メインメニューを開く

富士チタン工業株式会社(ふじちたんこうぎょう)は、化合繊用酸化チタン及びチタン酸バリウムなど電子材料を中心とする無機酸化物材料メーカーである。

富士チタン工業株式会社
FUJI TITANIUM INDUSTRY CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
530-6591
大阪府大阪市西区江戸堀1-3-15
新石原ビル
設立 1936年3月12日
業種 化学
法人番号 9140001015371
事業内容 化学
代表者 代表取締役社長 加藤智洋
資本金 19億2600万円
売上高 106億5900万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 7億2400万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 7億4300万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 5億3000万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 71億0300万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 181億1800万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 344名(2018年3月31日現在)
主要株主 石原産業株式会社(100%)
主要子会社 富士工運株式会社
外部リンク www.fuji-titan.co.jp
テンプレートを表示

日本で最初に酸化チタン製造の工業化に成功して以来、国内外の化繊合繊メーカーや電子部品メーカーにファインセラミックス材料を供給している。

同社は酸化チタン工業化のため、石原産業と旭化成工業(現・旭化成)の合弁により設立。その後、株式上場するも経営不振や旭化成のグループ事業再編等もあって石原産業が完全子会社化、現在に至る。

脚注編集

外部リンク編集