

参加アルバム編集

ドリーム・シンジケート編集

  • 『Vol.1』 - Inside the Dream Syndicate, Volume I: Day of Niagara (2000年、Table of the Elements)
  • Inside the Dream Syndicate Vol.II: Dream Interpretation (2002年、Table of the Elements)
  • Inside the Dream Syndicate Vol.III: Stainless Gamelan (2002年、Table of the Elements)

フィルモグラフィ編集

※サウンドトラックまたはスコアを担当した作品

  • Straight and Narrow (1970年) ※短編
  • Women in Revolt (1971年)
  • ヒート』 - Heat (1972年)
  • 『女刑務所・白昼の暴動』 - Caged Heat (1974年)
  • 『クリストファー・ウォーケンの アクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』 - American Playhouse - Who Am I This Time? (1982年) ※テレビ・シリーズの1編
  • 『サムシング・ワイルド』 - Something Wild (1986年)
  • The Houseguest (1989年) ※短編
  • Dick: A Film by Jo Menell (1989年) ※ドキュメンタリー短編
  • Songs for Drella (1990年) ※ビデオ作品
  • Paris Awakens (1991年)
  • Healing Hurts (1991年)
  • Primary Motive (1992年)
  • The Birth of Love (1993年)
  • Life Underwater (1994年)
  • Ah Pook Is Here (1994年) ※短編
  • Don't Forget You're Going to Die/N'oublie pas que tu vas mourir (1995年)
  • Antarctica (1995年)
  • I SHOT ANDY WARHOL』 - I Shot Andy Warhol (1996年)
  • バスキア』 - Basquiat (1996年)
  • Rhinoceros Hunting in Budapest (1997年)
  • Somewhere in the City (1998年)
  • Night Wind (1999年)
  • Wisconsin Death Trip (1999年)
  • The Virgin (1999年)
  • アメリカン・サイコ』 - American Psycho (2000年)
  • Love Me (2000年)

脚注編集

  1. ^ a b Unterberger, Richie. “John Cale - Biography & History”. AllMusic. 2018年7月28日閲覧。

外部リンク編集